CMSにデジタルマーケティング機能を統合。ライトワイヤード
これだけはおさえておこう CMSの基礎知識 その1.

CMSとは?CMSで出来ること

CMS、よく耳にするようになったけど、いったいどんなものだろう?という方に。

CMSとは

CMSはコンテンツマネージメントシステム(Content Management System)の略です。コンテンツは「中身」「内容」という意味で、インターネットでは主に「文字」「音楽」「画像」「動画」などの情報(またはそのまとまり)について「コンテンツ」と呼ばれますが、CMSという言葉は主にWebサイトのページの更新を目的にしたシステムのことを言います。

CMS出現以前

従来、Webサイトの更新にはWebの専門の知識をもった人が作ったHTML,css,画像などのファイルを作成して、FTP呼ばれるツールを使って、Webサーバーにアップロードする必要がありました。1枚ずつ手作りなので、新規に作成するのはもちろん、ヘッダー、ナビゲーション、フッターなどの共通部分に変更が入ると、過去のHTMLをすべて手作業で修正する必要があり、膨大な作業量が必要でした。

CMS出現後

しかし、CMSの登場により、Webの専門知識が無い人でも、ブラウザで用意されたCMSの管理画面を使ってWebサイトに掲載したい文字や画像を登録することでWebサイトの更新ができるようになりました。Webサイトに表示する際のデザイン部分は、CMSが「テンプレート」と呼ばれる雛形を使って自動的に行うため、イメージを均一に保つことが出来ます。CMSを導入することにより、ページの作成や更新を効率よく行えるようになります。

CMSで出来ること

一般的なCMSで出来ることを簡単にまとめると以下のようになります。

  • ブラウザの管理画面からWebサイトの更新ができる
  • テンプレート化されるのでデザインが統一できる
  • スマートホン対応したサイトが更新できる
  • 掲載期間を指定できる
  • タグの構造も綺麗になり、またシステム的なSEO対策ができる
  • 変更履歴を保存できる
  • 複数人数で権限を付与してコンテンツを管理できる
  • 承認フローが利用できる
  • 多言語のサイトが構築できる
  • 複数サイトの運用ができる

しかし、上で述べたような事のすべてをカバーできるCMSはごく少数の大規模サイト向けCMSのみと言って過言ではありません。

CMSは管理するサイトにより、特定の目的、汎用的な内容と管理できるコンテンツの種類や対象とする規模もCMSによりまちまちです。目的・用途により数え切れない選択肢が出てくるので、CMSは選定するのがとても難しい製品と言えるでしょう。

もちろん、上で述べた「CMSで出来ること」すべてをカバーするCMSを選択しなくてはならない、というではなく、自社の目的に合った、無駄のない、最適なCMSを選択することがもっとも重要なゴールになります。

では、どのような事を知っておけば、自社にあったCMSを選択出来るのか。CMSの基礎知識として、メリット・デメリットやCMSの種類を、次以降でご説明いたします。

CMSの基礎知識

その1.

CMSとは?CMSで出来ること

CMS、よく耳にするようになったけど、いったいどんなものだろう?という方に。
その2.

CMSの必要性、メリット、デメリット

CMSがどういうものかは何となくわかっているけど、なぜ必要なのかな?メリットは?デメリットは?そんな疑問をお持ちの方に。
その3.

静的CMSと動的CMS

静的と動的、聞いたことあるけど、どう違うんだろう?どっちがいいの?そんな疑問をお持ちの方に。
その4.

CMSライセンスの種類

CMSってどういう料金形態があって、幾らくらいするものなの?という方に。
その5.

規模別にみたCMSの種類

CMSは、よく小規模、中規模、大規模と言われるけど、どう違うの?という方に。
その6.

CMSの導入を検討するタイミング

これからCMSを導入してみようか、あるいは、もうCMS導入してるんだけど、入れ替えのタイミングは?などにお悩みの方に
その7.

CMSの選定の最初に考えるべき重要なポイント

CMSの導入を検討しようと思っているんだけど、何か気を付けるポイント、注意点などのアドバイスが欲しいな、と思っている方に。
その8.

目的を叶えてくれるCMSを見つけるためのポイント

CMSがどんなもので、どんな種類があるか、大体の理解は出来たので、CMSの選定を始めたいんだけど、自社にあったCMS。どうやって探せばいいんだろう?と考えている方に。