CMSにデジタルマーケティング機能を統合。ライトワイヤード
writeWired CMS Platformのコンテンツ管理の特長
特長3.

柔軟かつ生産性の高いテンプレート開発

一般的なプログラム開発言語であるJSPの知識があれば、CMS内にデータベース化されたコンテンツを最大限に活用できる、柔軟で生産性の高いCMSテンプレート開発が可能です。

JSPによる、
柔軟かつ生産性の高いテンプレート開発

登録されたコンテンツをHTMLとして出力する処理は一般的なプログラム開発言語であるJSP,Javaという言語を用いて行います。

CMS製品が持つ独自の開発言語や機能があるという訳ではなく、一般的な、多くのシステム開発で用いられるプログラム開発言語が、簡単にコンテンツの情報を操作できるように設計されています。

そのため、CMS製品が持つ機能的な制約というものはありません。CMS内に登録された情報を整理されたコンテンツとして利用できるサイトを効率よく開発します。

パーツに対してテンプレートを開発

HTMLを出力処理はテンプレート単位にページ全体、またパーツごとに出力処理を作ることが出来ます。

出力する際、演算や条件分岐、ネットワーク通信、他システムとの連携など、コンテンツ管理システムとしての機能の範疇ではない処理を行うことが出来ます。

また、パーツ単位にも出力処理を作ることが出来るので、どのコンテンツのどこに配置しても、色々な処理をしながらパーツのHTMLを出力する、汎用性、応用性の高いテンプレートの開発ができます。

コンテンツ管理の特長

特長1.

コンテンツの一元管理

コンテンツを項目までブレークダウンして、全要素を洗い出してパーツ化。複数のパーツをコンテンツとして、データベース化、コンテンツの一元管理を実現します。項目単位、パーツ単位、コンテンツ単位に再利用が可能になります。
特長2.

簡単なコンテンツ制作

データベース化されたコンテンツは、ドラッグアンドドロップで簡単に操作できるブロック積み上げと、フォーム入力を組み合わせた4つのコンテンツ登録方法で、ルールを守って効率的に自由にサイトが更新できます。
特長3.

柔軟かつ生産性の高いテンプレート開発

一般的なプログラム開発言語であるJSPの知識があれば、CMS内にデータベース化されたコンテンツを最大限に活用できる、柔軟で生産性の高いCMSテンプレート開発が可能です。
特長4.

パーツ毎にワンソース・マルチユース

入力したコンテンツがサイトに表示されるだけではありません。データベース化されたコンテンツを利用できるからCMSならではの、ワンソース・マルチユースの効率的なコンテンツ管理を実現します。
特長5.

コンテンツをパーツ利用

サイトごとに適切に設計されたコンテンツを利用して自由にHTMLを出力するテンプレートを開発可能。他システムとの連携や、サイト独自の業務処理など、パッケージの機能の制約にとらわれることがありません。
特長6.

一般的なCMSとの違い

ページをコンテンツとして管理してしまうと、ページの中の情報を他のコンテンツから利用することが出来なくなります。コンテンツを項目、要素単位で管理し、トップページ用の画像、一覧表示用の画像、と登録しておくと、一度の登録でサイト全体で再利用して表示することができるようになり、コンテンツ管理の効率化が高まります。