コンテンツ管理(CMS)多段階承認フロー

直列・並列を組み合わせた多段階承認経路。組織変更に強い承認フローを実現

ロールベースの承認フローを複数設定可能

コンテンツの承認フローには、部署、部署の所属長、ロールの要素を使って制御をします。

承認フローは複数定義することができ、コンテンツを作成するディレクトリごとに分けることが出来ます。

直列・並列を組み合わせた多段階承認経路が作成可能

承認フローには、承認ルートと呼ばれる複数の承認順序を指定できます。

承認ルートの中にはさらに、承認ノードと呼ばれる承認者の権限(部署、部署の所属長、ロール、特定のユーザー)を複数個設定します。承認ノードが実際のユーザーの承認単位になり、そのユーザーが不在の時のための、代理ノードを同じように設定できるようになっています。

それぞれの承認ルートには、指定されたすべての承認ノードが承認済み、あるいはどれか一つでも承認済みであれば、次に進む、という条件が指定でき、その条件を満たすと次の承認ルートに進み、すべての承認ルートが承認されると、そのコンテンツは公開されます。

承認ルート、承認ノードの組み合わせで、直列・並列を組み合わせた多段階の承認経路が作成できます。

組織変更に強い承認フロー。承認状況も分かり易く表示

コンテンツを作成したユーザーではなく、部署、ロールの要素を使って承認フローをコントロールするので、組織変更でユーザーが移動になっても承認フローは影響なく回すことが出来ます。

コンテンツに指定された承認フローの内容、状況はコンテンツ編集画面で確認できるので、そのコンテンツがどのような状態なのか一目で確認が出来ます。

承認権限がないユーザーでもそのコンテンツを閲覧する権限が与えられていれば、閲覧することは出来ますが、コンテンツの変更はできません。

機能

導入事例

サイト内検索