コンテンツ管理(CMS)静的コンテンツ出力

静的HTML生成、Webサーバーに送信。複数発行先、スケジュール指定できます

動的出力したコンテンツを静的コンテンツとしてWebサーバーに発行

静的コンテンツ出力とは、CMSサーバー上でHTMLや画像、cssなどの素材を出力して、Webサーバーに送信し、コンテンツの表示はWebサーバーが行います。

writeWired CMS Platform は動的にコンテンツを出力するのが基本機能ですが、出力した全コンテンツを静的HTMLとしてwriteWired 内に保管し、Webサーバーに送信することができます。

Webサーバーに送信することを「サイトの発行」と呼びます。

複数のWebサーバーの送信設定が可能。多様な運用形態をカバー

Webサーバーはsftpをサポートしていればサイトを発行することが出来ます。

送信先のWebサーバー、送信先ディレクトリは複数個定義することができるので、ステージング用のWebサーバーに発行後、動作確認の後、別の本番用Webサーバーに発行などの多様な運用形態をカバーします。

コンテンツの掲載期間と連動したスケジュール配信機能

発行は発行先、発行日時を予約できるスケジュール機能がついています。

一つ一つのコンテンツに指定できる掲載期間と連携しますので、指定した日時に公開されるべきコンテンツのみを発行することが出来ます。

機能

導入事例

サイト内検索