効率的なWebサイト管理にデジタルマーケティング機能を統合した、国産で唯一のCMS
  • TEL: 03-6418-9221

writeWired CMS 開発日誌

多くの大規模サイトを支えた開発基盤を利用し、
大規模Webサイト向けに設計・開発されたCMS、"ライトワイヤード"の開発スタッフブログです。

なんでCMSを作ろうを思ったの?なぜCMSだったの?

「なんでCMSを作ろうと思ったの?なんでCMSなの?」  こんなことをお客さま、知人の方含めよく聞かれます。普段さらっとお答えしますが、「writeWired というか、コーダさんの経歴ちょっと変わってて面白いから、もっと色んな人に知ってもらうといいんじゃない?」と言われることも多く、せっかくなのでちょっと記事にしてみたいと思います。

こんにちは、STSD株式会社の代表、鴻田です。

「なんでCMSを作ろうと思ったの?なんでCMSなの?」

こんなことをお客さま、知人の方含めよく聞かれます。普段さらっとお答えしますが、「writeWired というか、コーダさんの経歴もちょっと変わってて面白いから、もっと色んな人に知ってもらうといいんじゃない?」と言われることも多く、せっかくなのでちょっと記事にしてみたいと思います。

元々、私自身がフリーの開発エンジニアで、日本アイ・ビー・エムで約10年ほど仕事をしていました。私自身の立ち位置が少し変わったもので、朝から晩までプログラミング、というわけでもなく、提案書を作って営業と一緒にお客さんのところに営業しにいったり、お客さんの悩みなどを聞いて、どんな風に進めて行こうか、という提案の骨子を考える立場でした。

一方でフレームワークと呼ばれる、システム開発を行うときに、皆が使う共通部品、共通基盤と呼ばれるものを作るのに長けていて、各プロジェクト用にそういった共通基盤を作って、実際の業務処理や計算の開発は他の人がするので、私は大体、開発のピークになると、多くの人から「これどうしたらいいかなー」などの相談を受ける立場で割と時間がありました。
 
当時、確かまだ2000年を少し超えたくらいの頃、私は求人サイトを運営している会社さんのプロジェクトに入っていたのですが、法人向けの求人原稿入稿サイト(要は求人広告を出稿する企業の人が自分でブラウザから求人情報を入力できるサイト)を作りたいという依頼があったのですが、開発を担当するはずの会社の人が「実は僕たち、あまり経験が無くて・・・開発出来ないです・・・」となってしまって、比較的時間があった私が一人でその求人原稿入稿サイトを作りました。

その数年後またその会社のサイトのリニューアルプロジェクトに参加したのですが、リニューアルに伴い求人原稿の内容も変わるわけですが、その内容に多くの関係者が「PRの画像が増えた!」「企業の紹介文の構成がこう変わった!」などと大騒ぎをしているのを見ながら「結局、どんな項目がいくつ増えて、いくつ減った、という程度なのに、大勢でシステム作り直すってばかばかしいなー」とフレームワーク、共通基盤を開発することが専門だった私は「私だったら、こういう風に設定できるようにして、都度システムを改修するなんて馬鹿げた事はしないなー」と考えていました。その時、恐らく2005、6年くらいの事です。これを汎用的な製品に出来ないかと色々思案していました。

その後も継続してその人材会社(後に国内大手人材会社になり、TVCMを見かけるのも普通になりました)のリニューアルに参画していましたが、私は一般のユーザーが見るサイト側ではなく、法人向けのビジネスサービスという視点で見ていたので、法人の契約内容により使える求人原稿の種類が変わる、原稿の審査も複数の部署でチェック済にする内容も変わるなど、業務的な要件が非常に細かく、「あーこれだと汎用的な製品にするのは無理そうだ」とこの時は忘れました。

以降、日本アイ・ビー・エムの中で同じように大き目のプロジェクトに参画していたわけですが、規模が多くなるほど社内の稟議を通すために、多くの人が資料を作るのに徹夜したり、そもそもその資料に価値があるのか、などの疑問を感じるようになり、その業務スタイルは私が思う業務スタイルではないので、自分で業務スタイルを作るには自分で始めるしかないなーと思い、STSD株式会社を作りました。

ただ、STSDを作っても何が変わるわけでもなく、結局、日本アイ・ビー・エムの仕事を受けながらも「弊社はその作業は無駄だと思うから弊社としてその作業はやらない」と自分で好き出来る範囲でささやかにアウトロー気味に過ごしていました。そのうちに「自分はこの先未来永劫、人様のシステムを開発して、その対価としての費用を頂戴して、また他のシステムを作り続けるのか?」と考えるようになり、せっかく自分の会社を作ったのだから、自分たちの作ったモノに対して対価を頂戴できるような、サービス、製品を自社で開発したいなーと思うようになりました。

とは言っても、新しいサービスや製品などが簡単に思いつくはずもなく、日々の生活のために、これまで通りシステム開発をしながら「あれ、随分昔に考えたWebでサイトを更新するツールって汎用的にして売り出せないかな?」と思い、調べてみると、世の中にはCMSという分野の製品があって、まさにWebサイトを簡単に更新できるようにするものらしい、ということを知りました。これが後のwriteWiredです。

幸いなことに、私は自社であるSTSD株式会社設立後も、お客さんから重宝されていて開発作業として契約して客先に常駐していましたが、私の実質の業務はビジネス的なコンサル的な要素のものが多く、また、実際の開発作業も当時2,3名のスタッフに任せていて、常駐先の会社でこっそりと自社製品の開発をしていました。スタッフも空き時間が多かったので、総勢4名で数か月開発をしていて、この時に「writeWired CMS Platform」という名前も決まり、発表・リリースに至りました。writeWired CMS Platform の初期開発費用はその大手人材会社によるもの、と言って過言ではありません。(胸を張って言えることでもありませんが・・・)

しかし、writeWired CMS Platform の基本的な考え方は2005、6年くらいに漠然と考えていた「こんな項目の設定を増やしたらシステムの改修の必要なく、その項目の登録が出来るようになる」というものから変わっていません。writeWiredは「CMSを作りたい」という気持ちから生まれたわけではなく、writeWired が生まれた理由は、「自分がこういうツールがあればいいな、と思ったのがたまたまCMSでした」というものです。

というわけで、長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。
次回は「パッケージとして必要な機能を考えたけど・・・」という感じで、リリースした後に起きた writeWired  の変化について書いてみたいと思います。

必要事項をご記入の上、「確認画面へ」ボタンを押して下さい。

CMSをお探しですか?

効率的なWebサイト管理にデジタルマーケティング機能を統合した、国産で唯一のCMS。 writeWired cMS Platform (ライトワイヤード)

詳しく見る

最近の投稿

人気の記事

Archives

今すぐ資料をダウンロード

03-6418-9221

今すぐ資料をダウンロードして
writeWired CMS Platform の詳細をご覧ください。

必要事項をご記入の上、「確認画面へ」ボタンを押して下さい。