コンテンツ管理(CMS)公開スケジュール、SEO対策

任意のURL、掲載期間(時分可能)、ステータス、SEOメタタグの管理が可能。

後からでも変更できる、コンテンツごとの任意のURLを指定

コンテンツにはそれぞれ任意のURLを作成時に指定することができ、あとから変更することも自由です。

システムが自動で連番のような識別子を振る事はないので、事前にサイト全体のURLを決めてコンテンツの作成に取り掛かるといったことができます。

(ダウンロード型のコンテンツを作る場合には、pdfやxlsxをコンテンツのURLに指定できます。)

時分まで指定できる掲載期間の自動コントロール

コンテンツごとに掲載期間(開始~終了)を指定でき、サイト上ではこの期間によりコンテンツの上げ下げが自動で制御されます、

期間の指定は通常年月日ですが、テンプレートごとに時分秒の指定可否を設定できます。

掲載ステータスでコンテンツの公開フローをシンプルに運用

コンテンツは掲載ステータスを持っており、承認フローを利用しない場合、このステータスを使ってシンプルな公開フローを運用することが出来ます。

ステータスは制作中、確認依頼、確認中、掲載可の4種類があり、それぞれユーザーに操作できるステータスを指定して編集可否をコントロールします。

掲載期間内であっても、掲載ステータスが掲載可以外の場合は非表示状態になります。

コンテンツ毎にSEOタグを指定。共通キーワードの自動挿入も

コンテンツ単位にSEOのメタタグ、title,h1,descriptionの入力ができます。

テンプレートを使ってコンテンツを表示する際に特定の文字を各タグにいれることもできます。

機能

導入事例

サイト内検索