効率的なWebサイト管理にデジタルマーケティング機能を統合した、国産で唯一のCMS
  • TEL: 03-6418-9221

これからの会員サイトに求められるものは
"サイトの柔軟性" と "マーケティング"

企業が会員制サイトを求める理由

会員制サイトと聞くと、ECやSNSなどの一般消費者向けのサービスが思い浮かぶかもしれません。しかし最近では、BtoB企業も会員サイトの構築に力を入れています。これは、一般公開できない情報を必要な相手だけに公開するなどの密度の濃い情報提供と、そこから始まる親密なコミュニケーションが可能だからです。
会員制でないサイトの場合、利用者の属性や行動履歴を詳細に捕捉することができません。画一的なサイトになり、どうしても個々の利用者に沿わない部分が出てしまいます。会員制サイトであれば、一人ひとりにフォーカスし、欲しい情報が過不足なく手に入る心地よい利用体験を実現できます。

たとえば製造業の場合

一般公開できない製品情報を、取引拡大のため特定の顧客にのみ提供したい、というケースがあります。効率的な情報提供に有効なのが会員制サイトです。特定会員の閲覧権限を設定するだけでなく、顧客が関心を持つであろう分野の製品情報へのナビゲーションを強化することで、利用者の利便性がさらに向上します。

たとえば製薬業界の場合

製薬業界では、医師一人の判断により莫大な収益が生み出されることがあります。製薬会社にとって、医師との関係強化は重要な課題です。しかし数年前から、製薬会社の営業が医師と直接会って行う営業活動は大幅に制限されました。医師と営業の接点はデジタルのみに移行しつつあります。ここでも、医師の属性・状態を把握できる会員制サイト、サイト通じたコミュニケーションが不可欠となっています。

利用者がBtoBサイトに求めるもの

利用者が求めるものは、BtoCかBtoBかで大きく異なります。ECなどのBtoCでは、サイトを見て回り、必要な情報を探すことは利用者の楽しみにもなりますが、BtoBの場合は事情が異なります。日常品をBtoCサイトで購入するのが当たり前になった現在、利用者は、BtoBであってもBtoCサイトと同じ快適さを求めるようになりました。期待に応えるために必要なのは、一人ひとりの情報の収集・蓄積、それを元にした個別対応ができるサイトです。

BtoCの場合

サイト内の探索が楽しみの一部になることに加え、便利な機能も充実しています。お気に入りの商品や購入履歴をマイページで閲覧・管理できたり、そこからの再注文、関連する商品のレコメンドなど、個人の嗜好に合わせたコンテンツの表示と便利機能が充実しています。運営者側で個人の利用状況を把握した上での情報提供が可能なため、おすすめ情報のメルマガ送信をしても反応が良く、大いに活用されます。

BtoBの場合

BtoBサービスでは、サイト内の探索は仕事の一部です。探索に楽しさを見出すBtoCとはそもそもの原点が異なります。にも関わらず、レコメンドなど個人に合わせた情報提供がされない場合も多く、昔ながらの「知りたいことは自分で探す」構造になっているサイトが少なくありません。利用者の属性や段階に沿った内容にできないため、一斉メルマガ送信はかえって嫌われる要因になります。残念ながら、BtoCに比べるとまだまだ遅れていると言えるでしょう。

企業の取り組み

今、多くの企業が自社サイトを通じて顧客満足度を向上しようと取り組んでいます。"顧客"を"個客"として識別できる会員制サイトを構築し、顧客の望むコンテンツやサービスを提供して、顧客の囲い込みや他社との差別化に成功する企業サイトも増えてきました。顧客を知るために必要なのは、属性データや個人の嗜好を示す行動履歴のデータです。Webサイトからは個人を特定したアクセス履歴、メルマガ配信からはメールの開封率やメールに記載したURLのクリック率などを、参考データとして得ることができます。しかし、せっかく得たデータが分断され、有効活用できていないことも……。
たとえばアクセス解析と顧客データベースが結びついていないなど、せっかく取得した貴重なデータが活用されないまま、しまい込まれていないでしょうか。また、諸事情によってWebサイト運営・メルマガ配信・顧客管理などの業務を異なるサービスで管理しているケースもあります。この場合、各種データをツールを横断して総合的に分析し、顧客の姿を緻密に描くことが難しかったり、分析に大幅な手間がかかったりなど、有効かつ効率的なデータ活用ができません。
データを十分に活用できて初めて、顧客一人ひとりの動向、嗜好が見えてきます。成功しているサイトでは、データの活用から始めて、個人に合わせた快適さを提供できる企業サイトの構築に取り組んでいます。取得したデータを効率的に活用できる企業、きめ細やかな対応ができる企業サイトは、これからも着実に増えていくことでしょう。

