writeWired CMS Platformは、
ヘッドレスCMSをサポートする、ハイブリッドCMS。
JavaScript、PHP版のAPIクライアントを装備。

ヘッドレスCMSとは
従来のCMSはコンテンツを登録する管理画面つまりバックエンド、またサイト上で公開するためにコンテンツを特定のHTMLフォーマットに加工したものを出力するフロントエンドの二つの機能で構成されています。この二つの機能が揃いCMSとして機能するため、これら従来型のCMSは「カップルドCMS (結合したCMS)」と呼ばれます。

一方で「ヘッドレスCMS」とは、このバックエンドのみを持ちフロントエンドの機能は持ちません。フロントエンドのことをヘッド、と呼ぶため「ヘッドレスCMS」と呼ばれます。また、バックエンドとフロントエンドが結合していないため「デカップルドCMS (結合していないCMS)」と呼ばれます。

つまり、ヘッドレスCMSとはコンテンツを登録する機能だけを持つCMSのことを意味します。ヘッドレスCMSは特定のフォーマットに出力する機能の代わりに、APIベースでコンテンツを取り出す機能を提供します。
カップルドCMS (従来のCMS)と、ヘッドレスCMSの比較イメージ
ヘッドレスCMSを利用した開発
ヘッドレスCMSを利用するデベロッパーは、JSONフォーマットのAPIを経由してコンテンツを取得し、自由度高く自社のサービスを開発することが出来ます。JavaScriptだけでなくphp、Swiftなどのサーバーサイドの開発言語を使ったサービス開発も容易になり、既存のアプリケーションから、コンテンツ管理システムの複雑な内部構造を意識することがなくCMSを利用することができます。

ただし、これは開発の難易度が下がることを意味しているわけではありません。CMSが提供していたフロントエンド機能とは別のフロンドエンド機能を、その言語に精通したデベロッパーが開発をする必要があることには変わりはありません。ある意味では技術的難易度は高くなるといってもいいでしょう。しかし、ヘッドレスCMSを利用することにより、CMS自体が持つフロントエンド機能の制約を受けなくなることは確かです。
writeWired CMS Platform のヘッドレスCMSサポート
wriWiredは、従来のテンプレートによるCMSが提供するフロントエンドと、同時にヘッドレスCMSを併せ持つハイブリッドCMSとして機能します。

writeWiredのコンテンツ管理機能は、百を超える項目の情報からなる製品情報を適切に構造化し、コンテンツをデータベースとして管理することができます。

Webサイト上では、CMSが提供するフロントエンド(テンプレート)を利用し、製品情報を提供し、イントラネット、製品検索アプリなどの別チャネルでは、同じ製品の情報をAPI経由で取得して、チャネルに沿った形式で情報を提供するなどの、コンテンツの一元管理を実現します。

APIを使えば、コンテンツの任意の検索条件を指定し、合致したコンテンツの一覧情報を戻り値として得ることができます。
また、コンテンツの一覧情報には、汎用的なコンテンツタイトルだけではなく、製品情報に持つ情報、価格、詳細仕様や用途など、一覧に含める戻り値を項目単位に指定することができ、単純なページ表示だけではない、柔軟なコンテンツデータの利用を可能にします。
writeWired CMS Platform が提供するハイブリッドCMSの機能イメージ
コンテンツの定義
writeWiredは任意のデータ型(英数字、文字、数字、メールアドレス、年月日、年月、月日、時分 画像、ファイル、他コンテンツ、ディレクトリ、URL、組込コンテンツ、期間型、電話番号、郵便番号)の フィールドを必要な分だけ定義して、「フォーム」と呼ばれるコンテンツの保管単位を定義することが出来、複数種類の「フォーム」を組み合わせたものをコンテンツとして定義します。コンテンツの登録画面は自動で生成されます。

CMS開発をサポートする、JavaScript、PHP版のAPIクライアント
writeWired上に保管されたコンテンツを取得するAPIクライアントをavaScript、PHP版で用意しています。このクライアントを利用することで、APIの複雑な手続きは隠蔽され、コンテンツのデータはJavaScript、PHPともにオブジェクトとして扱うことが出来るので、簡単にデータを取得、加工、表示することが出来ます。

writeWiredのヘッドレスAPIクライアントの主な機能
  • コンテンツのIDを指定して、コンテンツのすべての情報を取得
  • 定義されたコンテンツの任意のフィールドして指定したコンテンツ一覧の生成。検索条件、並び順、表示件数を指定することが出来ます。
  • ページネーション用のAPIも用意されています。

スマートフォンアプリ用のCMSとして
今ではスマートフォン用のアプリを開発して配布することは普通になりました。アプリ開発そのものは、制作・開発会社に頼む、あるいは知識が無くともアプリを開発できるWebサービスなど、とても身近な存在になりましたが、フォーマットが決められた大量のコンテンツを管理して、アプリ側に配布するのはとても手間がかかります。writeWiredなら、PC上の使い易い管理画面でコンテンツを管理し、アプリから登録されたコンテンツを利用する、アプリ用のCMSとして活用することも出来ます。もちろん、PC、スマホ、アプリ用と登録されたコンテンツを共有して活用することも。

既存のCMSと組み合わせて
すでにCMSを導入済みでも、既存サイトと組み合わせたCMS開発が可能になります。
writeWired は項目を自由に設定したコンテンツを定義できるので、詳細な製品情報を登録し、その情報だけwriteWiredから取得するといったことも可能になります。また、writeWired はCSVによる大量コンテンツのインポート・エクスポートも可能なので、項目が多い、大量件数のコンテンツ管理にも威力を発揮します。

コンテンツ管理

機能

導入事例

サイト内検索