効率的なWebサイト管理にデジタルマーケティング機能を統合した、国産で唯一のCMS
  • TEL: 03-6418-9221

私たちが考え、行うCMSの設計と開発

"CMSって製品ごとにどう違うのか全く分からない"、"御社のCMSを入れるには何をしたらいいの?"
こんなお話をよくお聞きします。
今では世界中に、それぞれ考え方も違う数え切れない数のCMSが存在しています。
私たちはそれらとの違いをご説明することは出来ませんが、私たちが考え、行うCMSの設計と開発についてご説明します。
これが、writeWired CMS Platform のコンテンツ管理です。

コンテンツ管理 (CMS) についてはこちらから コンテンツ管理 (CMS) について、よくある質問

あなたのサイトをCMSにします

"CMSってパッケージのデザインをカスタマイズしていくんでしょ?"
いいえ、一からあなたのサイトを、デザインそのままにCMSにします。
"うちが望んでいるこういうデザインは出来るの?"
大丈夫です。デザインに制約はありません。あなたが望んでいるデザインのサイトをCMSにします。
writeWired CMS Platformは構築するサイトごとに新規に最適なテンプレートを開発します。
だから、自由に楽しく効率よくサイトを更新。成果を上げるサイト運用を実現します。

デザインに制約はありません

どのようなデザインで、どのようなことをするサイトなのか、あなたとご相談しながら決めていきます。各ページのデザイン、要素は自由に決めていただけます。完成したHTML一式を弊社にご提供ください。CMSのテンプレート化をするにあたり、HTML制作の前に下記のような注意点をいくつかお伝えします。これらを守っていただければ、自由にHTMLを制作していただけます。

■サイト制作時に注意していただくこと
  • ヘッダー、フッターなど、共通化される部分にページ固有のHTML、cssスタイルを入れない
  • 読み込むcss、javascriptライブラリーは極力全ページで共通化する
  • パーツとして利用される要素は、どのページに差し込んでも崩れないようにHTMLを組む

私たちがするCMS設計とは

「CMSは"ウィジウィグ"と呼ばれるエディターがあって、ページが自由に更新できればいい」と思っていませんか?
自由に画像を挿入したり、リンクを張ったり、文字装飾が出来ればいいブログならそれでも十分かも知れません。
ですが、ページを管理するという考え方はコンテンツの最小単位がページになり他の場所で流用できなくなることを意味します。
私たちは、コンテンツとは誰が見ても理解できるように意味付けされ整理された情報の集まりだと考えています。

要素を洗い出して意味のある集りを「パーツ」に設計します

writeWired CMS Platform は、サイトで取り扱うべき全情報を整理、意味付けし、効率よくWebサイトの更新・運用が出来るように開発されたコンテンツ管理システム(CMS)です。CMS化するサイトの各ページのすべての要素について、項目ひとつずつ、どのような意味でどのように登録していくのか洗い出していきます。私たちは、コンテンツとは雑然と情報が入り混じったページの事ではなく、誰が見ても理解できるように意味付けされ整理された情報の集まりだと考えています。情報を意味付けするには、例えば「会社情報」のような複数の不明確な情報の集まりのことではなく、「郵便番号」「都道府県」「番地」など、誰が見ても間違えることのない具体的な項目単位までブレークダウンします。
項目単位にまでブレークダウンすることで情報を登録する人にとってもわかりやすく人によって揺らぎのない、間違いのないコンテンツ管理を行うことが出来るようになり、情報が増えても品質を維持し、価値を高めることにつながります。サイト上でも、情報が整理されていれば必要な情報だけを集めて利用できるので、一度の登録で色々なところで表示をすることが出来ます。ページ単位に管理をすると、1ページ(1つの情報の含まれるべき全要素)の全量も曖昧になってきます。そして、情報の集まりとしての整合性を保ち品質を維持するのが難しくなり、その情報が持つ価値を下げてしまう事につながりかねません。
例えば製品情報であれば、情報がページではなく項目単位で管理されていば、「複数のあるカテゴリーに属する、製品発売日が新しい順に、製品の外観画像、製品名、値段、PRポイント、発売日を一覧形式で表示する」といったページは容易に作り出すことが出来ます。一方で「製品情報というページ」という単位で管理している場合、必要な情報だけを取り出すといった事が出来ません。従って前述のような一覧形式のページは個別に制作する必要が出てきて、二重管理の負荷増加と書き間違いなどによる情報の質の低下、サイトつまり企業としての信頼性の低下につながります。

