効率的なWebサイト管理にデジタルマーケティング機能を統合した、国産で唯一のCMS
  • TEL: 03-6418-9221
顧客・会員管理と会員サイト

あなたが顧客・会員と
良い関係を構築するために

顧客管理と
会員管理の違い

顧客・会員管理ともに人の情報を記録するという目的は同じです。顧客管理は利用用途が企業視点。収益の向上を目的として、企業から人へのアプローチに利用されます。管理されるデータは、顧客自身の情報と、担当営業、商談履歴、申込履歴などがあるでしょう。会員管理は利用用途が人視点。人との関係構築を目標して、人から企業、企業から人への双方向のアプローチで利用されます。
管理される情報は、会員自身の情報と、購買履歴、申込履歴、会員サイトがあればサイトのアクセスログなどがあるでしょう。顧客管理は短期間的な利用、会員管理は長期的利用と考えられてきましたが、顧客の購買行動が長期化するとともに、両方とも長期的に利用されるようになり、アプローチ方法も関係構築にシフトしてきています。

自社の目的に合う
ツールを使うのがベスト

顧客・会員ともにデータを保存するだけならエクセルで十分です。しかし、顧客・会員に頻繁に連絡を取りたい場合などは、コピペする手間などがあり不便・大変・手間がかかります。エクセルのデータ保管方法では、活用するシーンで考えている以上に非効率な作業が発生し、上手く活用できないとうことが、顧客・会員の管理はしても無駄という思考になってしまい、管理をあきらめてしまいます。
一言で顧客・会員情報といっても、一社一社、取り扱う業種によって、管理する顧客情報は変わってきます。また、登録、活用という日々の業務の柱になるわけですので、表示するラベル(呼称)が違うだけでも混乱を招きかねません。自社の用途・目的・業務に合わせるのがベストな選択です。

適正に使えることが
手段を目的にしない条件

顧客・会員ともにデータを保管することが目的ではありません。自分がやりたいことを蓄積されたデータを活用して実現できなければなりません。例えば、自社の担当営業毎に、季節のご挨拶を送り顧客との関係を築こうと思った場合は、担当営業毎に顧客を抽出して、メールの本文に顧客名を入れて送信元を担当営業にして顧客毎にメールを送信します。たったこれだけの事ですが、が出来ない、あるいは大変、となると、管理する意味が無くなります。
エクセルを使って一件づつ作業でやるという選択肢もあるでしょう。しかし、人のやることですから間違いは起こります。他人宛ての季節の挨拶メールを受け取ったらあなたはどう感じるでしょうか?自社の担当毎に季節の挨拶をメールを送信する、たったこれだけの事が顧客との関係を構築することの行動の一つです。

一人一人の属性、行動・趣向、経験をデジタル化

 送信したメールへの反応が一人一人わかるとどうなるでしょうか?ある人は送信したメールを開封したので関心があったのだろう。またさらにメールに書かれた製品AのWebサイトのページを開いたので、製品Aに関心があるという個人の嗜好のデータとして蓄積、活用することが出来るでしょう。Webサイトのアクセスも同様に、一人一人のサイト情報のアクセスログを記録することで、個人の嗜好を示すデータとして蓄積、活用することが出来るでしょう。
製品Aのページによくアクセスが来る、といったサイト全体の傾向だけでは、製品Aに興味があるのはどんな人かという事がわかりません。その人が行った商談、セミナー参加、購買などの情報をその人の経験を示すデータとして蓄積、活用することが出来るでしょう。

良い関係を構築するためには
思ったことが思う通りに出来ること

全員に同じ内容のメールを送る、一斉メルマガのような手法は古くなり、受け取る相手にも喜ばれなくなりました。むしろ無作為に扱われていると感じ、迷惑だと思うでしょう。行いたいアクションのターゲットとなる顧客・会員をセグメント化できることは必須です。セグメントには、顧客・会員の属性だけではなく、行動・趣向、経験をもとに抽出出来ることで、より一人一人にフォーカスしたアクションが考えられるようになるでしょう。
最後にセグメントしたターゲット顧客・会員に思った通りのアクションが取れることです。アクションとは、セグメントしたターゲットに対して、一括でCSVでリスト化したり、一括で更新したり、一斉メール配信、Webサイトであればその人に合ったコンテンツを見せることです。アクションをすること、出来ることが、顧客・会員管理をする目的と言っていいでしょう。
 

あなたに最適な顧客・会員のレイアウトで、購入履歴、商談履歴、セミナー参加履歴などの顧客の経験、行動履歴(サイトのアクセスログ、メール開封、URLクリック)などの顧客の行動・趣向をデジタルデータとして保存・蓄積して、それらの情報を自由に検索、セグメント、抽出して、あなたが思ったことが適正に行えること。これが、あなたの”顧客・会員と良い関係を構築する”という目的を叶える手段と考えます。私たちはその手段を機能として実現します。

