CMSにデジタルマーケティング機能を統合。ライトワイヤード
これだけはおさえておこう マーケティングオートメーション(MA)の基礎知識 その4.

マーケティングオートメーション(MA)のツールを決めるときに気をつけるポイント

マーケティングオートメーション(MA)のツールを選ぶ際のポイントについて詳しく解説。機能、使いやすさ、拡張性、コストなどを考慮し、ビジネスニーズに最適なツールを選ぶためのポイントを紹介します。
マーケティングオートメーション(MA)のツールを選ぶ際には、以下のポイントに注意することが重要です。
 
  1. 機能と目的
    MAツールの提供する機能を詳しく調査し、ビジネスのニーズに合致するかどうかを確認します。必要な機能が揃っているか、ターゲットセグメンテーション、メールマーケティング、トラッキング、レポートなどの機能が含まれているか確認しましょう。
     
  2. 使いやすさ
    ツールは使いやすく直感的であることが重要です。ユーザーインターフェースがわかりやすく、操作が簡単であることを確認しましょう。デモやトライアルを利用して、実際に使いながら評価することも有益です。
     
  3. 拡張性と統合
    MAツールは他のマーケティングツールやシステムとの統合がスムーズに行えるかを確認しましょう。既存のCRMシステムや電子商取引プラットフォームとの連携が可能であるか、APIやプラグインの提供があるかなどを調査します。
     
  4. サポートとトレーニング
    ツールの提供元が適切なサポートやトレーニングを提供しているか確認しましょう。導入後に問題が発生した場合や新機能の活用方法を学ぶために、迅速かつ効果的なサポートが得られることが重要です。
     
  5. コストとROI
    ツールの価格体系を評価し、予算に合致するかどうかを確認します。また、ツールの導入による期待される収益性や投資対効果(ROI)を検討しましょう。追加の機能やサービスに関連する費用も考慮する必要があります。
     
  6. ベンダーの信頼性と評判
    ツールの提供元の信頼性や評判を確認しましょう。ベンダーの実績、業界での評判、顧客のレビューやフィードバックなどを調査することで、信頼性の高いツールを選ぶことができます。

これらのポイントに留意することで、マーケティングオートメーションツールの選定プロセスをより効果的に進めることができます。

こちらもおすすめこのコンテンツは ChatGPT のAI機能がおすすめしています。おすすめ方法の詳細はこちらをご覧ください。

マーケティングオートメーション(MA) writeWiredは、そのユーザー行動分析機能が導き出したデータをもとに、顧客ひとりひとりの状況に合わせて最適なマーケティングアクションを自動で実行できます。CMS(コンテンツ管理)をベースに、メール配信、フォーム管理、顧客・会員管理、顧客行動分析などのマーケティング機能がオールインワンで搭載されているため、デジタルマーケティングに必要なアクションをシームレスに展開できることが特長です。対象顧客の抽出フィルター、対応アクション、自動化シナリオも簡単に設定できます。 CMS 導入事例 | ⼤規模会員サイトの構築でMR活動を補完(製薬会社) MRの活動を補完する情報提供チャネルとして医師との新たな関係性を築き、⾃社製品の選択につなげる大規模会員サイトを構築。会員数や訪問数などが順調に向上し、医師の動向のMRへの継続的なフィードバックが可能に。 機能 コンテンツ管理 (CMS)、フォーム・問合せ・リード管理、顧客・会員管理と会員サイト、メール配信、ユーザー行動履歴分析、基幹システム連携、パーソナライゼーション、マーケティングオートメーション(MA)。デジタルマーケティングに必要な機能をすべて揃えたオールインワンパッケージです。 フォーム管理 送信フォームはデジタルマーケティングに欠かせないコンバージョンポイントであり、Webコンテンツと併せてサイト上に容易に展開できなければなりません。writeWiredのフォームは、専門知識がなくても用途に合わせて自由に設計し簡単に設置できます。入力された情報は自動でデータベース化され、顧客管理やアクセスログ、メール配信などと連携しながらカスタマージャーニーを明確化し、マーケティング部門が適切なアクションをとれるようになります。
\ マーケティングオートメーション(MA)ができるCMSをお探しですか? /

お問い合わせ・ご相談は
フォームからお気軽に

お役立ちコンテンツ

サイト内検索