コンテンツ管理(CMS)テンプレート種別 - コンテンツ

開発する機能に制約が無く、目的にあったコンテンツ・機能の開発が可能

デザイン面における制約無し

ロゴ、ヘッダー、フッター、サイドナビゲーションなどを、サイト全体で共通となる要素を抽出して、フォーム形式で登録管理出来るようになります。

CMS化するサイトのデザインに沿って要素を整理するので、デザイン面においての、CMSパッケージによる制約は無いといっていいでしょう。

テンプレートの種類や制作者のスキルに合わせた専用画面の設計

ドラッグアンドドロップでパーツを自由に並べ替えてコンテンツを編集できる「ブロック積み上げ」と、画像、文字を入れて効率的にコンテンツを編集できる「定型フォーム形式」を組み合わせた、簡単にコンテンツを編集できる管理画面を開発します。

コンテンツの一元管理

コンテンツ登録画面で入力された項目単位のデータを自動的にデータベース化、コンテンツの一元管理を行い、テンプレートからコンテンツ単位、項目単位に自由に取り出せる機能を提供します。

データベース化されたコンテンツを利用した、製品、店舗、求人情報などの検索機能にも利用できます。

堅牢で生産性が高い、汎用的かつ応用力があるプログラム言語によるテンプレートの開発

テンプレートの開発には、Java,JSPというプログラム言語を用います。この言語は世界中の業務システム、スマホアプリ、Webアプリで数多く利用されています。

CMSでコンテンツをサイト上に表示する以外に、テンプレートから、この言語を用いた処理を自由に呼び出せるのであらゆる機能も追加して開発が可能です。

機能

導入事例

サイト内検索