CMSにデジタルマーケティング機能を統合。ライトワイヤード

旅行業のCMS 導入事例クルーズ専門の旅行会社、CMSとシームレスに連動した
クルーズ管理システムの開発

自社サイトに公開するためのクルーズ情報管理システムを開発。CMSと連動し、ツアー情報の検索、予約申込、特集などのコンテンツを効率的に更新。

クルーズ管理システムをAddon開発

サイトの運営効率を最大にするためにクルーズ管理システムをAddon開発しました。クルーズの基本情報、商品の魅力を伝える説明や画像、工程を表す日程表、部屋設定、価格、旅行条件、取消料、案内など管理し、登録することで自動でサイトに反映されまます。

共通の内容が各クルーズに使われる取消料や案内は別でマスタ化して、クルーズ情報登録時に簡単に再利用ができます。方面、国、客船情報はCMS側で登録された内容がマスタ情報として自動連動。CMSと同じ管理画面でシームレスにクルーズ情報の管理が出来るようになりました。
管理画面 ~ クルーズ一覧
更新したいクルーズがすぐに探し出せる検索条件の設定と視認しやすい一覧画面。
管理画面 ~ クルーズ基本情報
コースコードやコース名、キャッチコピー、PRポイント、方面、出発/到着地を入力。
管理画面 ~ 旅程入力
日程ごとに行動内容、食事有無、寄港地やオプショナルを指定。寄港地、オプショナルは公開サイトでは各詳細ページのリンクに自動で置き換えられます。
管理画面 ~ 料金入力
部屋タイプ毎に日別で料金を入力。金額の編集はエクセルで行って張り付ける機能も。

CMSと連携するシステムの開発もご対応いたします

当事例のように、クルーズなどの特殊な商品の場合、適合する基幹システムパッケージが無いため、Webサイトへの掲載は人手に運用、あるいはWordpressのようなブログシステムを使って更新しているケースも多く見られますが、日々の業務を考えると専用のシステムを作った方が効率的です。

リンク自動生成、検索~予約申込、メルマガ配信を一元管理

トップ画面から、各方面、客船で販売しているコースへの一覧URLを自動生成。最小限のコンテンツメンテナンスで、最大限にサイト内を回遊できるよう設計しました。行先、出発地、出発日、テーマなどを選択して希望のコースを検索、コースのポイント、旅程、価格などを美しく見せるコース詳細画面。

予約受付が出来る日にちを選択してそのまま予約申し込みフォームでの受付、予約を申し込んだ方へのサンキューメール、メルマガ登録、メール配信までを一元管理。予約受付データは管理画面で一覧、変更画面により一元管理され、ステータスの管理も出来るので対応漏れを防ぐことができます。一元管理されたメルマガ会員に向けて一斉メール送信、開封ログやクリックログも把握可能できます。