効率的なWebサイト管理にデジタルマーケティング機能を統合した、国産で唯一のCMS
  • TEL: 03-6418-9221

writeWired CMS 開発日誌

多くの大規模サイトを支えた開発基盤を利用し、
大規模Webサイト向けに設計・開発されたCMS、"ライトワイヤード"の開発スタッフブログです。

CMS、作ってみてどうだった?

自分がこういうツールがあればいいな、と思ったのがたまたまCMSでした。そして自社製品となるCMSを開発。リリースした後、どういう変化があったか書いてみます。

こんにちは、STSD株式会社の代表、鴻田です。

前回記事の「なんでCMSを作ろうを思ったの?なぜCMSだったの?」の続きです。自社製品のCMSを開発。リリースした後、どういう変化があったか書いてみたいと思います。

前回記事で「自分がこういうツールがあればいいな、と思ったのがたまたまCMSでした」と書きましたが、もちろん、そのまま製品に出来るはずもなく、実際には「パッケージとして開発、販売するのであれば、何が出来ればCMSって呼んでいいのだろうか?」と考え、色々な製品を調べました。当然ですよね。かなりの時間を費やしたと思います。

調べていた当時はブログが一斉に流行りだした頃だったと思います。Webサイトは今ほど身近、当たり前のものではなく、作るにも、更新するにしても、プロフェッショナルな制作会社に頼むものという考え方が一般的だったと思いますが、ブログの出現によって「Webサイト簡単に更新出来るもの」というイメージが浸透し始めました。ブログはどちらかと言うと個人向けの情報発信ツールのようなものでしたが、企業サイトも同様に簡単に更新出来るようしていこう、という流れになりました。

今もそうなんですが、当時から「CMSとはこういうもの」という決まりがない曖昧な分野の製品なのですよね。今でも「CMSとは?」とGoogleで調べてみると、「CMSとは、コンテンツ・マネジメント・システムの略で、専門知識の必要なく、Webサイトを管理・更新できるシステムのことをいいます。」程度の定義しかありません。顧客管理システムや会計システムと聞くと何となく「これが出来ればその製品として考えて良い」とものがあったりしますが、CMSが取り扱うのは決まった形のない「Webサイト」というもので、「こういうWebサイトをこうやって更新できる」という定義が無かったのです。(今も決まった定義はない、と言っていいと思います。)

しかし、ブログがWebサイトの構成、出来ることが比較的明確でわかりやすかったので、誰でも思い浮かべるというか、Webサイトの最大公約数的な機能になり、企業サイトでも同じように考えられました。機能としてまとめると以下のようになると思います。
 
  • トップページがある。
  • カテゴリーごとのトップページがある。
    このページには、そのカテゴリーに含まれるページの一覧を表示して使う人にわかりやすいように。
  • 各ページがある。

あとは、付随要素として、ヘッダー、フッター、ナビゲーション、バナーくらいでしょうか?あとは当時の流行りというか、よく挙げられていたのがRSSやトラックバックがあると思います。

つまり、逆を言うとこれだけ出来ればCMSと呼んでよいのです。(多分)

そこで当時、自社CMSの機能・在り方を下のように考えていました。
 
  1. 設定で入稿画面が出来て、簡単にページの登録が出来て、
  2. トップページやディレクトリのトップはパッケージとしてのテンプレートが用意されていて、
  3. バナーも画像サイズ、期限を設定できて、
  4. RSSが自動で出力できて、
  5. 一覧は自動生成するモジュールで簡単に表示できる

1については、元々のCMS開発の動機が「フォーマットされたコンテンツ登録画面を都度システムの改修無しに出来るようにしたい」ということだったので、十分な柔軟性を持たせました。

2~5に関しては「ある程度の柔軟性は持ちつつ、汎用性な機能をもったもの」をHTMLタググの構造は変更でき、その他cssなどは各サイトに変更できるものを用意しました。

しかし、製品自体が中規模以上のサイトをターゲットにしていたので、導入事例が増えていくにつれ、以下のような事態になりました。
 
  1. 設定で入稿画面が出来て、簡単にページの登録が出来て、
    →一言でサイトと言っても、更新する情報の構造が全く違い、一般的なシステムと比較すると情報の粒度がとても細かい、と再認識しました。しかし、小さな粒度でデータを管理出来るようにしておいたことで、すべての要件に対応出来ました。というより、このおかげで導入いただけたようなようなものです。
     
  2. トップページやディレクトリのトップはパッケージとしてのテンプレートが用意されていて、
    →すべてのケースでお客さんがデザインを提示されたので、1からそれに合うように作り直しました。
     