エンゲージメントを高めるための会員サイト

「BtoBの会員制サイトなのだから、シンプルに会員にだけ閲覧可能にできるサイトや専用コンテンツを用意できればいい」「メールでのお知らせが必要ならば、会員全員に一斉メール配信をすればいい」と思っていませんか。ひとまとめに会員サイトといっても、用途・目的によって必要な機能は多様です。自社が顧客のために開設する会員制サイトで、利用者のためにできること、利用者が本当に必要としている機能やコンテンツは何でしょうか?
 画一的な機能やコンテンツでは、もはや利用者のニーズに応えられません。貴重な機会、重要な顧客を失うリスクすら伴ってきます。これからはBtoB領域でも、BtoCにも負けない便利なサイト、利用者が満足できる快適なサイトが増え、支持されていくでしょう。
 心地よく利用できるサイトを構築し、エンゲージメントを高めるためにまず必要なのは、顧客一人ひとりを理解するためのデータです。顧客データベースと紐付けるための情報の収集・蓄積です。アクセス履歴などの行動履歴と顧客データベースを紐付けることで、顧客の嗜好や状況に合わせた情報提供や、必要とされるアプローチがどのようなものかを判断できます。
そしてもうひとつ、欠かせないのが柔軟性の高い会員制サイトです。適切なデータ収集・分析ができたとしても、相手に応じた情報の出し分けなどの実際の対応策をどう実現するか、という課題が残っています。データを分析して思い描いた施策を実現できる、柔軟な会員制サイトが必要とされています。

"求められる会員サイト"を構築するための
各種サービスの比較

CRM系のASP/クラウドサービスが提供している機能
を使った会員サイトの構築

一般的に「顧客管理ASP」に分類されるような、顧客情報をデータベース化し一元管理を可能にして、営業履歴などの付随情報の管理とメール配信、効果測定など、マーケティングに最適化されたサービスです。個人情報を取り扱うことを前提にサービスを展開している企業なので、セキュリティの堅牢さは安心ですが、柔軟に変化するWebサイトのコンテンツとしての対応はあまり得意ではなく、画一的なデザインであったり、非常に汎用的な会員サイトの機能として最適化されているので、自社ならではのきめの細かいサービスを持った会員サイトを作る場合には不向きなといえます。

サイトの柔軟性=△
マーケティング=〇

オープンソース
を利用した会員サイトの構築

オープンソースを利用する魅力は何といってもコスト削減です。会員サイトの作成に熟練した制作会社に依頼して自社ならではのきめの細かいサービスを持った会員サイトを構築することは可能ですが、構築費用は当然必要になり、どうしても既存のプラグインやモジュールに頼ってしまうことになり、それらの開発やサポートが止まる可能性もあり、安全性が保証されたものばかりではありません。またメールの配信や効果測定などのマーケティング系の機能は別に用意しなければなりません。

サイトの柔軟性=〇
マーケティング=×

パッケージ型CMSが提供している機能
を使った会員サイトの構築

CMSが会員機能を拡張したものなので、作成できるコンテンツのバリエーションやマイページといった機能は充実しているものが多いですが、パッケージという性質から画一的な機能になってしまい、自社ならではのきめの細かいサービスを持った会員サイトを構築したい場合は、カスタマイズで対応するか、カスタマイズで対応できない場合は諦めることになります。またメール配信なども簡易的なメルマガ機能にとどまるものが多いため、マーケティングをきちんとやっていきたい場合は、別にマーケティング系のサービスの利用を考える必要があります。

