コンテンツ管理(CMS)定型フォーム形式で効率的にコンテンツを編集

要素ごとにまとめられた定型フォームに画像、文字を入れてコンテンツを編集できます。外観画像や製品仕様、必要な情報だけを入力してページが完成。製品データベースなどに最適です。

固定フォーマット大量コンテンツの更新には、WYSIWYGエディターは非効率

沢山の情報量があり数の多い製品や、入れ替えが頻繁に発生する求人情報やセミナー情報などのコンテンツはそのほとんどが入力するデータのフォーマットが決まっています。

こういったコンテンツはWebサイト上でも表示するフォーマット・デザインが画一化されていて、コンテンツ登録者はデザインを意識するする必要はなく、正確に情報を入力するのが業務になります。

WYSIWYGエディターを使った編集は、入力データのフォーマットを均一に保てず、かつ余分なデザインの事まで考える必要があり、非効率です。

専用フォーマットのコンテンツ管理画面でサイトの運用効率は格段に向上

表示する情報の各要素を適切な粒度で分解・項目まで分類して入力できる方式を「フォーム形式の入力」などと呼びますが、多くのCMS製品は「フォーム形式の入力」は簡易的なものしかサポートしていません。

項目の数に制限がある、項目の並びがいびつになって、使っている時にどこに何を入れたらいいのか分からなくなる、などが挙げられますが、フォーマットに含む項目は適切に分解されるべきであり、場合によって百を超える項目に分ける必要が出てくることも珍しいことではありません。

しかし、Webに表示する情報をフォーマット化した、各コンテンツの専用管理画面を用意することでWebサイトの運用効率は格段に向上するのは事実です。

カスタマイズなしでフォーム単位の専用入力画面を自動生成

writeWired CMS Platformの定型フォーム形式は、カスタマイズなしで、項目の集まりを「フォーム」と入れ物に定義することでフォーム単位の専用入力画面を自動で生成します。

フォームの中に定義できる項目の数に制限はなく、またフォームのデータの数の制限もありません。

1コンテンツに複数のフォームを定義することが出来るので、製品情報コンテンツに製品概要、製品画像、製品仕様といったフォームを用意し、例として製品概要フォームに製品名、製品説明、特長などといった個別の入力項目を持たせることが出来ます。

機能

導入事例

サイト内検索