CMSにデジタルマーケティング機能を統合。ライトワイヤード
コンテンツ管理(CMS)

コンテンツ管理 (CMS)

コンテンツを一元管理。簡単に、スピーディに、デザインそのままにWebサイトの更新が出来ます。作成するコンテンツの種類ごとに専用管理画面を用意。ドラッグ&ドロップによる、ブロック積み上げ、フォーム入力を組み合わせて、コンテンツの再利用でサイトの運営を最適化。

どんなデザインでも導入可能。

それぞれのサイトのデザインに合わせたテンプレートを開発するのでデザインに制約はありません。どのようなサイトにも導入が可能です。

自由にパーツを選んで、ドラッグしてドロップ。
ブロック積み上げ、見たまま編集

サイトデザインをパーツに分解してCMSテンプレート化します。 好きなパーツを選んでブロックのように自由に積み上げてコンテンツを作成。公開サイトのイメージ見たままで編集ができます。

製品データベースなどに最適。
フォーム入力形式のコンテンツ登録

登録時には表示レイアウトを意識しないフォーム入力形式のコンテンツを作ることができます。セミナーなどの定型コンテンツや製品データベースとして活用することが出来ます。

"ブロック積み上げ と "フォーム入力" を組み合わせ最小限のデータ入力で最適なコンテンツ制作を実現

HTMLエディターがあるからコンテンツが簡単に出来るというのは間違いです。writeWiredを導入することでWebの知識がない方がHTMLエディターを極力使うことなく、簡単、スピーディに、デザインそのままにサイトを更新できるようになります。

コンテンツをHTMLメールとして配信

限りなく簡単に、思い通りにHTMLメールを制作して送信、そして効果測定まで。writeWired CMS Platformはコンテンツ管理システムとメール制作システムを統合しました。テンプレートを選択して、ドラッグアンドドロップで思った通りに制作して、送信対象をリストから選択して配信が完了します。

機能のご紹介

簡単コンテンツ検索、更新、コピー、公開期間制御、公開前プレビュー機能、SEO対策、複数サイト管理、多言語対応、多段階承認フロー。動的CMSでありながら高いパフォーマンスを発揮するキャッシュ機能など、企業の複雑なサイト運営を効率化するCMS機能を標準装備しています。

