CMSにデジタルマーケティング機能を統合。ライトワイヤード
writeWired CMS Platformのコンテンツ管理の特長

6.一般的なCMSとの違い

ページをコンテンツとして管理してしまうと、ページの中の情報を他のコンテンツから利用することが出来なくなります。コンテンツを項目、要素単位で管理し、トップページ用の画像、一覧表示用の画像、と登録しておくと、一度の登録でサイト全体で再利用して表示することができるようになり、コンテンツ管理の効率化が高まります。

更新がページ単位の一般的なCMSとの比較

ページをコンテンツとして管理してしまうと、ページの中の情報を他のコンテンツから利用することが出来なくなります。

コンテンツを適切な粒度の項目までブレークダウンすることで、その情報を意味のあるコンテンツとして他のコンテンツで利用できるようになります。ページ単位のCMSの場合、導入のハードルは低くなりますが、サイトの内容によってはコンテンツの増加による更新負荷が高くなります。

更新がページ単位のCMSと言っても、一般的に"カスタムフィールド"などと呼ばれるような一覧に表示するための、画像、リードなど簡易的な項目を用意できるものほとんどですが、追加できる項目の数や型に制限があることが多く、この管理出来る項目をどの粒度で、どの程度まで持てるかで、その後の運用に大きく影響してきます。

登録画面も追加された項目が整理されずに羅列されるため煩雑な更新作業になります。

更新がページ単位の一般的なCMSはコンテンツの再利用が出来ない

エディターでページ単位で更新するCMSの場合、コンテンツの再利用が出来ないため、トップページや一覧ページ、それぞれページを更新する必要があります。

ブログのように、タイトル、リード文、サムネイル画像、更新日、タグのようなページの一般的な情報は、取得できるものもありますが、それらの情報が利用できるのは、最新の一覧程度で、それ以上の、例えば、製品名、仕様、価格、画像など、ユーザーにとって必要な情報だけを持ってきて一覧化するなどは出来ません。

writeWired CMS Platform

コンテンツを項目、要素単位で管理し、トップページ用の画像、一覧表示用の画像、と登録しておくと、一度の登録でサイト全体で再利用して表示することができるようになり、コンテンツ管理の効率化が高まります。

再利用するコンテンツの項目、要素の制限はありません。また、項目の内容によったコンテンツの抽出も出来ます。たとえば、用途別の製品一覧には、製品名、画像、利用シーンの説明、機能別の製品一覧には製品名、画像、特徴の説明などを入れる、と言ったコンテンツの活用が可能になります。

多くの大規模企業サイトに導入されるCMS、writeWired CMS Platformとは

CMSの基礎知識

Webサイト運用の悩みを解決

CMS動画デモギャラリー

サイト内検索