効率的なWebサイト管理にデジタルマーケティング機能を統合した、国産で唯一のCMS
  • TEL: 03-6418-9221

CMSとは

CMSはコンテンツマネージメントシステム(Contents Management System)の略で、主にWebサイトのページの更新を目的にしたシステムのことを言います。CMSの必要性、種類、選定、導入で気を付けるポイントをご説明します。

writeWired CMS PlatformのCMS機能についてはこちら

CMSとは

CMSはコンテンツマネージメントシステム(Contents Management System)の略で、主にWebサイトのページの更新を目的にしたシステムのことを言います。Webサイトの更新にはHTML、cssといったWebの専門の知識が必要ですが、多くのCMSはエディターが用意されていてWebの専門知識が無くても画像とテキストを用意すれば、管理画面からページの更新ができるようになっています。
CMSを導入することにより、ページの作成や更新を効率よく行えるようになり運用コストの削減にもつなげることができます。

CMS導入のメリット

Webサイトの更新を誰でも行えるようになり、検索エンジン対策を行うことも容易になります。それぞれのページに検索キーワードを盛り込んだり、サイトの全コンテンツに反映させる、といったことも容易に行えるようになります。Webサイトの更新を自社内で行えるようになるため、都度発生する制作会社へのコストも削減でき、さらに更新頻度を上げることができます。
一般的にCMSはサイトのデザインを統一化するためのテンプレートというものを作成して、テンプレートに文字、画像を当てはめてページを作るので、1ページずつHTMLを組むのではなく、サイトのデザインを守ったうえでページを更新でようになります。

CMSの必要性

Webサイトの運用はCMSが無いと出来ないかというとそうではありません。ホームページビルダーなどのWebオーサリングツールを使って、1ページづつ作成、更新していくことは可能です。ただ、ページ数が増えてくると、一つページを増やすと関連するページすべての更新を手作業で行う必要が出てきて、更新頻度の低下、記入ミス、リンク切れなどの原因になり、特に企業サイトの場合は対外的な信用にも影響が出てきます。CMSを導入することで、例えば全ページに表示される「お知らせ一覧」にも一度の更新ですべて反映されることが出来るようになります。
また、CMSによっては、事前にページを作成しておき、指定日時が来たら自動的にサイトに反映させるようにしたり、責任者の承認が無いと公開出来ないようにしたり、過去の変更履歴を保管しておき、必要な時に変更履歴を参照したり、戻したりすることが出来るようになり、更新の利便性を向上するだけでなく、運用面でのミス、間違いを軽減することが出来るようになります。昨今では、ユーザーはWebを通じて企業サイトを見て情報を得ています。Webサイトの更新を行い活性化していくことが今後ますます重要になってきていますので、CMSは特に企業サイトにおいて必要性が高いといえます。

CMSの必要性=Webサイトの重要性

CMSに対して必要性を感じるかどうかはWebサイトの重要性をどのように考えるかということに非常に近いことです。Webサイトが「あればいいよね」という時代とは変わり、今ではほぼすべてのユーザーがBtoC、BtoBといった業界、製品の種類を問わず、Webサイトを経由して製品を発見、興味を持ち、欲しいと思い、その製品を記憶して問合せ、といった行動を行っており、Webサイトは企業の経済活動における中心的な役割を担うようになっています。
そういった背景の中で、企業側のWebサイトの重要性に対する意識が高まってくると「製品の良さの伝え方を改善したい」、「もっと多くの製品を掲載したい」だった要望が「製品の良さの伝え方を改善する必要がある」「もっと多くの製品を掲載する必要がある」とやらなくてはならないものになります。こういった「コストを抑えて自社コンテンツを素早く更新する」などの要望はコストも時間もかかる手作業の更新では追い付かくなり、必然的にCMSが必要になってきます。一方でWebサイトの重要性を感じてないのであれば、当然CMSの必要性は出てきませんが、これからは「Webサイトの重要性」とどのように考えるかが大きなポイントになります。

CMSの種類

CMSにはオープンソースと呼ばれる無料のツール、また企業が開発して提供する有料のものなど、国内、海外製品を問わず非常に多くの種類があります。価格に関しても数十万円のものから数千万円に至るものまで非常に幅が広いです。また、提供形式についても、すでにサイトのデザインがテンプレートとしてあらかじめ用意されておりそのテンプレートを利用してすぐにサイト、ページを作成できるものから、テンプレートをカスタマイズできるもの、
あるいは自分でデザインを用意してそのデザイン通りにページが更新できるようにテンプレートを開発していくタイプ、サーバーもすべて用意されてされているASP、クラウド方式、自社のサーバーにインストールするものなど、さまざまな提供形式の製品が存在します。機能に関しても「CMSはこういう更新ができる製品」といった決まった定義は存在しなく、ページの更新の仕方もCMS製品により大きく違い、想定している対象のサイトが小規模、中規模、大規模向けかによっても大きく機能が変わってきます。