コンテンツ検索画面

ステータス、コンテンツ内容、ファイル名、ディレクトリの情報、制作者、テンプレートなどを条件にしてコンテンツを素早く検索できます。

ディレクトリ一覧

階層構造のディレクトリを一覧表示、迷うことなくディレクトリの整理、コンテンツの管理ができます。

簡単コンテンツ作成

使用するテンプレートを選択するだけでどのディレクトリでも好きなテンプレートを使ってページが作成できます。

コンテンツコピー機能

コンテンツはクリック一つでコピーができます。 

公開スケジュール、SEO

管理用のコンテンツタイトル、URL、掲載期間(時分指定可能)、ステータス、SEO用のメタタグを登録管理することができます。

プレビュー機能

編集中に内容を確認するための機能です。入力内容を即時反映した公開イメージを確認することができます。

公開中コンテンツ編集

公開中のコンテンツを一時作業用に退避して編集、保存できます。一時作業用は破棄、公開中コンテンツに反映することができます。

外部確認URL発行

管理画面にログインしなくても閲覧できるURLを発行します。外部クライアントに掲載イメージを確認してもらう場合などに便利です。

変更履歴機能

好きなタイミングでメモと一緒に履歴を出力。出力済みの履歴は一覧表示でき、プレビュー、編集中のコンテンツに取り戻すことができます。

サイト確認用URL

公開日時を指定してサイト全体を未来のイメージで表示することができます。

ライブラリ管理

コンテンツ以外の画像、ファイルをフォルダ構造を維持したままCMSで管理することができます。

組込み型コンテンツ

パーツとして、サイトの色々なところで表示されるコンテンツを組込み型コンテンツとして管理することができます

マルチサイト管理

ドメイン単位でサイトを複数管理することができます。サイトごとに自由なデザイン、マルチデバイスも対応可能です。

多言語対応

コンテンツは日本語以外の多言語も対応。ドメインを分けて管理することも、サイト内で複数言語のサイトを構築することができます。

マルチテナント管理

管理ユーザーを組織としてグループ化。組織、サイトおよびユーザー単位に権限を設定することができます。

多段階承認フロー

グループ・ロールを設定し、直列・並列を組み合わせた複雑な承認経路を設定し、組織変更に強い承認フローを利用することができます。

メール送信とのシームレスな統合

メール型のテンプレートを使えば、コンテンツ編集画面で作ったHTMLをクリック一つでHTMLメールとして送信。ドラッグアンドドロップで思った通りに制作して、送信対象をリストから選択して配信が完了します。

管理ユーザー権限

操作できるサイト、ディレクトリ、コンテンツ管理、コンテンツ閲覧、編集、承認、問合せ管理権限、顧客管理権限などの設定ができます。

管理ユーザーのセキュリティルール

ルールの有無、最低文字数、小文字必須、数字必須、記号必須、パスワード有効期限、ログイン失敗のロックする回数を設定することができます。

キャッシュ機能による高いパフォーマンス

頻繁に参照されるコンテンツはサーバーのメモリ内部にキャッシュされ高いパフォーマンスを発揮します。

制約のない自由なテンプレート開発

テンプレート開発に制約が無いのでサイトに合わせて自由なデザイン、機能を組み込むことができます。

全文検索のサポート

CMS内で管理されるHTMLページの他、PDF、Office Open XML フォーマットに対応したコンテンツの全文検索が可能です。*全文検索はオプション(別費用)になります。

例えばこんな使い方

CMSを活用すれば、コーポレイトサイトはもちろん、オウンドメディアなど、定期的な情報発信も大きな負担なく継続できます。
会員向けサイトを構築し、会員限定の特別な限定コンテンツを配信。
貴社のマーケティングの成果を最大化する様々な使い方ができます。

効率的なオウンドメディア運営でマーケティング効果を拡大

マーケティング戦略の一部として、多くの企業が取り組んでいるオウンドメディア運営。例えば自社の保有する確かな技術力・知識力を情報によって伝えれば、顧客に対する信頼性向上に繋がります。また、サービスや取り組み等について発信することで、ブランディング効果も期待できるでしょう。CMSを活用すれば、定期的な情報発信も大きな負担なく継続できます。

会員向けコンテンツ配信で事業に生かされる多くの会員情報の獲得

CMSで会員向けサイトを構築し、会員限定の特別な限定コンテンツを配信。登録された会員情報は、営業活動などにも活用できる企業にとって貴重な財産です。例えば製薬会社様の会員向けサイトで、製品情報やお知らせ等の情報を適宜配信するという事例もございます。なお、会員によって情報の公開範囲を指定するなど、権限設定により会員種別を作ることも可能です。

広報・営業力を高める会員サイトでの情報発信

CMSの活用方法として、よく当社へお問合せ頂くのが「会員サイトの開発」です。例えば自社製品の購入者、サービス利用者に会員となってもらい、定期的なコンテンツを配信。これに対してコメント等を受け付ければ、そのコンテンツを通じて会員とのコミュニケーションが生み出せるでしょう。会員との良好な関係構築を行うことで、例えば同サイト内で新製品の告知を行った際、購入に繋がる確度が高まります。

新規メディアを立ち上げて新たな経営基盤を構築する

既存事業の伸び悩みを感じている、あるいはさらなる成長を目指したいといった場合、メディア運営を新事業として立ち上げるのはいかがでしょうか。メディアでは広告掲載による収益はもちろん、自社サイトへリンクすることで既存事業の売上拡大にも繋がります。なお、CMSならば更新・管理に手間がかからず、効率的に運営が可能。新たな人員採用など余計なコストを掛ける必要はありません。

サイト内検索

writeWired CMS Platform の機能

CMSの基礎知識

CMSの導入事例

writeWired CMS Platform が選ばれる理由

CMS動画デモギャラリー