コンテンツ管理(CMS)コンテンツキャッシュ機能

コンテンツをサーバーのメモリ内部にキャッシュし高いパフォーマンスを発揮

都度のデータベースアクセスが動的CMS選択時の考慮点

writeWired CMS Platform はユーザーからアクセスがあった時にCMSのコンテンツを集めてHTMLを生成する、動的CMSとして稼働します。ほとんどすべての動的CMSはコンテンツをデータベースに格納し、ページ表示の際はデータベースへのアクセスが発生します。

ユーザーごとに表示内容を変える事ができる、検索プログラムを実行できるなど、動的CMSには多くメリットがありますが、同時に都度コンテンツを収集する負荷がサーバーにかかりがちなのも事実で、動的CMS選択時の考慮事項と言えます。

コンテンツキャッシュによりサーバーの負荷軽減、パフォーマンスの大幅向上

動的CMSの考慮事項を最小限にするために、writeWired CMS Platform は、ユーザーからのアクセス時に一度コンテンツをデータベースから取得すると、コンテンツをメモリの中にキャッシュします。

キャッシュされたコンテンツは次回以降のユーザーからのアクセス時に利用されますが、データベースへのアクセスがほぼゼロになり、サーバーへの負担を下げ、表示速度のパフォーマンスを大幅に向上させます。

コンテンツ変更の即時キャッシュ反映、環境に適したキャッシュサイズ設定

キャッシュされたコンテンツ内容に変更があった場合は、即時に検出しキャッシュし直します。タイムラグは発生しません。

CMSサーバー内のメモリをキャッシュに割り当てますが、キャッシュするコンテンツの数、時間を指定できるようになっており、環境にあった設定が可能です。

コンテンツ管理(CMS)の主な機能

制約のない自由なテンプレート開発
コンテンツの一元管理による効率的なサイト運営を実現

制約のない自由なテンプレート開発

導入するサイトごとテンプレートを開発。デザイン、開発機能に制約がないため、あらゆる用途・種類・規模のサイトに対応

コンテンツの一元管理・再利用によるサイト運営の効率化

サイトを効率的に運用するにはコンテンツの一元管理と再利用は不可欠。コンテンツのデータベース化を標準サポート

専門知識が無くても、楽に効率よく、
更新をルール化できるコンテンツ登録画面を開発

ブロック積み上げで自由に

ドラッグアンドドロップでパーツを自由に並べ替えてコンテンツを編集

定型フォーム形式で効率的に

要素ごとにまとめられた定型フォームに画像、文字を入れてコンテンツを編集

ブロックと定型フォームの組合せ

自由さと省力化を組み合わせ、コンテンツ管理の効率を最大化

コンテンツをパーツ化

自由に編集出来るコンテンツをパーツ化して、他のコンテンツ内容に差し込む

ライブラリ管理

外部ファイルをフォルダ構造を維持したまま、CMS内で管理・利用

3種類のテンプレートを組み合わせて、
登録コンテンツの活用を最大化

テンプレート種別 - コンテンツ

制約無く、目的にあったコンテンツ・機能の開発が可能です

テンプレート種別 - 組込コンテンツ

共通で利用される要素をパーツ化し、登録作業の負荷を大幅に削減できます

テンプレート種別 - HTMLメール

CMSで編集したコンテンツをHTMLメールとして配信。サイト表示もできます

大規模サイトの
運用体制をサポートする機能を標準搭載

複数サイト・マルチデバイス対応

ドメイン単位でサイトを複数管理。サイト別のデザイン、マルチデバイス対応

多言語対応

コンテンツは多言語対応。言語ごとに別ドメイン、サイト内で複数言語も可能

多段階承認フロー

直列・並列を組み合わせた多段階承認経路。組織変更に強い承認フローを実現

サイトの種類・目的・用途に合わせた
コンテンツ配信形式をサポート。配信方法の組み合わせも可能

動的コンテンツ出力

標準コンテンツ配信方法。コンテンツ管理以外のすべての機能をフル活用可能

静的コンテンツ出力

静的HTML生成、Webサーバーに送信。複数発行先、スケジュール指定可能

ヘッドレスCMS(APIベースCMS)

CMS上のコンテンツを取得するJavaScript、PHPのAPIクライアント装備

大量コンテンツの更新、運用、利用を支える、
安心の大規模向けCMS機能

CSVインポート・エクスポート

定型フォーム形式のコンテンツをCSVで一括エクスポート・インポート

コンテンツキャッシュ機能

コンテンツをサーバーのメモリ内部にキャッシュし高いパフォーマンスを発揮
(*動的、ヘッドレスの場合に有効)
今ご覧になっているページです

全文検索サポート

CMS内コンテンツのHTML、PDF、Office Open XML に対応した全文検索対応
(*動的のみ有効、全文検索はオプション(別費用))

コンテンツ編集、承認、公開まで、
日々の業務を快適にする、使い勝手のよい管理機能

コンテンツ検索画面

目的のコンテンツを素早く探せる、シンプルで使いやすいコンテンツ検索機能

ディレクトリ一覧

数が増え階層も深くなったディレクトリを網羅的に俯瞰しながらすっきり管理

URL、公開スケジュール、SEO対策

任意のURL、掲載期間(時分可能)、ステータス、SEOメタタグの管理が可能

プレビュー機能

編集中のコンテンツ内容を反映した公開イメージを即時に確認

外部確認URL発行

管理画面へログインせずに掲載イメージを確認できるURLを発行

公開中コンテンツ編集

公開中コンテンツを一時作業用に退避して編集、保存 (*動的、ヘッドレスの場合に有効)

変更履歴機能

メモを付けて履歴を出力。出力した履歴の一覧からプレビュー、取戻し

コンテンツコピー機能

コンテンツをクリック一つでコピー

日時指定サイト表示

公開日時を指定してサイト全体を未来のイメージで表示

機能

導入事例

サイト内検索