CMSにデジタルマーケティング機能を統合。ライトワイヤード

機能

マーケティングオートメーション(MA)

顧客属性と行動履歴のログを使い、顧客ごとに行う対応をシナリオとして登録。
人手では困難な顧客の状況に応じたマーケティング活動を自動で実行。

最適なマーケティング活動を自動化

人手では困難な
顧客一人ひとりの状況に応じた処理を自動化

シナリオに登録されたフィルターとアクションを顧客の状況に応じて自動で実行します。
 

フィルター:顧客の属性、行動履歴のログから対象顧客を抽出

対象顧客を自動で抽出

顧客の属性とメールの反応から対象顧客を抽出するクエリー、顧客ひとりひとりのサイト上の行動履歴から対象の顧客を抽出するオーディエンスフィルターを使って、対象顧客を抽出。個人が特定されていない、匿名Webユーザーの抽出も可能です。

アクション:抽出した顧客それぞれに適切な対応を

顧客それぞれに適切な対応を

抽出した顧客にどのような処理を行うのか選択できます。

その時の顧客の購買意欲に沿ったメールを送ったり、顧客のステージ分類を更新することができます。

シナリオ:フィルターとアクションを最適なマーケティング活動のカスタマージャーニーとして

マーケティング活動の最適なカスタマージャーニーとして

フィルターとアクションを組み合わせて、あなたが考えたおもてなしの体験を、最適なマーケティング活動カのスタマージャーニーとしてシナリオ登録できます。

マーケティングオートメーション(MA)の機能

シナリオ管理

任意の数のシナリオの登録管理ができます。シナリオはステータスにより管理され、実行可ステータスで保管をするとバックグラウンドで自動で実行され、結果をフィルター、アクションに反映します。

複数のステップ登録

シナリオは複数のステップで構成されます。ステップはフィルターまたはアクションです。ステップの実行結果の一致、不一致、それぞれに後続のステップを登録することが出来ます。ステップの登録数の上限はありません。

フィルター

任意の検索条件を設定できるクエリー、オーディエンスフィルターのいずれかを指定して対象顧客を抽出することができます。クエリーには検索条件としてオーディエンスフィルターを組み込むことが出来ます。

アクション

ステップの実行結果の顧客に対してメール送信、顧客データの変更をすることが出来ます。アクションの実行タイミングに即時、経過日数、日時が指定できます。