コンテンツ管理(CMS)コンテンツキャッシュ機能

コンテンツをサーバーのメモリ内部にキャッシュし高いパフォーマンスを発揮

都度のデータベースアクセスが動的CMS選択時の考慮点

writeWired CMS Platform はユーザーからアクセスがあった時にCMSのコンテンツを集めてHTMLを生成する、動的CMSとして稼働します。ほとんどすべての動的CMSはコンテンツをデータベースに格納し、ページ表示の際はデータベースへのアクセスが発生します。

ユーザーごとに表示内容を変える事ができる、検索プログラムを実行できるなど、動的CMSには多くメリットがありますが、同時に都度コンテンツを収集する負荷がサーバーにかかりがちなのも事実で、動的CMS選択時の考慮事項と言えます。

コンテンツキャッシュによりサーバーの負荷軽減、パフォーマンスの大幅向上

動的CMSの考慮事項を最小限にするために、writeWired CMS Platform は、ユーザーからのアクセス時に一度コンテンツをデータベースから取得すると、コンテンツをメモリの中にキャッシュします。

キャッシュされたコンテンツは次回以降のユーザーからのアクセス時に利用されますが、データベースへのアクセスがほぼゼロになり、サーバーへの負担を下げ、表示速度のパフォーマンスを大幅に向上させます。

コンテンツ変更の即時キャッシュ反映、環境に適したキャッシュサイズ設定

キャッシュされたコンテンツ内容に変更があった場合は、即時に検出しキャッシュし直します。タイムラグは発生しません。

CMSサーバー内のメモリをキャッシュに割り当てますが、キャッシュするコンテンツの数、時間を指定できるようになっており、環境にあった設定が可能です。

機能

導入事例

サイト内検索