  3. バナーも画像サイズ、期限を設定できて、
    →バナー画像を管理する機能を用意していたのですが、テキスト、入り組んだHTMLバナーの場合もあり、表示する条件の要件もサイトにより違ったので、結局使いませんでした。
     
  4. RSSが自動で出力できて、
    →RSSに含めていい記事がサイトごとに違うため要件に合わせて開発しました。
     
  5. 一覧は自動生成するモジュールで簡単に表示できて
    →一覧に含めるページ(コンテンツ)の種類、表示する内容、表示する条件、順番、出力するHTMLのすべてサイトにより要件が全く異なったので、これもサイトごとに開発しました。

幸い、最初から規模の大きなサイトへ導入をしていただけたので、要件が明確でサイトのデザイン、各出力仕様もすべて決まっていました。そういったサイトに対して汎用的に使えるパッケージの標準機能として用意するのには無理があったのだと思います。

全くの無名の自社製品を導入していただくのに「仕様なので出来ません。我慢するかサイトの方を変えてください」なんて製品側の勝手な主張をするわけにもいきませんし、「製品が対応できない=システム屋としてやっている我々の能力が低いから」と思われてしまう気がしたので、パッケージの方にサイトごとに違う方式を取り入れられるよう関数のようなものを追加して対応していきました。

なぜ、関数のようなものを追加したかというと、なんとなくですが「パッケージの標準機能」的なものがあった方が良いのではないかと思ったからです。「これは標準機能で出来ますか?」とか聞かれたり、「標準機能はこちらです」とか言ってみたくなりますし、何かの基準としてあるべきだと考えたんですよね。

普通のCMSであれば、これらの関数のような集りが製品の標準機能となっていって「対応できる・できない」を決定づけていくものになったのかも知れませんが、どういう訳か、導入サイトごとに全く違う要件が重なり、難易度もどんどん高まっていきました。その中で「いえ、これは製品の機能に無いので出来ません」とは、やはり言いたくなく、標準機能としての関数のようなものですら無くなっていきました。

例えば、記事一覧を表示するものだけでも、サイトによって違ってきますし、予測が出来ない全バリエーションを含んだ機能を予め準備するのは現実的には不可能ですし、役に立たない機能を持っていても仕方がありません。

どうしても「お客さんしたいことを実現する=パッケージベンダーという立場より前のシステム屋としての使命」と考えてしまうので、それが出来るCMS、ということで開発をしていくと、サイトで利用できる標準的な機能は無くなってしまいました。(結構な期間をかけて作ったものだったのですが、今となっては跡形もありません・・・)

今のパッケージの機能としては「CMS内に登録するコンテンツのフォーマットを自由に設定できて、保管されたコンテンツを自由に持ってこれる」これしかありません。あとはそれらを使っていかようにでも使って開発出来るようにしました。

しかし一方で、公開するWebサイトでは標準機能と言えるものは無くなってしまったので、「これは標準の機能で出来ますか?」と質問されると回答に詰まってしまいます。「標準機能というものはありませんが、出来ますよ」と聞く方は少し不安になるような受け答えしかできないので・・・。

ただ、「標準機能」という言葉自体、CMSという製品分野では受け取る人によって意味が千差万別になってしまうので、あまり使わない方がいいと思っています。パンクズ、サイドナビゲーション、バナー、コンテンツの一覧などをよく見かけますが、標準って無いと思うのですよね。そのベンダーが言っている標準があなたの標準とは限らないですし。しかし、開発するベンダー側からすると、機能一覧の表などを作った時に確実に行を増やすことが出来て、カバー範囲を広く見せたがるので、ついつい書いてしまうんでしょうね。このあたりはよく「CMSは機能比較表で選んではいけない」と言われる所以だと思いますので、ベンダーが書く標準機能はあまり気にせず、自分がしたい事が出来るか確認した方がいいと思います。

あ、念のためもう一度書いておきます。弊社製品、writeWired CMS Platform には公開するWebサイト側の標準機能はありません。でもあなたがやりたいことは必ず実現できますので、サイトのリニューアルなどお考えの際はお気軽にお問合せください。

というわけで、長文を最後まで読んでいただきありがとうございました。
 

必要事項をご記入の上、「確認画面へ」ボタンを押して下さい。

CMSをお探しですか?

効率的なWebサイト管理にデジタルマーケティング機能を統合した、国産で唯一のCMS。 writeWired cMS Platform (ライトワイヤード)

詳しく見る

最近の投稿

人気の記事

Archives

今すぐ資料をダウンロード

03-6418-9221

今すぐ資料をダウンロードして
writeWired CMS Platform の詳細をご覧ください。

必要事項をご記入の上、「確認画面へ」ボタンを押して下さい。