このエントリーをはてなブックマークに追加

行動履歴分析について

QwriteWired CMS Platformの行動履歴分析で何ができますか?
  •  期間、コンテンツ、検索ワード、流入元などの切り口でPV数を閲覧できます。
  •  個人のユーザーのサイトアクセス、問合せ、顧客、送信メール、URLクリックを閲覧できます。
  •  問合せ、顧客をサイトアクセス、メールクリックの行動履歴を条件として絞り込んでリストとして抽出したり、メールを送信することができます。

他ツールとの連携について

Qどのようなアクセス解析ツールと連携が可能ですか?

はい、もちろん可能です。writeWired内独自のアクセス解析になりますので、他の解析ツールは自由に利用することができます。

QGoogle Adwords、Yahoo!プロモーション広告においても使えますか?

はい、もちろん可能です。プロモーション広告設定時にキャンペーンをパラメータに設定することで、どのプロモーションからの流入で、そのユーザーがどのようなアクセスを行ったのか追跡することができます。

収集される情報とタイミングについて

Q個人と特定されるのはどのタイミングですか?

下記の3つのタイミングでサイトのアクセスログが紐づいて収集されます。
1) サイト上のフォームから送信
2) メールのURLをクリック
3) 会員サイトのログイン

Q個人と特定される以前のアクセスログは収集されるのでしょうか?

はい、writeWiredはサイトアクセス時にブラウザに対してクッキーを発行しています。ブラウザを閉じてまたサイトに訪れて問合せしても、過去のアクセスログがその問合せをした人に紐づきます。

Q個人と特定される以前は何が分かるんでしょうか?

ブラウザに対して発行したクッキーを元にアクセスログを蓄積しますので、過去のアクセスログを時系列で見ることができます。また、アクセス元のIPアドレスを利用してインターネット上の組織名を管理しているwhoisサービスに定期的にアクセスしますので、個人と特定される前でもいつ、どこから訪れ、どのページを閲覧しているか把握することができます。

Qどのような情報が収集されているのでしょうか?
以下のような情報を取得して、ユーザーの行動履歴として収集しています。
  1. サイトアクセス情報
    アクセス日時、URL、リファラー、ユーザーエージェント、検索ワード
  2. フォーム送信情報
    送信時にエラーがあった場合のエラーメッセージ
  3. メールのURLクリック情報
    誰がクリックしたか、どのメールか、メールのどのURLか
  4. 会員サイトの場合のログイン、ログアウト

計測の設定について

Qコンバージョン設定はどのように行うのでしょうか?

フォームから問合せがあると、その問合せのアクセスログをすべて閲覧することができますので、特にコンバージョンの設定をしていただく必要はありません。

Q同じページへのリンクが複数あった場合、どの箇所をクリックしたのか計測できますか?

はい、もちろん可能です。リンクにパラメータを設定していただくことでアクセスログに記録されるので、そこで識別することができます。

Qカーソルの遷移などまで見ることはできますか?

残念ながらwriteWiredはすべてサーバー側のログを収集しているのでブラウザ上の情報を収集することはできません。

Qどこまでモニターに表示されたかを計測することはできますか?

残念ながらwriteWiredはすべてサーバー側のログを収集しているのでブラウザ上の情報を収集することはできません。

Qコンバージョン設定を複数行うことはできますか?

コンバージョンは問合せフォームへの送信になります。

Q流入元の数を把握することはできますか?

はい、もちろん可能です。キャンペーン追跡という機能があ、URLパラメータに_ww_cmpidという名前で任意の値を付与していただくことで、内部的にそのパラメータをアクセスログに収集します。あとからキャンペーンのパラメータ値をベースにアクセスログを閲覧することができます。

Q資料のダウンロード件数なども計測できますか?

はい、もちろん可能です。1つの問合せをダウンロードとしてみなして計測することもできますし、ダウンロードURLへのアクセスを計測することもできます。

QSSL暗号化したページも計測できますか?

はい、もちろん可能です。writeWiredは、サーバーサイドで取得したアクセスログを使用しますのでSSL暗号化されていても計測可能です。

Q動的ページでも問題なく計測できますか?

