CMSにデジタルマーケティング機能を統合。ライトワイヤード
writeWired CMS Platformのコンテンツ管理の特長
特長2.

簡単なコンテンツ制作

データベース化されたコンテンツは、ドラッグアンドドロップで簡単に操作できるブロック積み上げと、フォーム入力を組み合わせた4つのコンテンツ登録方法で、ルールを守って効率的に自由にサイトが更新できます。

1.ブロック入力

予め用意されたパーツを自由に選択してコンテンツを登録できます。パーツの中も項目単位に入力できるようになってるので、迷うことなく簡単に登録ができます。サイトのデザイン、ルールをしっかりと守りながらも、自由で効率的にバリエーションにあふれたページを作ることが出来ます。パーツはドラッグアンドドロップで簡単に操作できます。

2.フォーム入力

製品情報、セミナー情報など、表示する要素が決まっていて、画面のデザインも固定のものは、必要な各項目の内容や画像を用意して、管理画面から決められた項目に入力していくだけでコンテンツが完成します。色や文字の大きさ、レイアウトなどを登録する人が気にする必要なく、効率的にコンテンツの管理ができます。
コンテンツを項目、要素単位で管理し、トップページ用の画像、一覧表示用の画像、と登録しておくと、一度の登録でサイト全体で再利用して表示することができるようになります。この管理が出来ないCMSだとトップページ、一覧ページとそれぞれページを更新する必要が出てきて、運用の負荷が非常に高くなります。

3.フォームとブロックの組合せ

一つのテンプレートで、フォーム入力とブロック入力を組み合わせたコンテンツ管理ができます。詳細ページで表示するためのコンテンツを自由に作成しながら、トップページや一覧ページに出す画像を一元管理するなど、フォーム入力とブロック入力のコンテンツ登録方式を組み合わせることで、コンテンツ管理の効率を最大限に高めます。

4.コンテンツをパーツ利用

登録したコンテンツの内容を他コンテンツから呼び出して利用できるタイプのテンプレート「組込コンテンツ」。一般的にいう「フォーマットが決まった共通のバナー表示領域」などではありません。自由に編集が出来るコンテンツそのものをパーツして、他のコンテンツから自由に呼び出して組み込むことが出来ます。高い表現力と高い効率性を両立させ、アイディア次第で色々な用途に使用できます。

コンテンツ管理の特長

特長1.

コンテンツの一元管理

コンテンツを項目までブレークダウンして、全要素を洗い出してパーツ化。複数のパーツをコンテンツとして、データベース化、コンテンツの一元管理を実現します。項目単位、パーツ単位、コンテンツ単位に再利用が可能になります。
特長2.

簡単なコンテンツ制作

データベース化されたコンテンツは、ドラッグアンドドロップで簡単に操作できるブロック積み上げと、フォーム入力を組み合わせた4つのコンテンツ登録方法で、ルールを守って効率的に自由にサイトが更新できます。
特長3.

柔軟かつ生産性の高いテンプレート開発

一般的なプログラム開発言語であるJSPの知識があれば、CMS内にデータベース化されたコンテンツを最大限に活用できる、柔軟で生産性の高いCMSテンプレート開発が可能です。
特長4.

パーツ毎にワンソース・マルチユース

入力したコンテンツがサイトに表示されるだけではありません。データベース化されたコンテンツを利用できるからCMSならではの、ワンソース・マルチユースの効率的なコンテンツ管理を実現します。
特長5.

コンテンツをパーツ利用

サイトごとに適切に設計されたコンテンツを利用して自由にHTMLを出力するテンプレートを開発可能。他システムとの連携や、サイト独自の業務処理など、パッケージの機能の制約にとらわれることがありません。
特長6.

一般的なCMSとの違い

ページをコンテンツとして管理してしまうと、ページの中の情報を他のコンテンツから利用することが出来なくなります。コンテンツを項目、要素単位で管理し、トップページ用の画像、一覧表示用の画像、と登録しておくと、一度の登録でサイト全体で再利用して表示することができるようになり、コンテンツ管理の効率化が高まります。