CMSにデジタルマーケティング機能を統合。ライトワイヤード
フォーム・問合せ・リード管理

フォーム・問合せ・リード管理

用途を問わず利用でき一元管理することで活用できる最大限の機能を 考えました。自由設計、簡単設置で自動データベース構築。サンキューメールや顧客データベースとの 連携による名寄せも自動化。おまけ機能で終わらせない、本格的なCRMを実現します。

目的に合わせたWebフォームを

問合せ、ホワイトペーパー、アンケートなど、サイトに合わせたデザインでフォーム作成。商談情報などオフラインの情報の保管にも利用できます。

用途に合わせて自由に設計

長さ、入力方法、選択肢など任意に指定して、自由にフィールドを追加可能。項目数の制限はありません。

会員データベースと連動した、新規会員登録フォーム、会員情報変更フォーム、ログインフォームも作成できます。

自動で生成されるデータベース管理機能

フォーム単位に一覧、登録、変更画面が自動生成されます。自分用の検索条件、一覧を管理画面で簡単に作ることができます。CSVエクスポート、インポートにも対応。

サイトのアクセスログと自動でデータ統合。
分析、顧客へのアクションに活用できます。

問合せに至るまでのサイト上のアクセス経路をリアルタイム表示。その場でユーザーの趣向を知ることができます。問合せのデータは顧客の行動履歴として自動同期、統合されます。

機能のご紹介

CMSにフォーム・問合せ・リード管理を統合しました。
用途を問わずに自由に作れるフォーム作成機能、受け取った問合せをリードとしてステータスや連絡状況などを管理。HTMLメールの送信も可能です。

自動返信メール

差込文字を使ったテキスト・HTMLメールのテンプレート利用して自動返信メールを送信することができます。

アクセスログの閲覧

問合せの前後のアクセスログをすべて閲覧することができるので、サイトのどのコンテンツに興味があったのか知ることができます。

対応履歴

フォームのデータごとに対応履歴としてメモを保管することができます

ステータス設定

フォーム単位に任意のステータスが設定できます。ステータスで抽出することも出来ます。

顧客との自動連係

顧客データベースと関連づけて問合せを保管することができます。問合せに入力された情報を最新として顧客データベースに連動します。

CSVによる操作

抽出条件を指定してCSVでクスポートすることができ、インポートもできます。

自動削除

一定日数が経過した問合せを自動で削除することができます。

基幹システムへの連携

フォームに入力したデータを基幹システムなどに直接保存することもできます。

メール送信

差込文字を使ったテキスト・HTMLメールのテンプレート利用してスケジュールしたメールを送信することができます。

メールの反応の閲覧

送信したメールの開封ログ、URLクリックログを閲覧することができるので、送信したメールに興味があったのか知ることができます。

メールの反応から抽出

送信メールの期間指定による送信、未送信、開封数、クリック有無、特定URLのクリック有無を組み合わせて抽出できます。

アクセス状況から抽出

サイトのアクセス状況、来訪、特定URLの閲覧、特定パラメータの有無、IPアドレス、クッキーなどを組み合わせて抽出できます。

例えばこんな使い方

CMSと問合せ管理機能が統合されることで、問合せがあった時点でその人がどのような情報に興味を持っていたのか分かるようになります。サンキューメールの自動配信でコミュニケーションロスを予防します。問い合わせをデータベース管理することで、対応の精度と質を向上させることが出来ます。

何に興味を持って問合せをしたか把握

問合せがあった時、その人がどんな人が知りたくなるものです。CMSと問合せ管理機能が統合されることで、問合せがあった時点で即時にその人がどのような情報に興味を持っていたのか分かるようになるので、一人ずつ対応を変えることが出来るようになります。

サンキューメールの自動配信でコミュニケーションロスを予防

物販サイトなどでは製品購入のほかにも、製品に関する問合せなどが毎日たくさん届きます。1つ1つ対応していても、問合せ件数が増えるほどに“対応遅れ”の可能性が懸念されるでしょう。そこで、サンキューメールの活用が有効です。問合せに対して、例えば「お問合せありがとうございます。改めて担当からご連絡を差し上げます」といった自動返信を行えば、相手に不快感を与えずゆとりを持って対応できるでしょう。

問い合わせの履歴を残して対応の精度と質を向上させる

問い合わせの多い企業では、懸念されるのが「対応抜け」や「対応重複」です。何も対応せず放置することはもちろん、対応済みの相手に再度連絡してしまうのも、相手に不信感・不快感を抱かせてしまいます。そこで、問い合わせへの対応履歴を記録し、誰もが確認できる体制を作ります。尚、例えばクレームなどが発生した際、過去に解決された類似履歴を見返すことで、スムーズに対応できるといった効果も期待できます。

過去の問合せにも定期的に連絡を

問合せがあったその時には、製品を探している、比較検討しているなど、すぐに成果につながらないことも多々あります。「今、比較検討している」と言われた問合せ、メールボックスにそのままになっていませんか?時間が経過してもメルマガなど、定期的にコンタクトを取って忘れらないようにしましょう。製品の選別、比較検討、購入決定までの長い時間の中で思い出してもらうことが重要です。

基幹システムとの連携で得られた情報を事業活動に活用

writeWiredを基幹システムと連携させれば、事業活動に有用なさまざまなデータが得られます。例えば、サイト上からの問合せ内容を基幹システムに紐付けてデータ分析し、リスト化しておく。そうすれば、後日内容に応じて再アプローチを行えます。過去の問合せで自社製品・サービスに合致しなかった潜在客に改善された製品・サービスを提案すれば、そこから売上に繋がっていく可能性も考えられます。

顧客データベースと連携させて適切なコミュニケーションを実現

社員数の多い企業では他部署との連携が上手く取れず、同じ企業に対して複数担当者から問い合わせが届くことがあります。そのまま対応してしまうと、例えば製品の購入に至った際、契約が重複してしまうなどトラブルが起こるかもしれません。そこで顧客データベースと連携させ、対応前に名寄せすることで過去のやり取り有無を確認。適切なコミュニケーションが実現し、相手への信頼向上にも繋がります。

機能

CMSの導入事例

Webサイト運用の悩みを解決

サイト内検索