CMSにデジタルマーケティング機能を統合。ライトワイヤード
お役立ちコンテンツ

CMSの選び方:重要な要素と比較ポイント

適切なCMSを選ぶ際に考慮すべき要素や比較ポイントについて解説しています。スケーラビリティ、カスタマイズ性、使いやすさ、統合性、セキュリティなど、検討すべき要素について詳しく紹介しています。情報を総合的に評価し、自分のニーズに最適なCMSを選ぶための参考にしてください。

1.機能と柔軟性

CMSが提供する基本機能や高度な機能を評価し、自社のニーズに合致するかどうかを確認します。また、カスタマイズ性や拡張性が高いかどうかも重要なポイントです。
  1. 基本機能
    CMSが提供する基本的な機能は、コンテンツの作成、編集、公開、削除などです。これらの機能が直感的かつ効率的に操作できるかどうかを評価しましょう。
     
  2. コンテンツタイプ
    CMSがどのような種類のコンテンツ(テキスト、画像、ビデオ、オーディオなど)をサポートしているか確認します。また、複数のコンテンツタイプを組み合わせて使用できる柔軟性も重要です。
     
  3. カスタムフィールドとデータベース
    カスタムフィールドを作成し、特定のデータを追加できるかどうかを確認します。柔軟なデータベース構造があるCMSでは、独自のデータモデルを構築できます。
     
  4. ユーザー管理
    CMSが提供するユーザー管理機能を確認しましょう。ユーザーの役割と権限を細かく設定できるかどうか、複数のユーザーアカウントを作成できるかどうかなどを評価します。
     
  5. 多言語サポート
    グローバル展開を考えている場合、CMSが複数言語をサポートしているかどうかを確認しましょう。多言語コンテンツの管理と翻訳プロセスのサポートが重要です。
     
  6. ワークフローとバージョン管理
    CMSがワークフロー管理機能を提供しているかどうかを確認します。コンテンツの承認プロセスや変更履歴の管理が容易であるかどうかも重要です。
     
  7. カスタマイズ性と拡張性
    CMSがカスタマイズや拡張に対してどれだけ柔軟であるかを確認します。テーマやプラグインの追加、独自の機能の開発が容易かどうかを評価しましょう。
     
  8. APIとサードパーティサービスの統合
    CMSが外部サービスやツールとの連携に対してどれだけ対応しているかを確認します。APIの提供やサードパーティツールとのシームレスな統合が可能かどうかを評価しましょう。

2.ユーザビリティ

CMSの使いやすさが重要です。直感的なインターフェースや編集機能の使い勝手、操作性などを評価しましょう。ユーザビリティが高いCMSは、学習コストを削減し効率的な作業を可能にします。
  1. インターフェースの直感性
    CMSのインターフェースが直感的かどうかを評価します。ユーザーが必要な機能を容易に見つけられるか、作業フローがわかりやすいかなどを確認します。
     
  2. ユーザーエクスペリエンスのシンプルさ
    CMSの使用中にユーザーが直面する障壁や複雑さの程度を評価します。シンプルで分かりやすい操作やワークフローが提供されているかどうかを確認しましょう。
     
  3. 編集機能の使いやすさ
    CMSが提供する編集機能が使いやすいかどうかを評価します。テキストや画像の編集、レイアウトの変更、リンクの追加などが直感的で効率的に行えるかを確認しましょう。
     
  4. レスポンシブデザイン
    CMSの管理画面がレスポンシブデザインに対応しているかどうかを確認します。異なるデバイスや画面サイズでも使いやすいかどうかを評価しましょう。
     
  5. エラーメッセージとヘルプ機能
    CMSが適切なエラーメッセージやヘルプ機能を提供しているかどうかを確認します。ユーザーがエラーに遭遇した場合に、問題の特定や解決方法のサポートが適切に行われるかを評価しましょう。
     
  6. ドキュメンテーションとサポート
    CMSのドキュメンテーションやサポートリソースの充実度を確認します。使い方やトラブルシューティングに関する情報が十分に提供されているかどうかを評価しましょう。
     
  7. ユーザーテストとフィードバック
    CMSのユーザーテストやフィードバックプロセスが行われているかどうかを調査します。ユーザーの意見や要望を収集し、改善やアップデートに反映されているかを評価しましょう。

