CMSにデジタルマーケティング機能を統合。ライトワイヤード

CMSの悩み解決事例集

CMSの導入をご検討の方、あるいはすでにCMSをご利用中の方、CMSの運用でこんな悩みはありませんか?これまでのCMS導入の際に寄せられた課題、要望、お悩みとその対応事例について、ご紹介します。

「CMSってこういうもの」
そんな風に思ってしまっていませんか?

「CMSを使ったサイトの運営、更新は大変でそういうもの」と思ってしまって、実はとても非効率なことをしているかも知れません。「CMS製品はこういうものだから」と決めてしまうのではなく「こう出来たらいいのにな」と考えてみてください。writeWired CMS Platform は、きっとそれを実現する解決策になります。

CMSでサイト更新が簡単になると言われたのに思った通りに出来ません 文字と画像を入力すればレイアウトできるブロックを用意して、コンテンツを作成するときにブロックを自由に並べ替えて、HTMLを理解する必要なく色々なレイアウトのコンテンツをを作成。サイトのルールを守りながら、HTMLの知識の必要なく簡単に更新ができます。

エディターを使わず自由なレイアウトでコンテンツを更新したい 一般的なCMSは横のレイアウトは不得意です。大抵の製品はエディターを使ってコンテンツを更新する際、レイアウト用のHTMLを記述する必要があり、レスポンシブデザインが一般的になった今、HTMLも非常に複雑になり、ユーザーがそれらのHTMLを記述することは困難です。

販売中の商品情報をサイト全体に反映するのが大変で困っています ページ中の好きな場所に最新の商品一覧を表示するパーツを作り、表示する商品の条件はパーツに指定。「そこを変えれば全部変わる」、あなたを無駄な作業から解放します。

メルマガ制作が大変で 時間がかかって困っています CMSのドラッグアンドドロップ機能で簡単に制作したメール文面をブラウザでプレビュー表示し利用。HTMLメールかテキストメールか切り替えるフラグでワンタッチで表示を切り替え。コンテンツ管理システムでメルマガ制作業務を最適化することが出来ます。

バナーに掲載期間を設定して自由に並べ替えたい バナーはお勧めしたいコンテンツへの重要な導線です。バナーの運用は手動だと大変な作業です。並べ替えは管理画面でボタン一つでバナーの運用はサイト設計時に具体的に検討しましょう。

会員の属性や行動によって パーソナライズしたい パーソナライズは抽象的で、サイトの目的、訪れる人、最適化するコンテンツなどによりパーソナライズする内容そのものが変わります。単純に顧客の属性によってバナーを切り替えるといった中途半端なパーソナライズは無意味といっていいでしょう。

PDFに認証をかけたい 気密性の高い情報を扱うBtoBのサイトではコンテンツの閲覧可否制御はとても重要。ログインだけではなく、会員の会社種別や職種などのきめ細かい設定も可能。PDFだけでなく、zip、excell、wordなど自由な形式のファイルも。

URL別に認証の要否を設定したい アクセス時にユーザーのログイン情報、会員情報を判別し、権限がない場合はログイン画面、警告画面などを表示。構築するサイトに合わせて自由にコンテンツの登録内容を決め、コンテンツを表示する際の処理も加えることができます。

項目数が膨大な製品情報を頻繁に更新したい 多くの項目、大量の件数があってもエクセルで管理できるようにCSVでインポートするAddon開発が行えます。整合性チェックなど、業務的な処理を組み込み、エラーの結果レポートも出力も。エクスポートしたCSVを更新して、コンテンツを更新。