CMSにデジタルマーケティング機能を統合。ライトワイヤード

CMS 悩み解決事例 | メルマガ制作が大変で 時間がかかって困っています

メルマガの制作にとても時間がかかって困っています。送信数を増やしたいと責任者は言いますが・・・

[製薬会社]

会員制サイトをwriteWired CMS Platformで運営しています。メルマガを大体月2回ほど、会員をいくつかにセグメント分けして、それぞれHTML、テキストメールを制作・送信しています。メルマガに記載するコンテンツのURL、タイトル、リード文はCMS内に格納されています。メール本文を制作する時、URL、タイトル、リード文を張り付けて制作していますが、責任者に確認した後、記事の位置の変更などがとても大変です。特にHTMLメールの場合、タイトルを装飾する画像やデザインが複雑なtableタグの構成で出来ていて、一通で千行を超えるタグを修正する必要があることも頻繁に出てきます。送信数を増やしたいと言われますが現場の作業として限界が出てきて困っています。

その悩み、解決します

HTML、テキストのメルマガを
CMSを使って簡単に制作

メルマガの制作にかかる手間のほとんどがテキストの成型、またHTMLの記述です。特にHTMLメールはタグの構造が入れ子になって冗長なタグを書く必要があり制作の負荷がとても高くなります。この悩み解決事例ではwriteWired CMS Platform内に格納されたコンテンツをポップアップ画面で選択するだけで、そのコンテンツのタイトル、リードを使ったメルマガの制作が出来るようにしました。リード、テキストはちょっとした改行など修正を出来るようにメルマガ上コンテンツ上で編集可能。並び順の入れ替えはCMSの機能を使ってドラッグアンドドロップで簡単操作。コンテンツの種類により変える分類タイトル画像などもCMSで自動で出力し、手作業を限りなく削減しています。

テキスト、HTMLともに
プレビューしたコンテンツを
利用してメルマガに流用

メール文面はブラウザでプレビュー表示したものを利用。HTMLメールかテキストメールか切り替えるフラグでワンタッチで表示を切り替え。コンテンツ管理システムでメルマガ制作業務を最適化することが出来ます。
ワンポイント・アドバイス

メルマガの出し分けが出来ても
制作が追いつかないと一斉メール配信に陥ります

メールによるコミュニケーションはとても効果的と言われ、送る相手に最適な内容で送ることでさらに効果を上げられると言われています。しかし、メルマガの制作が追い付かないと、全員に同じメールを一斉配信することになり、メールマーケティングによる成果を上げる機会を失うことにもなりかねません。メルマガ制作の工程を最適化することで、メールマーケティングそのものの最適化につなげることが出来ます。
ご不明な点はございませんか?

お気軽にお問合せください