項目ひとつずつ決めていくこと

名前 管理画面で登録時に表示されます
入力形式 一行文字、複数行テキスト、択一選択、複数選択(*選択肢は別途指定することが出来ます。)
データのタイプ 英数字、文字、数字、年月日、年月、月日、画像、ファイル、コンテンツ、ディレクトリ、URL、組込コンテンツ、期間、電話番号、郵便番号
コンテンツ、ディレクトリを選択した場合は、witeWiredに登録されているコンテンツの中から検索して選択することが出来ます。
URLを選択した場合は、witeWiredに登録されているコンテンツの中から検索して選択するか、直接URLを入力することが出来ます。また、URLをポップアップで開くかどうか指定することが出来ます。
サイズ 文字の場合は長さ、画像・ファイルの場合は登録できる拡張子の種類、容量(画像の場合は縦横のサイズ)
必須 コンテンツの公開にあたり、必須かどうか

パーツの内容に沿ったコンテンツ登録画面が作られます

writeWired CMS Platform は、パーツの各項目の情報を「表示フォーム」と呼ぶ単位に登録すると、そのパーツのコンテンツ登録画面を自動で生成します。他のCMSでは、これらをカスタマイズと呼ぶかも知れませんが、このパーツ毎に専用のコンテンツ登録画面を設計・生成するのが、writeWired CMS Platformの標準機能であり、CMS開発の最も大きな特徴の一つです。

複数のパーツが一つのコンテンツテンプレートになります

「テンプレート」とはサイト上の1画面のことを言います。画面ごとに表示する情報が変われば、入力に必要な項目も変わってきます。writeWired CMS Platform はパーツ(表示フォーム)を「フォームグループ」と呼ぶ単位にグルーピングし、各テンプレートに割り当てます。同じパーツ(表示フォーム)を複数のフォームグループで利用したり、一つのフォームグループを複数のテンプレートに割り当てることもできます。これは、同じ設定を色々なところで再利用できるようにし、サイト上の各項目、要素の整合性を保つことにつながります。

ルールに沿って、効率よく自由にサイトを更新

CMSを導入しようと思ったきっかけは何ですか?
個人個人がルールを守らず、好き勝手にサイトを更新することですか?
素人が"ウィジウィグ"と呼ばれるエディターを使ってプロのデザイナーが作ったレイアウトを四苦八苦して再現することですか?
導入したCMSに用意された、不本意ではないレイアウトのページを大量生産することですか?
ルールを守って効率的に自由にサイトが更新できること。これが成果を上げるCMSの必要不可欠要素です。

ブロック入力

予め用意されたパーツを自由に選択してコンテンツを登録できます。パーツの中も項目単位に入力できるようになってるので、迷うことなく簡単に登録ができます。サイトのデザイン、ルールをしっかりと守りながらも、自由で効率的にバリエーションにあふれたページを作ることが出来ます。パーツはドラッグアンドドロップで簡単に操作できます。

フォーム入力

製品情報、セミナー情報など、表示する要素が決まっていて、画面のデザインも固定のものは、必要な各項目の内容や画像を用意して、管理画面から決められた項目に入力していくだけでコンテンツが完成します。色や文字の大きさ、レイアウトなどを登録する人が気にする必要なく、効率的にコンテンツの管理ができます。
コンテンツを項目、要素単位で管理し、トップページ用の画像、一覧表示用の画像、と登録しておくと、一度の登録でサイト全体で再利用して表示することができるようになります。この管理が出来ないCMSだとトップページ、一覧ページとそれぞれページを更新する必要が出てきて、運用の負荷が非常に高くなります。