サーバーサイドで取得したアクセスログを使用しますので、writeWiredの動的出力のページが計測の対象となります。静的出力のページは利用することができません。

QFlashページでも問題なく計測できますか?

動的出力に生成するHTMLにFlashを組み込まれた場合、そのURLの計測をすることはできますがFlashの内部での動きは計測することができません。

サイト全体のアクセス解析機能について

Qサイト全体のアクセス解析を行いたいのですができますか?

はい、もちろん可能です。期間を指定して総PV、ページ別、リファラー別、ユーザー別、キャンペーン別にPV数を集計したグラフを確認する画面がございます。

Qアクセスの多いユーザーや流入キーワード、コンテンツを把握したいのですが可能ですか?

はい、もちろん可能です。年月を指定してユーザー別にすると、アクセスの多いユーザー別に一覧が表示されます。流入キーワードやコンテンツについても同様の閲覧ができます。

Qある検索ワードで訪れたユーザーがどのようなページをアクセスしているのか知りたいのですが、可能ですか?

はい、もちろん可能です。検索ワード別にした一覧を出し、調べたい検索ワードを条件に選択してコンテンツ別の一覧にしていただくことで見ることができます。

Qある検索ワードで訪れたユーザー個人のアクセス履歴を知りたいのですができますか?

はい、もちろん可能です。検索ワード別にした一覧を出し、調べたい検索ワードを条件に選択してユーザー別の一覧します。アクセス数順にユーザーが表示されるので、知りたいユーザーをクリックすることでそのユーザーのアクセスログが時系列に表示されます。

Q広告からの流入がコンバージョンになったか把握したいのですができますか?

はい、もちろん可能です。広告に出向するURLにキャンペーンパラメータを追加してください。キャンペーン別アクセスログを表示して、コンバージョン別の一覧にしていただくことですぐに把握することができます。さらにコンバージョンを条件にしてユーザー別にすることで、個のユーザーのアクセス履歴も確認することができます。

Qセグメントやディメンションのようなものを設定して分析することはできますか?

分析時の絞りこみ条件で、閲覧ページ、リファラー、セッション、キャンページ、流入キーワードなどを使用することができます。

ユーザーの行動履歴分析機能について

Q個人のユーザーの行動履歴とはどのようなものですか?

Webサイトのアクセス状況とフォームへの問合せ、メールURLクリックを時系列に確認できます。
URLクリックの場合、クリックしたメールのプレビューから本文のどのURLをクリックしたのかが視覚的に分かります。

Q行動履歴からユーザーのセグメンテーションはできますか?
はい、もちろん可能です。
問合せ、顧客データの一覧画面で、以下の条件を複数、AND、ORを組みあわて絞込みができます。条件は設計した問合せ、顧客データベースに対して自由に設定、保存をすることができます。
  1. 送信対象(問合せ、顧客)自身が持つ属性
    都道府県や職種など
  2. Webサイト上のアクセス履歴
    アクセス期間、アクセスの有無、特定のURLへのアクセス回数、訪問数、PV数
  3. メールの送信履歴
    メールの送信期間、送信したメールの指定、クリック数の指定、クリックの有無、クリックURLの指定
  4. 流入コンテンツの指定(問合せフォームの場合のみ)
  5. 顧客検索の関連した問合せとの組み合わせ
    過去に問合せたフォームの属性(問合せ日時や問合せ内容やカテゴリ、流入経路)と回数
  6. 問合せ検索の顧客との組み合わせ
    顧客属性(会員ID、名前、職種など)
Q行動履歴から絞り込んだユーザーに次のアクションをとることはできますか?

はい、もちろん可能です。一覧をcsvでダウンロードしたり、メールを送信することができます。


お気軽にお問い合わせください。

ご相談やお見積もり、事例についてなど、お気軽にお問い合わせください

03-6418-9221

受付時間:平日10:00~17:00 (土日、祝日を除く)

このコンテンツは参考になりましたか?

送信する

デジタルマーケティングに対する
実体調査アンケート実施中

是非、アンケートにぜひご協力ください。