小規模サイト向けのCMS

全体的に小規模サイト向けのCMSはテンプレートが用意されており、気軽に、簡単にサイトを作成することが出来ますが、用意されたデザイン、機能をカスタマイズするのは出来ないものが多く、責任者の承認機能や変更履歴を取る機能がついていません。また想定ページも数十ページで、管理画面の使い勝手もそれほど多くならないページ数で快適に利用できるように最適化されているものが多いです。
 

中規模向けのCMS

中規模向けのCMSはテンプレートをカスタマイズ可能、あるいは新規に開発することができるものが多く、時限公開や、承認機能、変更履歴などサイトの運用を助ける機能が付いてきます。想定ページ数はだいたい百ページ以上で製品が持っているページ数の上限というのはあまりなく、CMSを導入しているサーバーの性能によって変わってきます。

大規模向けのCMS

大規模向けのCMSはコンテンツ管理という機能面ではあまり中規模向けと差はありませんが、数千ページのコンテンツを想定したパフォーマンスを発揮し、Webサイトの更新だけでなく、フォームや顧客管理をあわせ持ち、マーケティングに関連して機能が充実してきます。また規模が大きくなるにつれ、サイトコンテンツだけでなく、他のシステムと連携して情報をやり取りできる機能がついてきます。

CMS導入を検討するタイミング

今の自社サイトにCMSが導入されていなく、Webサイトの重要性を感じているのであれば、いまその時がCMS導入の検討タイミングといえます。「サイトリニューアルに合わせてその時期で」という考えもよく聞きますが、「Webサイトの重要性を感じていて、それが実現できてない」と自覚できるという事は、あなたがWebサイトを通じて顧客に対して提供したいもの、ありたい姿に対してのギャップがすでに現在のWebサイトにある、ということになりますので「重要性」を優先するならば、CMS導入のためにサイトリニューアルする、という選択肢もありますし、実際の事例でも数多くみかけます。Webサイトは目に見えやするいデザイン面だけを見てリニューアルの議論をする傾向がありますが「Webサイトを通じて顧客に価値を提供する」ことを考えた場合、見た目のデザインではないサービスレベルのリニューアルのためにCMSの導入を検討するタイミングと言っていいでしょう。
今ではほとんどの企業が何らかのツールを用いてWebサイトの運用を行っており、すでに何かしらにWebサイトの重要性を感じています。もしあなたの会社のサイトが未だ人手による運用を行っているのであれば、あなたの会社のWebサイトの重要性を再認識することをお勧めします。Webサイトの重要性を認識できれば、自然とCMS導入の検討タイミングになります。

CMS導入の検討タイミングとは「Webサイトの重要性を理解して、そのWebサイトで何を目的として何をユーザーに提供するか、あるべき姿を決め、その姿と現状のWebサイトにギャップがある時」です。

CMS選定に気を付けるポイント

CMS選定の際にまず最重要に考えるべきなのは「そのWebサイトを通じてどのような価値を顧客に提供するか」です。例えば「コンテンツマーケティングに力を入れユーザーの役に立つコンテンツをたくさん提供していこう」というようなサイトであればWordpressなどのブログで十分です。しかし「数多い製品の中からユーザーが容易に目的の製品を探しだせるような、優しいナビゲーションが出来るサイト」、「頻繁に追加される製造部品の紹介ページ」などになってくると、各サイトのコンテンツの特性、実際にコンテンツを更新する人のスキル、人数、体制などによって必要な機能は大きく異ってきます
CMS選定時に気を付けるポイントは、表面的な機能説明や機能の数で製品の〇×を付けた比較表を作り、〇の多いものを選択するしないようにすることです。多くのCMSベンダーは自社製品がより優位に立てるように機能を説明しがちです。各機能の内容も、あたかもできるように表現してあるものの、自分が思い描いていたものは出来ない、ということが往々にしてあります。まず第一に構築するサイトの目的と用途、必要な機能、運用する人、体制、予算、スケジュールなどを明確にして、それを実現できるCMSは何か、を検討することが最も重要です。

