CMSにデジタルマーケティング機能を統合。ライトワイヤード
CMSの基礎知識

その3. 静的CMSと動的CMS

静的と動的、聞いたことあるけど、どう違うんだろう?どっちがいいの?そんな疑問をお持ちの方に。

静的CMSと動的CMS

CMSには、コンテンツの生成方式により「静的CMS」と呼ばれるものと「動的CMS」の大きく二種類があります。

静的CMS

CMSサーバー上でHTMLや画像、cssなどの素材を出力して、Webサーバーに送信します。CMSサーバーが実際にユーザーがアクセスするWebサーバーとは別になるので、セキュリティを確保しやすい、またHTMLを戻すだけなので、サーバーの設備投資を抑えられるというメリットがあります。

ただし、都度Webサーバー全体のHTMLを生成する、「サイトの再構築」をする必要があり、ページ量に比例して処理時間が長くなります。その間はWebサイトが止まってしまうといったCMS製品もあります。

また、Webサイトを訪れた全ユーザーに同じ内容のHTMLを表示するので、ユーザーごとにおすすめのコンテンツを表示したい、などの場合、その部分は別のサービスを利用する必要が出てきます。

動的CMS

ユーザーからサーバーにアクセスがあった時に、CMSサーバー内にあるデータを集めて、都度HTMLをユーザーに戻します。ユーザーからアクセスがあった時に、そのユーザーに対してのHTMLをプログラムで組み立てて戻すので、おすすめコンテンツの表示などをすることが出来ます。

ユーザーからアクセスが来た場合に最新のサイトの状態のHTMLを戻すため、静的CMSのようにサイト全体を再構築する必要はありません。ただし、都度、プログラムが最新の状態のHTMLを生成するので、サーバーに対する負荷は高くなるので、アクセスが多いサイトの場合はサーバーへの設備投資が必要です。

オープンソースのCMS製品によっては外部から直接CMSのプログラムを意図的に操作されてしまうセキュリティの問題も多くありますので、オープンソースのCMS製品を利用する場合は、継続的なセキュリティ対応状況の確認が必要です。

どちらが優れているという訳ではない

ここでは、静的CMS、動的CMS、両方の種類のCMSの特長をご説明しましたが、どちらがCMSとして優れている、ということはありません。

静的CMSでご説明したWebサイトの再構築も、CMS製品によっては数万ページもの再構築をを数十分で終わらせるものもあります。また、コンテンツをお勧めしたい場合も、静的なファイルとしてプログラムを出力して、そのプログラムだけが動的なサービスを展開すると言ったことも、やろうと思えば可能です。

動的CMSも最近は特にサーバーは安くなってきてるので、負荷の増加とともに徐々にサーバーを増強していくことも可能です。セキュリティ対策もオープンソースであれば定期的にパッチを適用したり、商用CMSであればほとんどその心配はないでしょう。ユーザーに対しておすすめのコンテンツを表示するなどの柔軟な処理は、動的CMSだからこそ実現できるといったものもあります。

どのようなWebサイトで、どのようなコンテンツを提供し、どのような体制で運用するかによって、向き不向きも出てきます。上述のように、ともに不得意な部分はある程度カバーは出来るので、あとは各CMSが持つ良いところが、いかに自分が考えているWebサイトに向いているかによって選択すると良いでしょう。