フォームとブロックの組合せ

一つのテンプレートで、フォーム入力とブロック入力を組み合わせたコンテンツ管理ができます。詳細ページで表示するためのコンテンツを自由に作成しながら、トップページや一覧ページに出す画像を一元管理するなど、フォーム入力とブロック入力のコンテンツ登録方式を組み合わせることで、コンテンツ管理の効率を最大限に高めます。

コンテンツをパーツ利用

登録したコンテンツの内容を他コンテンツから呼び出して利用できるタイプのテンプレート「組込コンテンツ」。一般的にいう「フォーマットが決まった共通のバナー表示領域」などではありません。自由に編集が出来るコンテンツそのものをパーツして、他のコンテンツから自由に呼び出して組み込むことが出来ます。高い表現力と高い効率性を両立させ、アイディア次第で色々な用途に使用できます。

もっとも効率的なコンテンツ登録画面を一つずつ設計する、
これがwriteWired CMS Platform のコンテンツ管理です

管理するサイトのデザインの要素を整理しパーツ化、フォーム入力、ブロック入力、組込コンテンツを組み合わて、もっとも効率的だと言える、コンテンツ登録画面を、サイトに合わせて一つずつ設計します。コンテンツは「1ページが好きに更新出来ればそれでいい」といったものではありません。あるまとまった情報の単位を意味付けして、サイト全体で利用できるコンテンツとして管理が出来るようにする、これがwriteWired CMS Platform のコンテンツ管理です。

更新がページ単位の一般的なCMSとの比較

ページをコンテンツとして管理してしまうと、ページの中の情報を他のコンテンツから利用することが出来なくなります。コンテンツを適切な粒度の項目までブレークダウンすることで、その情報を意味のあるコンテンツとして他のコンテンツで利用できるようになります。ページ単位のCMSの場合、導入のハードルは低くなりますが、サイトの内容によってはコンテンツの増加による更新負荷が高くなります。
更新がページ単位のCMSと言っても、一般的に"カスタムフィールド"などと呼ばれるような一覧に表示するための、画像、リードなど簡易的な項目を用意できるものほとんどですが、追加できる項目の数や型に制限があることが多く、この管理出来る項目をどの粒度で、どの程度まで持てるかで、その後の運用に大きく影響してきます。登録画面も追加された項目が整理されずに羅列されるため煩雑な更新作業になります。

更新がページ単位の一般的なCMS

エディターでページ単位で更新するCMSの場合、コンテンツの再利用が出来ないため、トップページや一覧ページ、それぞれページを更新する必要があります。

writeWired CMS Platform

コンテンツを項目、要素単位で管理し、トップページ用の画像、一覧表示用の画像、と登録しておくと、一度の登録でサイト全体で再利用して表示することができるようになり、コンテンツ管理の効率化が高まります。

あなたのサイト独自の処理を入れられる、
柔軟なサイトテンプレートを開発します

サイトごとに適切に設計されたコンテンツを利用して自由にHTML出力処理を開発します。
パッケージ自体がHTML出力機能を持っているわけではありません。
CMSに登録されたコンテンツを使ってHTMLを出力するテンプレートを作るという考え方なので、
パッケージの機能の制約にとらわれること無く自由なテンプレート開発ができます。

登録されたコンテンツをHTMLとして出力する処理は一般的なプログラム開発言語であるJSP,Javaという言語を用いて行います。CMS製品が持つ独自の開発言語や機能があるという訳ではなく、一般的な、多くのシステム開発で用いられるプログラム開発言語が、簡単にコンテンツの情報を操作できるように設計されています。そのため、CMS製品が持つ機能的な制約というものはありません。CMS内に登録された情報を整理されたコンテンツとして利用できるサイトを効率よく開発します。
HTMLを出力処理はテンプレート単位にページ全体、またパーツごとに出力処理を作ることが出来ます。出力する際、演算や条件分岐、ネットワーク通信、他システムとの連携など、コンテンツ管理システムとしての機能の範疇ではない処理を行うことが出来ます。また、パーツ単位にも出力処理を作ることが出来るので、どのコンテンツのどこに配置しても、色々な処理をしながらパーツのHTMLを出力する、汎用性、応用性の高いテンプレートの開発ができます。

