CMSにデジタルマーケティング機能を統合。ライトワイヤード

CMS 悩み解決事例 | CMSでサイト更新が簡単になると言われたのに思った通りに出来ません

CMSでサイト更新が簡単になると言われたのですが、思った通りに出来ません

[全業種]

CMSを使えば、誰でもWebサイトを更新できると聞いて導入しました。お知らせやブログはなんとか自分たちで更新できますが、製品情報のようなペ―ジは崩れてしまい、自分たちでは上手く更新できません。制作会社は「HTMLを覚えれば出来るようになる」と言いますが、社内の更新担当者は「自分の仕事はWebをを勉強することではない」と不満を漏らしています。結局制作会社に依頼しています。導入する前と費用も時間も変わってない気がしますが、こういうものなのでしょうか?

その悩み、解決します

ブロックを自由に選択。
ドラッグ&ドロップで自由に上下移動

文字と画像を入力すればレイアウトできるブロックを用意して、コンテンツを作成するときにブロックを自由に並べ替えて、HTMLを理解する必要なく色々なレイアウトのコンテンツをを作成できるようにします。

ページのレイアウトを構成する要素を細分化してブロック化し、ブロックにはフォーム入力形式でテキストと画像を入れ、自由にレイアウトできるようにします。選択できるブロックも自由に選べるので、サイトのルールを守りながら、HTMLの知識の必要なく簡単に更新ができます。

各ブロックはサイトに合わせてCMSテンプレートのパーツとして開発しますので、サイトのルールを守りながら、HTMLの知識の必要なく簡単に更新ができるようになります。
ワンポイント・アドバイス

実際に更新をする人に合わせた
CMS製品を選択することがポイントです

「WYSIWYGエディター」という言葉を身近に聞くようになって、「WYSIWYGエディターがあれば何でも出来る」と思ってしまいがちですが、決してそうではありません。

WYSIWYGエディターは文字にリンクを設定したり、太字、イタリックや色を付ける分には手軽に出来ますが、改行以外の位置調整やページ上のレイアウトの操作にはやはりHTMLを理解する必要が出てきます。また、一般的なサイトでは、余白や、サイト全体の色の設定など、デザインされたHTML、スタイルシートの構成を理解する必要があります。

実際にHTMLの知識があったとしても間違いが無いように編集するのは簡単ではありません。更新対象のページ、実際に更新をする人の知識に合わせたコンテンツ管理とそれが出来るCMS製品の選択が重要です。

Webサイト運用の悩みを解決

CMSの導入事例

CMS動画デモギャラリー

サイト内検索