CMSにデジタルマーケティング機能を統合。ライトワイヤード

CMS 悩み解決事例 | 会員の属性や行動によって パーソナライズしたい

会員の属性や行動によってコンテンツをパーソナライズしたいのですが・・・

[製薬会社]

会員制サイトを運営しています。トップやメインになるページにバナーを表示する領域があるのですが、会員の状態によって表示するバナーを切り替えて、表示するコンテンツを差し替えてたいと考えています。特定職種の会員で、あるセミナーに参加申込をしていない人にはセミナーの告知ページへ、メルマガ受信を許可していない会員にはメルマガ申込ページへ、またバナーのA/Bテストも実施したいです。これら一覧のバナーの制御を任意の優先順位で自由に制御したいと考えています。

その悩み、解決します

アクセスしてきた会員の
状態によってコンテンツを
パーソナライズ

一つのバナー領域に、条件が指定できる複数のバナー用コンテンツを設定します。例えばバナーAという領域を用意して、そこには複数の組み込みコンテンツが設定できるようにします。組込コンテンツは「セミナー告知ページバナー」「メルマガ申込ページバナー」「ABテストバナー」など、必要な種類のバナー用コンテンツでそれぞれ、表示するバナー画像、遷移先URLがコンテンツ出来るようにします。サイトにアクセスがあり、バナー表示をするときに、設定された組み込みコンテンツの順番に条件を判定して表示するべきバナーを表示します。
 
  • セミナー告知ページバナー:アクセスした会員がある特定の職種で過去にあるセミナーの参加に申し込んでいる場合にバナー表示
  • メルマガ申込ページバナー:アクセスした会員がメルマガに申し込んでいない場合にメルマガ申込ページへのバナー表示
  • ABテストバナー:一つに「ABテストバナー」コンテンツに複数のバナー画像、表示先コンテンツのURL、表示割合を登録できるようにして表示割合によってどのバナーを出すか制御してバナー表示。
ワンポイント・アドバイス

パーソナライズは
サイトによって変わります

パーソナライズは抽象的で、サイトの目的、訪れる人、最適化するコンテンツなどによりパーソナライズする内容そのものが変わります。顧客の状態、行動、あるいはそれらを組み合わせた複雑なものが要求されます。単純に顧客の属性によってバナーを切り替えるといった中途半端なパーソナライズは無意味といっていいでしょう。writeWired  CMS Platform はサイトの目的、訪れる人に合わせた最適なパーソナライゼーションを実現します。バナー画像の切り替えといったシンプルなものから、コンテンツの一部、あるいはすべてを顧客に合わせて表示を切り替えることができます。

ご不明な点はございませんか?

お気軽にお問合せください