あなたのサイト専用にこんなパーツが作られます

パーツに入れたコンテンツがサイトに表示されるだけではありません。
とにかく効率的に楽をしてコンテンツが更新できるよう色々な工夫をします。

制御用に項目を用意して1つのパーツで多様な表現

コンテンツ、と聞いてまず思い浮かべるのが「見出し、画像、本文」の集まりではないでしょうか?次に各情報を修飾する方法として、見出しの色、太さ、横の位置と画像の位置、大きさと本文の文字色、大きさ、フォントなどが考えられます。さらにこれらの情報を一つのまとまりとして、横に1列、2列、3列と並べたくなるでしょう。修飾やレイアウトの設定をエディターを使って行うのは大変です。また、それぞれのバリエーションごとにパーツを用意し、都度選ぶのも、作った後で変更が出来なくなり不便です。そこで、画像や文字情報とは別に表示を制御するための項目を用意して、その入力内容で表示を制御します。一つのパーツで色々なバリエーションの表現をラジオボタンでの設定だけで簡単に行うことが出来ます。

任意の位置に最新記事一覧を表示する

バックナンバー、サイトの最新記事一覧はトップページや一覧表示用ページなど、決められた場所に表示される機能、と思いがちですが、コンテンツを作っていて、ここに最新記事一覧を入れたいと思うことはありませんか?最新記事一覧もパーツ化しておくことで、作っているコンテンツの好きな位置に自由に挿入できるようになります。一覧を表示する対象のディレクトリを指定したり、また表示する体裁(タイトル一覧、タイトル+画像、タイトル+画像で横4列)なども指定できるようにしておくとバリエーションが広がります。

他システムのデータを利用して表示

物販や旅行など、商品数が多い場合、大抵は価格などを入れる専用システムを使っているおのですが、商品数が多いのでサイトに表示するためのコンテンツを入力するのは大変でして、商品によっては日々価格が変動する場合もあり、そういった商品の場合CMS内で商品情報を管理するのは実質的に困難です。一方で業務に利用することを目的として作られた商品データにはサイトで表現したい追加の説明や大きめの画像などが登録出来ない場合が多く、専用システムの商品データでは、サイトに表示するには情報が不足しているケースもままあります。そこで、専用システムから商品を特定する情報(商品コードなど)をを入れることで、他システムからデータを取得し、商品データだけでは足りない、上書きしたい情報をCMSで管理します。サイトに表示する際に最新の商品データとCMS上の情報を組み合わせて表示することが出来ます。

コンテンツをパーツ化すると例えばこんな風に利用できます

組込コンテンツを利用した、ABテストバナー

例えば、1つのバナーエリアに複数のバナーをある割合で表示を分け、どちらのバナー画像が効果があるか知りたい場合など、バナーを表示するための組込コンテンツを準備し、コンテンツのパーツとしてバナーを用意します。パーツの登録できる項目はバナー画像、リンク先、掲載期間、50%、20%などの表示割合で、これら複数のバナーを1つの組込コンテンツに登録します。サイトアクセス時に各バナーの表示割合を計算して表示します。掲載期間が超えた場合は表示しないなどの運用を楽にすることもできます。パーツは画像だけではなく、テキストバナーや画像とテキストの組み合わせることも出来るので、バナー画像をいちいち作るのではなくちょっとタイトルだけ変えてみたい、といった臨機応変なバナーを運用することが出来ます。

組込コンテンツを利用した、ターゲット指定バナー

単純なコンテンツの内容によるバナーの出し分けではなく、アクセスしてきたユーザーの状態によって切り替えます。ABテストバナーと同じようにバナーを表示するための組込コンテンツを準備し、コンテンツのパーツとしてバナーを用意します。パーツの登録できる項目はバナー画像、リンク先、掲載期間、表示する対象のユーザーの条件(未ログイン、ログインしている会員の業種など)を使ってバナーの出し分けをします。もちろん会員の属性だけではなく、ユーザーのコンテンツ閲覧状況などに応じて出し分けることも。これらの出し分けの制御もあなたのサイト専用に独自に組み込むことができます。