CMS導入で気を付けるポイント

実際の運用体制に合わせたCMS製品選びが重要です。

例えば、コンテンツ作成をWeb制作会社が行う場合はWYSIWYGエディタがあれば良いので比較的機能の少ないCMSで十分かも知れません。一方でHTMLの知識のない方がコンテンツ作成をする場合、WYSIWYGエディタだけだと上手く更新できずストレスになったり、奇抜な色、過剰な大きさの文字など、せっかくのサイトの統一感を台無しにしかねません。
同じサイト内でも制作会社、HTMLの知識がある方が更新するべきページ、知識のない方でも更新できないとならないページが混在する場合もあります。CMSは一度導入すると変更するのは大変で長く使い続けるものです。「選択したCMSがそうだから、こうなった」ではなく、実態に合わせた運用が実現できる製品を選びましょう。

その機能は本当に必要?やるべきことが出来るCMS製品を見極めましょう。

機能一覧を比較して製品を選択するケースをよく見かけますが、実際には使わない機能も比較対象にし、比較が目的になってしまい本来の選定ポイントを見落とす場合もあり、あまり意味がありません。機能一覧はどの製品も自社製品が良く見えるよう工夫して作っているケースが多く、機能の表現もまちまちです。自社サイトで実現すべきことが出来るか、という点が一番重要なポイントです。
製品選定の際はまず「自社サイトで実現するべきことは何か」を決め、「実現するべきことが出来るCMS製品は何か」という観点で製品を選びましょう。(例えば「承認フローは使うべき」となり何十人ものユーザーを登録、多数のフローを登録設定したものの、結局サイトの更新は外部の制作会社が事前に担当者とメールでやりとりをして行っていた、というケースもあります)

3年後、5年後の姿は?サイトの成長に合わせて拡張できるCMS製品を選びましょう。

CMS導入時はゴールだったサイトもオープン後はスタートラインになります。コンテンツも日々増え、Webサイトのあり方も年々進化し「自社サイトで実現するべきこと」も変わってきます。デザインの主流が変わったのでリニューアルが必要になったら?最初数十個だった製品数が十倍になったら?会員制サイトにする必要になったら?ユーザーの閲覧履歴によりお勧めする製品を変えるのが当たり前になったら?
サイトは日々成長し、やりたい事、やるべき事も変わってきます。その都度CMSの選定、導入、コンテンツ移行と言った事にならないよう、拡張できるCMS製品を選びましょう。少なくともコンテンツデータ(文字や画像)とテンプレート(表現するデザイン)が別で管理されているものがいいでしょう。

十分な知見、経験のある会社に依頼しましょう。

小規模向けなど、カスタマイズが出来ない、カスタマイズの幅が少ない、といったCMS以外の場合、だいたいテンプレートのカスタマイズ、またはテンプレートを開発することになります。たとえ同じCMS製品を使っていたとしても、設計、開発する人の思想により、出来上がったCMSで出来ることは大きく変わる場合があります。

コンテンツ移行は十分な検討、検証です。

新規にサイトを立ち上げる場合は、コンテンツを登録するための、素材元、スケジュール、体制を確保しておけば済みますが、既存サイトを入れ替える際には最新の注意が必要です。URLが変わる場合、前のURLを生かしておきたい場合、全URLを移行後のURLに転送するように設定が必要になります。
 

今すぐ資料をダウンロード

03-6418-9221

今すぐ資料をダウンロードして
writeWired CMS Platform の詳細をご覧ください。

必要事項をご記入の上、「確認画面へ」ボタンを押して下さい。

writeWired CMS Platform が
貴社のマーケティング課題を解決します

Webサイトの構築と運営、Webを通じた顧客との関係づくり、既存システムとの連携と活用。
これらの悩みを解決し、成果を最大化します。

コンテンツ管理 (CMS)

Webの知識が無い方でも簡単、スピーディ、デザインそのままにコンテンツを更新

問合せ・リード管理

サイトの用途に応じたWebフォームを設置。リード受付後のマーケティング活動を最適化

顧客管理・会員サイト

顧客情報をデータベース化してメール配信。会員サイトを通じてユーザービリティの向上

メール配信

データベース化された問合せ、顧客に最適なタイミングで最適なメールを送信できます

行動履歴分析

個人の興味を知ることで、さらに最適なおもてなしができるようになります

基幹システム連携

基幹システムとの連携、パッケージ本体に拡張処理を入れるプラグイン

パーソナライゼーション

顧客の属性、サイトの行動履歴、メールの反応をもとにユーザーをセグメンテーション

マーケティングオートメーション (MA)

顧客の購買プロセスに沿った最適なマーケティング活動をシナリオ化、自動化

CMS 導入事例

一般企業、会員サイト、旅行、医療、飲食、メディアなど、多くの導入事例がございます。

CMS ケーススタディ

これまでのCMS導入の際に寄せられた課題、要望、お悩みとその対応事例について、ご紹介します。