CMSにデジタルマーケティング機能を統合。ライトワイヤード

CMS動画ギャラリー

writeWired CMS Platform のCMSテンプレートの代表的な開発パターンをデモ動画でご紹介します。
各動画で使っている見出しの種類はデモ用のサンプルです。
実際にはサイトの入力項目、制御出来る種類もデザインに合わせたCMSパーツを開発します。
任意のディレクトリの記事一覧をページの好きな場所に挿入

任意のディレクトリの記事一覧をページの好きな場所に挿入 CMSでトップページに最新のお知らせ一覧を表示するのは、よくある例ですが、お知らせだけではなく、表示したいカテゴリを指定して、ページの好き場所に最新の記事一覧を挿入、表示レイアウトも自由に指定することが出来ます。最新記事が常にサイト全体に反映されます。

見出しのバリエーションをボタン一つで切り替えるパーツ

見出しのバリエーションをボタン一つで切り替えるパーツ CMSでページ制作時に見出しのバリエーションをボタン一つで、簡単に切り替えることが出来るパーツのサンプルです。HTMLの知識不応で、好きな場所に、好きなデザインの見出しを配置、ドラッグアンドドロップで楽々移動出来ます。

本文の画像のサイズ、位置をボタン一つで切り替えるパーツ

本文の画像のサイズ、位置をボタン一つで切り替えるパーツ CMSでページ制作時に画像の大きさ、位置をボタン一つで、簡単に切り替えることが出来るパーツのサンプルです。画像の大きさは表示幅の割合を指定するだけで簡単に変更が出来るので、無限のバリエーションのページを誰でも簡単に制作することが出来ます。

複数のパーツをまとめてドラッグアンドドロップ

複数のパーツをまとめてドラッグアンドドロップ CMSでブロック積み上げ式でページを制作していると、パーツの粒度が細かくなればなるほど、パーツの移動が細かくなり、作業が大変になります。writeWired CMS Platformは、複数のパーツをまとめてドラッグアンドドロップできます。

横並びのデザインをブロックで積み上げる

横並びのデザインをブロックで積み上げる CMSは一般的に横に並んだレイアウトのデザインの制作は向いていませんが、writeWired CMS Platformは、1列辺りの表示項目、見出し、画像、本文などを列数用意して、各要素の表示幅なども柔軟に制御できる横レイアウトのデザインに対応します。

wysiwygエディターでページ全体を編集

wysiwygエディターでページ全体を編集 CMSを導入すると、制作できるページの種類が定型化されてしまうと思いがちですが、定型でないページであれば、そのままHTMLを編集して制作することで、CMSテンプレートに縛られずにページを制作出来ます。

項目毎にwysiwygエディターの有無を設定

項目毎にwysiwygエディターの有無を設定 wysiwygエディターの利用可否を項目別に設定することで、ルールを守りつつ、PR説明文などは、太字、色付きなどは制作する人が自由に編集できるコンテンツ管理が実現出来ます。