組込コンテンツのバナーを自由に配置

これら、組込コンテンツは他コンテンツのページの中に埋め込むパーツとして自由に選択、挿入ができます。あるページでは上部にABテスト、あるページでは上部にターゲット指定、下部にABテストを表示して、アクセスの状況を見ながら自由に入れ替えたりすることもできます。

私たちが、あなたに伝えたいこと

"何を言っているのかよくわからない"、"他のCMSと何が違うの?"、"うちのサイトに必要なの?"
まずはお気軽にお問い合わせいただき、あなたのご要望をお聞かせください。
writeWired CMS Platform が何が出来て、他のCMSとどう違うのか、なぜあなたのサイトに必要なのかご説明できると思います。

あなたのご要望には大げさかも知れません

サイトの構成によって、本当に必要ない場合もあります。例えば製品の説明ページを作って、それが公開出来ればいい。お知らせ記事を作ってその更新情報をトップやお知らせ一覧に表示出来ればいい、あるいはブログのような、エディター一つで事足りるような内容のページの場合、writeWired CMS Platform のような細かな制御をする製品が無くても構築・運用は可能です。
 

そういうものだと思ってしまっていませんか?

気が付いてない、あるいはそういうものだと思ってしまっているケースが考えられます。「CMSを使ったサイトの運営、更新は大変でそういうもの」と思ってしまって、実はとても非効率なことをしているかも知れません。「CMS製品はこういうものだから」と決めてしまうのではなく「こう出来たらいいのにな」と考えてみてください。writeWired CMS Platform は、きっとそれを実現する解決策になります。
 

すでに課題・不満を感じていますか?

今、あなたがしているコンテンツの更新作業が非効率だとすでに感じているなら、writeWired CMS Platform は、きっとあなたのその悩み・課題を大幅に改善する解決策になります。

CMSは問題の解決にならないと思っていせんか?

あなたにWebサイトを使って実現したい事があり、その解決策の一つとして色々なCMS製品を調べていてCMSと呼ばれる製品の機能では自分のやりたいことの実現は難しそうだ、とお感じなのであれば、writeWired CMS Platform は、きっとその解決策になります。

今すぐ資料をダウンロード

03-6418-9221

今すぐ資料をダウンロードして
writeWired CMS Platform の詳細をご覧ください。

必要事項をご記入の上、「確認画面へ」ボタンを押して下さい。

writeWired CMS Platform が
あなたのマーケティング課題を解決します

Webサイトの構築と運営、Webを通じた顧客との関係づくり、既存システムとの連携と活用。
これらの悩みを解決し、成果を最大化します。

コンテンツ管理 (CMS)

Webの知識が無い方でも簡単、スピーディ、デザインそのままにコンテンツを更新

問合せ・リード管理

サイトの用途に応じたWebフォームを設置。リード受付後のマーケティング活動を最適化

顧客管理・会員サイト

顧客情報をデータベース化してメール配信。会員サイトを通じてユーザービリティの向上

メール配信

データベース化された問合せ、顧客に最適なタイミングで最適なメールを送信できます

ユーザー行動履歴分析

個人の興味を知ることで、さらに最適なおもてなしができるようになります

基幹システム連携

基幹システムとの連携、パッケージ本体に拡張処理を入れるプラグイン

パーソナライゼーション

顧客の属性、サイトの行動履歴、メールの反応をもとにユーザーをセグメンテーション

マーケティングオートメーション (MA)

顧客の購買プロセスに沿った最適なマーケティング活動をシナリオ化、自動化

CMS 導入事例

一般企業、会員サイト、旅行、医療、飲食、メディアなど、多くの導入事例がございます。

CMS ケーススタディ

これまでのCMS導入の際に寄せられた課題、要望、お悩みとその対応事例について、ご紹介します。