サイトの柔軟性=△
マーケティング=△

writeWired CMS Platformを
使った会員サイトの構築

顧客との関係を向上するためには、目的にあったきめの細かな対応、おもてなしが必要です。一般的な会員サイトを対象して開発された会員サイトは一般的なおもてなししかできません。writeWired CMS Platformなら、サイトの要件、目的に沿った機能をCMSテンプレートとして開発することができ、顧客を知るためのサイトのアクセスログ、メールの開封、各URLのクリックログ自動で蓄積して、顧客とのエンゲージメントを高めるマーケティング機能を標準装備しています。色々なツールを導入して、それぞれの管理画面の操作方法を覚えたり、ツール間でデータを出し入れする必要はありません。会員サイトの構築と同時に貴社のマーケティング活動の効果を最大化するためのツールがすべて揃います。

サイトの柔軟性=〇
マーケティング=〇

サイト独自の仕様に
柔軟に対応可能

公開サイトでは、新規会員登録、会員仮登録管理、会員情報の変更を用意に開発でき、パッケージの制約無く自由にテンプレートが開発できるので、下記のようなサイト独自のルールを持ったコンテンツも容易に対応できます。
 
  • URL単位に閲覧にはログインが必要かの設定
  • URL単位に閲覧にはログインに加えて特別な会員属性が必要
  • ログインが必要なコンテンツはトップページなどでは鍵マークを付けて表示
  • コンテンツのある部分(例えば金額など)はログイン、かつ特別な会員属性が必要

目的にあった
きめの細かい
おもてなしを実現

writeWired CMS Platformはサイト毎の、目的にあったきめ細かな対応、おもてなしを実現できます。さらにパッケージ標準の問合せ管理機能を利用することでカート機能やアンケートも実現できます。
 
  • 会員の属性に応じたバナーの切り分け
  • 会員の行動履歴に沿ったバナーの振り分け(例えば、セミナー未参加の会員にはセミナーへの誘導バナーを表示)
  • 複数のバナーを作成し、その中でABテストを実施。
  • 会員の属性単位にABテストを実施。(例えば、Aグループの会員にはABテストシナリオA、Bグループの会員にはABテストシナリオBを表示)
  • 会員の属性に沿った料金計算(例えば、メルマガ登録会員はセミナー料金が10%オフなど)

顧客との
エンゲージメントを
向上するマーケティング機能を標準装備

標準装備の会員管理機能は、個別の会員の嗜好、会員属性・行動履歴による抽出、抽出した会員に対してのメール配信など、顧客とのエンゲージメントを向上するツールが揃っています。会員サイトは公開サイトで閲覧制限をする、好みのコンテンツを表示するなどの、表面上のおもてなしだけではなく、分析して、改善していくことで価値を発揮します。
 
  • ビュー(クエリー・リスト)による会員の検索条件、一覧画面を管理画面から作成
  • オーディエンスフィルター(アクセスログによる対象顧客の抽出)
  • CMSからシームレスに接続されたメール配信
  • 会員に送信したメールの開封有無、クリックしたURLによる抽出

会員サイトを作って何がしたいですか?
writeWired CMS Platformは
こんなことが出来るマーケティング機能を標準装備

今月新規登録された会員数を知りたい

今月サイトにアクセスがあった会員を知りたい

過去半年アクセスが無かった会員に対して一斉にメール配信したい

先週送ったメールを開封していない会員にリマインドメールを一斉配信したい

先週送ったメールを開封した会員に一斉にメールを配信したい

会員のにアクセス状況、メールの閲覧状況に加えて、会員の属性別にメールを一斉送信したい

今すぐ資料をダウンロード

03-6418-9221

今すぐ資料をダウンロードして
writeWired CMS Platform の詳細をご覧ください。

必要事項をご記入の上、「確認画面へ」ボタンを押して下さい。