CMSにデジタルマーケティング機能を統合。ライトワイヤード
基幹システム連携

基幹システム連携

一般的なCMSではサイトの規模が大きくなると、独自の要望に応えることが難しくなってきます。実現出来ない事があれば、出来るようにプラグイン機構を拡張して 要望に応えてきました。完全自社開発ならではの柔軟な対応力でご要望を実現します。

プラグイン

パッケージに用意されてる各処理の拡張ポイントに、サイト独自の処理ロジックを埋め込むことができます。パッケージ本体にはカスタマイズはないので、バージョンの互換性を保ちます。

Addon開発

パッケージと連動した独自のプログラムを容易に開発できます。パッケージとシームレスに連動して管理画面システム。アクセスログ集計などのバッチシステム開発も。

柔軟な対応力

サイトの規模が大きくなるほど、ただのコンテンツ管理機能では要望に応えることが難しくなってきます。実現出来ない事があれば、出来るようにプラグイン機構を拡張して要望に応えてきました。完全自社開発ならではの柔軟な対応力でご要望を実現します。

開発事例のご紹介

CMSと他システムと連携した開発事例をご紹介します。
データを連携したり、コンテンツからPDFを出力、CSVインポート。
旅行の検索サイトなど、様々な事例がございます。

自動取り込みI/F

接続先のシステム、データベースに応じて自動取り込みI/Fバッチを構築して、コンテンツデータとして取り込むことができます。

CSVでコンテンツ作成

接続先システムがCSVでデータ提供していれば、CSVをそのままアップロードしてコンテンツとして登録することができます。

定期的にデータ出力

他システムでデータ分析に利用するために、日次バッチで会員データ、アクセスログをCSVでエクスポートすることができます。

基幹連携検索サイト

取り込んだ基幹システムのデータを使って、旅行検索、不動産検索、商品などの検索サイトを構築することができます。

コンテンツをPDFに変換

十数種類のフォーマットに合わせたコンテンツ登録画面を用意して、テキストを入力してボタンひとつで定型PDFを生成。

連携入力チェック

コンテンツには製品詳細ページへリンクを登録。入力ミスがないよう、コンテンツ登録時に基幹システムを参照して存在チェックをすることができます。

サイト独自の権限設定

会員属性や製品カテゴリ毎に権限設定。

媒体CSVを一括取込み

旅行会社では、検索サイトに入稿する、指定のフォーマットをそのままインポート。ツアーデータとして活用

会員に応じた閲覧権限

製品のカテゴリ、会員属性、属性の階層構造など、サイトの要件に合わせてたコンテンツの閲覧権限を制御できます。

レコメンデーション

会員の属性とコンテンツの属性を使ってレコメンド、閲覧している製品の類似製品から料金が高いものをおすすめなど、サイト独自にレコメンデーションを組み込むことができます。

カート機能

製品情報をコンテンツとして管理して、購入情報を問合せフォームとして設計したカート機能を組み込むことができます。

旅行商品管理

旅行ツアーの商品マスタ管理機能をAddon開発。公開サイトではツアー検索、予約申し込みをkコンテンツ管理機能と組み合わせました。

例えばこんな使い方

CMSと基幹システムや他システムとスムーズに連携することで、
旅行検索サイトや、社内システムにある顧客システムと連携した会員サイト、CMSで制作してコンテンツを基幹システムに連動したり、
顧客満足度を向上し、業務効率をアップすることが出来ます。

空室・空席情報を連携させて予約サイトを構築

基幹システム連携は、各種予約サイトにおすすめの機能です。例えば過去事例として、温泉宿予約集客ポータルサイトが挙げられます。こちらではwriteWiredで宿泊施設の空室情報を連携させており、サイト上から宿泊予約が可能です。その他、例えば交通機関や娯楽施設、スクール等の予約サイトでも、同様の仕組みが活用できます。

基幹システムとの連携で検索から予約まで行える旅行検索サイトを構築

writeWiredにて、海外ツアー検索サイトを構築いたしました。基幹システムに登録済みのツアー情報を連携させてサイトへ表示。ユーザーはツアー情報を検索し、詳細を見たうえで問い合わせなどが行なえます。。尚、writeWiredは予約受付までを開発しており、サイト上で予約までを完結できるサイト構築も可能です。

会員サイトでの最新情報共有で営業代理店の活動をサポート

販路拡大のために営業代理店を抱えている場合、CMSによる代理店向け会員サイトの構築がおすすめです。営業商材に関するアップデート情報はもちろん、市場動向や競合情報をはじめ、サイトを通じて営業活動に活かせる情報を提供しましょう。また、取り扱う商材、あるいは代理店ランクなどに応じて権限を分け、閲覧できる情報の棲み分けを行うこともできます。

サイトから取り出したCSVデータをサイト改善に活用

サイトユーザーの会員情報やアクセスログなどは、CSVデータとして取り出すことが可能です。例えば会議の場で配布し、閲覧しながら戦略を立てる。あるいはデータ分析を行うための素材として活用するといった方法があります。また、他のシステムに取り込んでより細かなデータ分析を行えば、サイト改善に役立つでしょう。あるいは逆にCSVで商品情報などをCMSに取り込み、入力作業を効率化することも可能。特に物販などBtoBサービスを手がける企業様に、大きなメリットがあります。

サイト内検索

writeWired CMS Platform の機能

CMSの導入事例