コンテンツ管理(CMS)ライブラリ管理

外部ファイルをフォルダ構造を維持したまま、CMS内で管理・利用。CMSで生成するページのcssとして利用したり、PDFを資料してダウンロードするなど、素材として活用できます。
CMS管理下のコンテンツ以外の画像、ファイルをフォルダ構造を維持したままCM内で管理することができます。
CMS管理下のコンテンツ以外の画像、ファイルをフォルダ構造を維持したままCM内で管理することができます。
CMS管理下のコンテンツ以外の画像、ファイルをフォルダ構造を維持したままCM内で管理することができます。

コンテンツ管理機能を使って生成するページ以外の、css、javascript、静的HTML、jpegなどの画像ファイル、エクセルやPDF、zipファイルなど、ローカルPCで保持しているフォルダ構造を維持したまま、CMS内で管理することが出きます。

アップロードされたファイルはWeb経由で閲覧できるので、CMSで生成するページのcssとして利用したり、PDFを資料してダウンロードするなど、素材として活用できます。
ライブラリにある画像などはコンテンツで使用する画像としても使用されます。ライブラリはURLを維持したまま管理できるので、ネーミングルールや配置場所の指定など、運用にあった画像素材の管理が出来ます。

また、コンテンツで参照されたライブラリ素材は、管理画面では使用中としてマークされ、うっかり削除してしまうなどの誤操作を防ぐのに役立ちます。

※表示は一覧モードとプレビューモードを切り替えることができます。
数百、数千を超える素材ファイルでもzip形式のファイルにまとめて、1回のアップロードでフォルダ構造そのまま自動解凍することも出来ます。(zipのまま保管することも出来ます)

機能

導入事例

サイト内検索