これだけはおさえておこう CMSの基礎知識 その1.

CMSとは?CMSで出来ること

CMS、よく耳にするようになったけど、いったいどんなものだろう?という方に。

CMSとは

CMSはコンテンツマネージメントシステム(Content Management System)の略です。コンテンツは「中身」「内容」という意味で、インターネットでは主に「文字」「音楽」「画像」「動画」などの情報(またはそのまとまり)について「コンテンツ」と呼ばれますが、CMSという言葉は主にWebサイトのページの更新を目的にしたシステムのことを言います。

CMS出現以前

従来、Webサイトの更新にはWebの専門の知識をもった人が作ったHTML,css,画像などのファイルを作成して、FTP(*1)と呼ばれるツールを使って、Webサーバーにアップロードする必要がありました。1枚ずつ手作りなので、新規にページを追加する時はもちろん、ヘッダー、ナビゲーション、フッターなどの共通部分を変更するときは、過去のHTMLをすべて手作業で修正する、膨大な量の作業が必要でした。
*1 FTPは、File Transfer Protocolの略称でサーバーとクライアント間でファイルを送受信するための通信手法を決めたルールのようなものになります。本来は通信手法のルールですが、ファイルを受ける、サーバー側で動くソフトウェアをFTPサーバーと呼んだり、ファイルを送る側で利用するソフトウェアをFTPクライアントなどと呼びます。

CMS出現後

しかし、CMSの登場により、Webの専門知識が無い人でも、ブラウザで用意されたCMSの管理画面を使ってWebサイトに掲載したい文字や画像を登録することでWebサイトの更新ができるようになりました。Webサイトに表示する際のデザイン部分は、CMSが「テンプレート」と呼ばれる雛形を使って自動的に行うため、イメージを均一に保つことが出来ます。CMSを導入することにより、ページの作成や更新を効率よく行えるようになります。

CMSで出来ること

一般的なCMSで出来ることを簡単にまとめると以下のようになります。

  • ブラウザの管理画面からWebサイトの更新ができる
  • テンプレート化されるのでデザインが統一できる
  • スマートホン対応したサイトが更新できる
  • 掲載期間を指定できる
  • タグの構造も綺麗になり、またシステム的なSEO対策ができる
  • 変更履歴を保存できる
  • 複数人数で権限を付与してコンテンツを管理できる
  • 承認フローが利用できる
  • 多言語のサイトが構築できる
  • 複数サイトの運用ができる

しかし、上で述べたような事のすべてをカバーできるCMSはごく少数の大規模サイト向けCMSのみと言って過言ではありません。

CMSは管理するサイトにより、特定の目的、汎用的な内容と管理できるコンテンツの種類や対象とする規模もCMSによりまちまちです。目的・用途により数え切れない選択肢が出てくるので、CMSは選定するのがとても難しい製品と言えるでしょう。

もちろん、上で述べた「CMSで出来ること」すべてをカバーするCMSを選択しなくてはならない、というではなく、自社の目的に合った、無駄のない、最適なCMSを選択することがもっとも重要なゴールになります。

では、どのような事を知っておけば、自社にあったCMSを選択出来るのか。CMSの基礎知識として、メリット・デメリットやCMSの種類を、次以降でご説明いたします。

感想をお聞かせください