3.デザインとテンプレート

ウェブサイトのデザインと視覚的な要素は重要です。CMSが提供するデザインテンプレートの品質や選択肢、カスタマイズの容易さを評価しましょう。
  1. テンプレートの種類と選択肢
    CMSが提供するテンプレートの種類と数を確認します。ビジネス、ポートフォリオ、ブログなど、さまざまな目的や業界に適したテンプレートが用意されているかを評価しましょう。
     
  2. デザインの品質と視覚的な要素
    CMSが提供するデザインの品質や視覚的な要素(カラースキーム、フォント、アイコンなど)を確認します。モダンで魅力的なデザインがあり、ウェブサイトに適した外観を実現できるかを評価しましょう。
     
  3. カスタマイズ性とフレキシビリティ
    テンプレートのカスタマイズ性がどれだけ高いかを確認します。テンプレートのカスタマイズが容易であり、独自のブランディングやデザインの適用ができるかどうかを評価しましょう。
     
  4. レスポンシブデザイン
    テンプレートがレスポンシブデザインに対応しているかどうかを確認します。さまざまなデバイスや画面サイズでの利用時に、ウェブサイトが適切に表示されるかどうかを評価しましょう。
     
  5. カスタムテンプレートの作成
    CMSがカスタムテンプレートの作成をサポートしているかどうかを確認します。独自のデザインやレイアウトを作成し、ウェブサイトに完全なカスタマイズを加えることができるかどうかを評価しましょう。
     
  6. プレビューとテスト
    テンプレートのプレビューやテストの機能が提供されているかどうかを確認します。テンプレートを実際に確認し、ウェブサイトの外観やユーザーエクスペリエンスを評価できるかどうかを評価しましょう。
     
  7. テンプレートのアップデートとサポート
    テンプレートのアップデートやサポートが定期的に行われているかどうかを確認します。新機能やセキュリティの改善、バグ修正などが適切に提供されるかどうかを評価しましょう。

4.SEO機能

検索エンジン最適化(SEO)はオンラインプレゼンスの重要な要素です。CMSがSEOに対してどのような機能を提供しているか、URLの最適化、メタデータの管理、構造化データのサポートなどを確認します。
  1. メタデータの管理
    CMSがメタデータ(タイトルタグ、メタディスクリプション、キーワードなど)の編集と管理をサポートしているかを確認します。各ページのメタデータを最適化することで、検索エンジンのインデックスに適切に表示されるようになります。
     
  2. URLの最適化
    CMSがSEOフレンドリーなURLを自動生成する機能を持っているかどうかを確認します。短く、意味のあるキーワードを含むURL構造は、検索エンジンのクローラーにとって理解しやすくなります。
     
  3. サイトマップの生成
    CMSがXMLサイトマップの生成を自動化してくれるかどうかを確認します。サイトマップは検索エンジンにウェブサイトの構造を伝えるために重要であり、クローラーがすべてのページを発見しやすくなります。
     
  4. 構造化データのサポート
    CMSが構造化データ(Schema.orgなど)をサポートしているかどうかを確認します。構造化データは、検索結果ページでリッチスニペットと呼ばれる拡張情報を表示するために使用され、クリック率や表示順位の向上に寄与します。
     
  5. ソーシャルメディアの統合
    CMSがソーシャルメディアの統合をサポートしているかどうかを確認します。ソーシャルシェアボタンやメタタグを簡単に追加できる機能があると、ウェブサイトのソーシャルシェアや拡散が容易になります。
     
  6. SEOプラグインやツールのサポート
    CMSがSEOプラグインやツールのサポートを提供しているかどうかを確認します。SEOプラグインやツールは、キーワードの研究、内部リンクの最適化、ページスピードの測定など、より詳細なSEO作業を支援します。
     
  7. ページ速度とパフォーマンス
    CMSがページ速度とパフォーマンスを最適化する機能を提供しているかどうかを確認します。高速な読み込み時間と最適なパフォーマンスは、ユーザーエクスペリエンスの向上と検索エンジンのランキングに影響を与えます。

5.セキュリティとパフォーマンス

CMSのセキュリティ対策やパフォーマンスに関するポリシーや機能を評価します。データの保護やセキュリティアップデートの提供、高速なパフォーマンスなどが重要な要素です。

セキュリティに関する要素

  1. セキュリティパッチとアップデート
    CMSが定期的にセキュリティパッチやアップデートを提供しているかどうかを確認します。セキュリティ上の脆弱性に対処するために、最新のバージョンを利用できるかどうかを評価しましょう。
     