顧客データベースを10分で構築

自社用途に合わせた顧客データベースが管理画面から簡単に作成できます。顧客データベースにはサイトのアクセスログ、メールの反応が自動で蓄積されます。

用途に合わせて自由に設計

長さ、入力方法、選択肢など任意に指定して、自由にフィールドを追加可能。項目数の制限はありません。画像、PDF、エクセルなどのファイルも。
 

データーベース自動作成

顧客データベース単位に一覧、登録、変更画面が自動生成されます。自分用の検索条件、一覧を管理画面で簡単に作ることができます。CSVエクスポート、インポートにも対応。

これからの会員サイトに求められるものは"サイトの柔軟性" と "マーケティング"

新規会員登録、ログイン、マイページ、会員限定コンテンツ、会員一斉メルマガ配信。以前の会員サイトであれば、これで十分だったかも知れません。しかし、これから求めらるのは柔軟性とマーケティング。顧客データベースを活用して、あなたの顧客を満足させる良い会員サイトを構築するには。

機能のご紹介

writeWired CMS Platform の顧客管理でこんなことが出来ます

これからの会員サイトに求められるものとは?

会員サイトの会員情報

顧客データベースを会員情報として会員サイトを構築することができます。登録、ログイン、退会画面などもサイトのデザインに合わせて構築できます。

会員仮登録フロー

会員登録時に確認メールを送付し、メール本文に記載されたURLをクリックした場合に本登録など、サイトに合わせた会員登録フローを実現できます。

会員パスワードルール

会員情報として使用する場合のパスワードルール(最低文字数、小文字必須、数字必須、記号必須)を設定することができます。

ログイン要コンテンツ

ログインが必要なページの制御ができます。また、PDFやZIPファイルなど、直接URLでアクセスした場合も閲覧不可ページを表示して表示を制御できます。

フォームとの自動連係

顧客データベースと関連づけて問合せを保管することができます。問合せに入力された情報を最新として顧客データベースに連動します。

CSVによる操作

抽出条件を指定してCSVでクスポートすることができ、インポートもできます。

属性に準じた閲覧可否

属性によって閲覧可能なページを設定して、ログインしている会員により切り分けることができます。

最適なリコメンド

会員ごとの属性に合わせてページをリコメンドできます。どのようなリコメンドをするかは導入するサイトのご要望に合わせて対応することができます。

メール送信

差込文字を使ったテキスト・HTMLメールのテンプレート利用してスケジュールしたメールを送信することができます。

メールの反応の閲覧

送信したメールの開封ログ、URLクリックログを閲覧することができるので、送信したメールに興味があったのか知ることができます。

メールの反応から抽出

送信メールの期間指定による送信、未送信、開封数、クリック有無、特定URLのクリック有無を組み合わせて抽出できます。

アクセス状況から抽出

サイトのアクセス状況、来訪、特定URLの閲覧、特定パラメータの有無、IPアドレス、クッキーなどを組み合わせて抽出できます。
 

例えばこんな使い方はいかがですか?

付随機能を活用して
サイト会員に対し喜ばれるサービスを提供

顧客管理機能では会員情報を常に把握できるだけでなく、その会員に対してサイト上での多様なサービス提供可能です。例えば当社の事例として、製薬会社様による会員サイト構築がございます。そこでは製品情報やお知らせ等の発信のみならず、患者向け資材を注文できるカート機能を付加。会員にとってサイトの有用性が高まりました。

データベース化した
顧客情報をマーケティングや営業に活用

会員制サイトでは、登録によって多くの顧客情報を収集します。例えば企業名や担当者名、連絡先など。これら情報は、マーケティングや営業活用に活かすことができるでしょう。例えば新製品について、登録アドレスへメールでの通知を行った場合。まったく興味がなければ、「邪魔・不要なメールが送られてくる」と悪い印象を持たれかねません。しかし登録情報から送信先を絞り込めば、そうした事態を防ぎつつ営業の一環として効果が期待できます。

高い顧客満足度を実現する
顧客への適切なフォローアップ体制

顧客向けの会員制サイトなら、登録された顧客情報をデータベース化することが可能です。問い合わせ時期や以後連絡を取ったタイミング、そして連絡先など。それらをもとにフォローアップを行えば、「連絡がしつこい」「連絡がない」などコミュニケーションへの不満を生み出さず、顧客満足度を高められます。データベースを元に連絡する時期などを社内でルール化しておけば、社内全体のフォローレベルが向上するでしょう。

顧客情報のデータベース化が
業務効率アップに貢献

会員制サイトから登録時に取得した顧客情報をデータベース化。そしてそのデータを共有すれば、企業情報に社内の誰でもアクセスできるようになります。例えば異動・退職などで引き継ぎが必要になった場合でも、基本的な企業情報や過去のやり取りなど、データベースの共有のみで完了すれば、業務効率が高まるでしょう。そのほか、多部署で同一企業とのやり取りを行う場合などにも、相互の情報共有はメリットとなります。

今すぐ資料をダウンロード

03-6418-9221

今すぐ資料をダウンロードして
writeWired CMS Platform の詳細をご覧ください。

必要事項をご記入の上、「確認画面へ」ボタンを押して下さい。