コンテンツ管理(CMS)コンテンツの一元管理・再利用によるサイト運営の効率化

サイトを効率的に運用するにはコンテンツの一元管理と再利用は不可欠。コンテンツのデータベース化を標準サポート

ページを管理するタイプのCMSの限界

現在、数え切れない数のCMSが存在していますが、その多くがコンテンツをページとして更新・管理するタイプのCMSです。

そのタイプのCMSを利用することは、例えば、ある製品の内容が変更された場合、その製品を表示しているすべてのページ、場合によっては数十、数百のページを手作業で修正する必要があることを意味します。

手作業による修正は間違いも起こりやすく、何より無駄で、非効率で非現実的です。ページを管理するタイプのCMSは、サイトの規模が大きく、ページ数が多くなるについて、いずれ限界が来ます。

大規模サイトの運用を効率化する鍵なるコンテンツの一元管理と、それを実現する難しさ

1製品の変更をサイト全体に正確に自動的に反映するためには、コンテンツを一元管理したデータベース化が欠かせません。

コンテンツをデータベース化し、個々のページを更新するのではなく、ページがデータベースを参照し製品情報を自動で表示するようにします。これにより間違いの起こりやすい手作業の修正を大幅に削減できます。

しかし、コンテンツは要素・項目の確定が曖昧で、追加・変更も頻繁に起こるため、システム化に非常にコストがかかります。また、システム化後の変更も柔軟性に乏しくなりがちです。

一方でWebコンテンツは非常に曖昧で管理するデータ・項目の粒度が非常に細かくなり、適切にコンテンツをデータベース化できる技術・経験を持つ人が少ない、といった課題もあります。

writeWired CMS Platform が実現する、コンテンツの一元管理

構築するサイトごとにCMSテンプレートを開発する writeWired CMS Platformは、各ページ(テンプレート)に合わせ、Webの専門知識が無い人がデザインを忠実に再現したコンテンツが作成できる専用登録画面を作成します。

例えば「会社情報」というページであれば「会社名」「郵便番号」「都道府県」「番地」などのように、入力要素が項目単位までブレークダウンされたコンテンツ登録画面になります。

writeWired CMS Platformは、コンテンツ登録画面で入力された項目単位のデータを自動的にデータベース化し、コンテンツの一元管理を行いテンプレートからコンテンツ単位、項目単位に自由に取り出せる機能を提供します。

機能

導入事例

サイト内検索