  2. ユーザーアクセスと権限管理
    CMSがユーザーアクセスと権限管理をサポートしているかどうかを確認します。ユーザーごとに適切なアクセス権限を設定できるか、管理者や編集者などの役割ごとに細かく制御できるかを評価しましょう。
     
  3. データバックアップと復元
    CMSがデータのバックアップと復元機能を提供しているかどうかを確認します。万が一のデータ損失や障害発生時に、データを迅速かつ正確に回復できるかどうかを評価しましょう。
     
  4. セキュリティ対策と防御機能
    CMSがセキュリティ対策や防御機能を提供しているかどうかを確認します。不正アクセスや悪意のある攻撃からウェブサイトを保護するための機能やツールが提供されているかを評価しましょう。

パフォーマンスに関する要素

  1. ページ速度と読み込み時間
    CMSが高速なページ速度と短い読み込み時間を実現するための最適化機能を提供しているかどうかを確認します。パフォーマンスの向上は、ユーザーエクスペリエンスと検索エンジンランキングの向上に寄与します。
     
  2. キャッシュ管理
    CMSがキャッシュ管理機能を提供しているかどうかを確認します。キャッシュを効果的に活用することで、ページの表示速度を向上させ、サーバー負荷を軽減することができます。
     
  3. スケーラビリティとパフォーマンス管理
    CMSがスケーラブルなアーキテクチャやパフォーマンス管理ツールを提供しているかどうかを確認します。ウェブサイトのトラフィックや利用者数が増えても、パフォーマンスを維持できるかどうかを評価しましょう。
     
  4. クローラーと検索エンジン最適化
    CMSが検索エンジンのクローラーに対して最適なコンテンツ構造やメタデータを提供し、クローラビリティを向上させる機能を持っているかどうかを確認します。

6.サポートとコミュニティ

CMSのサポート体制や利用者コミュニティの活発さも重要です。問題が発生した場合に適切なサポートを受けられるか、情報やリソースにアクセスできるかどうかを確認しましょう。
  1. サポートチャンネル
    CMSの提供するサポートチャンネルを確認します。公式なサポートメールやチャット、電話サポートなどが提供されているかを評価しましょう。サポートの迅速な対応と質の高いサービスは重要です。
     
  2. ドキュメンテーション
    CMSのドキュメンテーションの質と充実度を確認します。使い方や設定方法、トラブルシューティングに関する情報が詳細かつ分かりやすく提供されているかどうかを評価しましょう。
     
  3. ユーザーコミュニティ
    CMSの利用者コミュニティの活発さを確認します。公式フォーラムやメーリングリスト、ソーシャルメディアグループなどがあり、ユーザー同士の情報交換や相互サポートが行われているかどうかを評価しましょう。
     
  4. アップデートと改善
    CMSの開発者や運営会社がアップデートや改善を定期的に行っているかを確認します。バグ修正や新機能の提供、セキュリティパッチのリリースなどが継続的に行われているかどうかを評価しましょう。
     
  5. コミュニティの貢献度と活性化
    CMSのコミュニティが貢献度の高いプラグインやテーマ、拡張機能を提供しているかどうかを確認します。コミュニティが活性化しており、ユーザーが積極的に開発や改善に参加しているかを評価しましょう。
     
  6. ユーザーフィードバックの取り組み
    CMSの開発者や運営会社がユーザーフィードバックを受け入れているかどうかを確認します。ユーザーの意見や要望が重視され、製品の改善や機能の追加に反映されているかを評価しましょう。

7.バージョン管理とアップデート

CMSのバージョン管理機能やアップデートポリシーを調査します。セキュリティパッチや新機能の提供、バージョンアップグレードの容易さなどが重要です。
  1. バージョン管理の仕組み
    CMSが適切なバージョン管理の仕組みを持っているかどうかを確認します。バージョン管理により、過去のバージョンや修正履歴を確認し、必要な場合に特定のバージョンに戻ることができます。
     
  2. アップデートの提供頻度
    CMSの開発者がアップデートを定期的に提供しているかどうかを確認します。セキュリティパッチ、バグ修正、新機能の追加などのアップデートが適切に行われているかを評価しましょう。
     
  3. アップデートの容易さ
    CMSのアップデートプロセスが簡単かどうかを確認します。アップデートの手順が明確であり、容易に実行できるかどうかを評価しましょう。自動アップデート機能が提供されているかどうかも重要です。
     
