CMSにデジタルマーケティング機能を統合。ライトワイヤード
メール配信

例えばこんな使い方

CMSに統合されたメール配信機能を使って、メールの定期配信による会員からの信頼獲得や囲い込み、属性に応じた送信先の振り分け、メールへの反応を数値化してメールマーケティングの確度を上げたり、大量の一斉メールも。

メールの定期配信設定が会員からの信頼獲得や囲い込みに繋がる

サイト会員に対して有益な情報を提供できれば、自社への信頼度が上がります。また、「このサイトの会員で居続けたい」と感じられることで、顧客の囲い込みにも繋がるでしょう。例えば製薬会社様では、登録会員向けに製品情報やお知らせなどをメール配信しています。送信日時を予約設定しておけば、時間の空いたタイミングで作業を行えるため効率的です。

メールをグループ化して不要なメール配信を防ぐ

メールによる情報提供は、顧客からの信頼獲得や営業活動など、さまざまな面で有効な手段です。しかし不要なメールは、受け取った相手にとって邪魔に思われるかもしれません。そこでメールグループ化を行えば、属性時応じて適したメールのみを配信できます。例えば女性向けの新製品情報なら男性を除外したり、特定業界向けのサービスならターゲットとなる企業のみを選択したり。必要最低限のメール配信で、その効果を最大化できます。

メールへの反応を数値化してメールマーケティングの確度を上げる

メールは一方的なコミュニケーションツールのため、「送って終わり」になっている企業が少なくありません。しかし、送信メールに対する相手のアクションを知れば、メール内容や送信タイミングなど改善に役立つでしょう。開封・クリック等の情報を数値化して把握・分析し、反応が微妙なメールについてはその原因を突き止めます。課題点が見つければ、あとは次回のメール配信時に改善策を講じるだけ。その繰り返しが、開封・クリック率等などメールマーケティングの確度を高めます。

差し込み文字機能で大量の一斉メールも効率的に配信

例えばニュースリリースや新サービスの宣伝、移転・休業等のお知らせ、あるいはイベントの案内など。同じ内容のメールを複数の相手に送信するシーンは少なくありません。そんなとき、特に多くの顧客を抱える企業なら、一斉メールでの配信が効率的です。しかし宛名のないメールは受け取った相手にも「一斉メールだな」と一目瞭然。あまり読もうという気持ちが起こりません。しかし1通ずつ送るのは、多くの時間と労力が掛かり非効率です。ここで差し込み文字機能を活用すれば、一斉メールであながら、宛名などの指定箇所のみを個別の表示に切り替えて送ることが可能です。メール配信が効率化するだけでなく、開封率の向上も見込めます。

メール配信