CMSにデジタルマーケティング機能を統合。ライトワイヤード
マーケティングオートメーション(MA)

機能のご紹介

CMSにマーケティングオートメーション(MA)を統合しました。複数シナリオ、複数段階、属性・行動による柔軟な顧客の抽出、メール通知のほか、途中段階の分析などを装備しています。

シナリオ管理

任意の数のシナリオの登録管理ができます。シナリオはステータスにより管理され、実行可ステータスで保管をするとバックグラウンドで自動で実行され、結果をフィルター、アクションに反映します。

複数のステップ登録

シナリオは複数のステップで構成されます。ステップはフィルターまたはアクションです。ステップの実行結果の一致、不一致、それぞれに後続のステップを登録することが出来ます。ステップの登録数の上限はありません。

フィルター

任意の検索条件を設定できるクエリー、オーディエンスフィルターのいずれかを指定して対象顧客を抽出することができます。クエリーには検索条件としてオーディエンスフィルターを組み込むことが出来ます。

アクション

ステップの実行結果の顧客に対してメール送信、パーソナライズしたコンテンツの表示、顧客データの変更をすることが出来ます。アクションの実行タイミングに即時、経過日数、日時が指定できます。

ステップ処理結果閲覧

各ステップは処理終了後に一致、不一致それぞれの対象人数が計算され、対象となった顧客の一覧を表示し、顧客一人ひとりの行動履歴を閲覧することが出来ます。

ステップの時系列分析

各ステップに到達した人数を時系列で表示することが出来ます。ステップ毎に効果のある、ないタイミングを把握することが出来ます。

ホットリード通知

顧客が、あるステップに到達した際に自動で社内ユーザーに通知メールを送信することができ、ホットリードのリストとして活用することが出来ます。

分析作業の簡易化

各ステップの結果、送信メールの開封、URLクリック、パーソナライズコンテンツのクリック、サイトのアクセスログが一元化されるので、分析する作業を簡易化できます。

マーケティングオートメーション(MA)