  4. 互換性の管理
    CMSのアップデートが、既存のテーマやプラグインとの互換性を保っているかどうかを確認します。重要な機能やデザインの変更によって既存の要素が壊れることなく、スムーズにアップデートできるかどうかを評価しましょう。
     
  5. バックアップと回復
    アップデート中に問題が発生した場合に、データや設定を簡単にバックアップし、回復できる機能が提供されているかどうかを確認します。アップデートに伴うリスクを最小限に抑えるためには、バックアップと回復の手段が重要です。
     
  6. リリースノートと変更履歴
    CMSが詳細なリリースノートや変更履歴を提供しているかどうかを確認します。アップデートの内容や修正点が明確に記載されているかを評価しましょう。

8.ライセンスとコスト

CMSのライセンス形態やコスト構造を評価します。オープンソースCMSや商用CMSの違い、ライセンス費用や追加費用(プラグインやテーマなど)を考慮しましょう。
  1. ライセンス形態
    CMSのライセンス形態を確認します。一般的な形態には、オープンソースライセンス(例:GNUGeneralPublicLicense)、商用ライセンス、クラウドベースのサブスクリプションなどがあります。それぞれのライセンス形態の利点と制約を理解しましょう。
     
  2. ライセンス費用
    商用CMSの場合、ライセンス費用が発生するかどうかを確認します。ライセンスの購入や更新にかかる費用を予算に合わせて評価しましょう。また、オープンソースCMSの場合は、ライセンス費用がないか、ある場合でも比較的低コストで利用できるかを確認しましょう。
     
  3. 追加費用
    CMSの追加費用を考慮します。例えば、特定のプラグインやテーマの購入、カスタマイズ作業、ホスティングやサーバーの費用などが含まれます。これらの追加費用が予算内に収まるかどうかを評価しましょう。
     
  4. サポートと保守契約
    CMSのサポートや保守契約が別途必要かどうかを確認します。商用CMSの場合、追加のサポート契約やメンテナンス費用が発生することがあります。必要なサポートレベルと予算を考慮しましょう。
     
  5. カスタム開発の費用
    CMSに独自の機能やデザインを追加する場合、カスタム開発が必要になる場合があります。カスタム開発にかかる費用やリソースを評価し、予算に適合しているかどうかを確認しましょう。

こちらもおすすめこのコンテンツは ChatGPT のAI機能がおすすめしています。おすすめ方法の詳細はこちらをご覧ください。

機能やデザインの制約がないテンプレート開発が可能 デザインや機能に制約を設けずに自由にCMSテンプレートを開発できるため、ブランドイメージを損なうことなく、あらゆる用途・種類・規模のWebサイトをCMS化することができます。 テンプレート種類(2) 組込コンテンツ サイト内の複数のページで共通して利用される要素を組込コンテンツとしてパーツ化することにより、一度の修正ですべての掲載ページに反映させることができます。独自の処理を組み込んで、ユーザーごとに表示される情報を変えることも可能です。 テンプレート種類(1) コンテンツ お客様の目的に合ったデザインと機能を備えたCMSテンプレートを、制約なく自由に開発できます。編集画面はコンテンツの種類やウェブ担当者のスキルに合わせて設計され、入力した情報はデータベースに自動で登録されます。 コンテンツ管理 (CMS) writeWiredは、使いやすい管理画面でサイトごとにコンテンツを一元管理することにより、大規模サイトでも効率的な運用が可能です。専門知識がなくても簡単かつスピーディーにコンテンツの作成・更新ができるため、ビジネスの変化に遅れることなく最新情報やサービスの提供が可能になります。CMSテンプレートは機能やデザインの制約を設けずに自由に開発できるため、ブランドイメージやデザインガイドラインを守りながら、あらゆる用途・種類・規模のWebサイトをCMS化することができます。 ブロック+定型フォームで効率を最大化 制約なくCMSテンプレートを開発できるwriteWiredなら、ひとつのテンプレートの中で、自由度の高い「ブロック積み上げ方式」と省力化の可能な「定型フォーム入力」を組み合わせ、コンテンツ管理の効率を最大限に高めることができます。 定型フォームで効率的なページ編集 定型フォームに必要な情報を入力していくだけで、ページを作成・更新することも可能です。種類や情報量の多い製品情報、更新が頻繁に行われる求人情報やセミナー情報など、掲載要素の固定された大量コンテンツを効率的に更新できます。

お役立ちコンテンツ

サイト内検索