CMSにデジタルマーケティング機能を統合。ライトワイヤード
コンテンツ管理(CMS)

例えばこんな使い方

CMSを活用すれば、コーポレイトサイトはもちろん、オウンドメディアなど、定期的な情報発信も大きな負担なく継続できます。会員向けサイトを構築し、会員限定の特別な限定コンテンツを配信。貴社のマーケティングの成果を最大化する様々な使い方ができます。

効率的なオウンドメディア運営でマーケティング効果を拡大

マーケティング戦略の一部として、多くの企業が取り組んでいるオウンドメディア運営。例えば自社の保有する確かな技術力・知識力を情報によって伝えれば、顧客に対する信頼性向上に繋がります。また、サービスや取り組み等について発信することで、ブランディング効果も期待できるでしょう。CMSを活用すれば、定期的な情報発信も大きな負担なく継続できます。

会員向けコンテンツ配信で事業に生かされる多くの会員情報の獲得

CMSで会員向けサイトを構築し、会員限定の特別な限定コンテンツを配信。登録された会員情報は、営業活動などにも活用できる企業にとって貴重な財産です。例えば製薬会社様の会員向けサイトで、製品情報やお知らせ等の情報を適宜配信するという事例もございます。なお、会員によって情報の公開範囲を指定するなど、権限設定により会員種別を作ることも可能です。

広報・営業力を高める会員サイトでの情報発信

CMSの活用方法として、よく当社へお問合せ頂くのが「会員サイトの開発」です。例えば自社製品の購入者、サービス利用者に会員となってもらい、定期的なコンテンツを配信。これに対してコメント等を受け付ければ、そのコンテンツを通じて会員とのコミュニケーションが生み出せるでしょう。会員との良好な関係構築を行うことで、例えば同サイト内で新製品の告知を行った際、購入に繋がる確度が高まります。

新規メディアを立ち上げて新たな経営基盤を構築する

既存事業の伸び悩みを感じている、あるいはさらなる成長を目指したいといった場合、メディア運営を新事業として立ち上げるのはいかがでしょうか。メディアでは広告掲載による収益はもちろん、自社サイトへリンクすることで既存事業の売上拡大にも繋がります。なお、CMSならば更新・管理に手間がかからず、効率的に運営が可能。新たな人員採用など余計なコストを掛ける必要はありません。