CMSにデジタルマーケティング機能を統合。ライトワイヤード
writeWired CMS Platformのコンテンツ管理の特長
特長1.

コンテンツの一元管理

コンテンツを項目までブレークダウンして、全要素を洗い出してパーツ化。複数のパーツをコンテンツとして、データベース化、コンテンツの一元管理を実現します。項目単位、パーツ単位、コンテンツ単位に再利用が可能になります。

コンテンツを項目までブレークダウン、
データベースとして一元管理

テンプレート毎に専用のコンテンツ登録画面を設計
writeWired CMS Platformは、コンテンツをページではなく、各情報の要素(製品名、価格や概要といった項目レベル)までブレークダウンし、データベースとして一元管理します。

サイトに出力されるHTMLとは分離して管理されるので、後から必要な要素だけを集めて、サイトの他の場所で表示するなどの再利用が可能になります。

コンテンツ登録時もHTMLを意識することなく、必要な情報を入力するだけでページの制作が出来るので、人による揺らぎが無くなり、登録作業も楽になります。

全要素を洗い出してパーツ化

CMS化するサイトの各ページのすべての要素について、項目ひとつずつ、どのような意味でどのように登録していくのか洗い出します。

例えば「会社情報」のような複数の不明確な情報の集まりのことではなく、「郵便番号」「都道府県」「番地」など、誰が見ても間違えることのない具体的な項目単位までブレークダウンし、それが「会社情報」というパーツになります。

コンテンツは複数のパーツで構成され、更新する単位はパーツであり、項目になります。

各パーツ専用のコンテンツ登録画面を自動生成

パーツの各項目の情報から、そのパーツの専用入力画面を自動で生成します。他のCMSでは、これらをカスタマイズと呼ぶかも知れませんが、これが writeWired CMS Platformの標準機能であり、最も大きな特徴の一つです。

例えば、「会社名」「郵便番号」「都道府県」「番地」といった項目を持つ、「会社情報」専用の入力画面が出来上がります。コンテンツを登録するときは、それらの文字情報を用意するだけで登録が完了します。

同じように、「製品概要」「製品外観」「製品仕様」などの、複数のパーツで構成された「製品詳細ページ」コンテンツをテキストと画像の入力だけ作成できるようになります。

コンテンツ管理の特長

特長1.

コンテンツの一元管理

コンテンツを項目までブレークダウンして、全要素を洗い出してパーツ化。複数のパーツをコンテンツとして、データベース化、コンテンツの一元管理を実現します。項目単位、パーツ単位、コンテンツ単位に再利用が可能になります。
特長2.

簡単なコンテンツ制作

データベース化されたコンテンツは、ドラッグアンドドロップで簡単に操作できるブロック積み上げと、フォーム入力を組み合わせた4つのコンテンツ登録方法で、ルールを守って効率的に自由にサイトが更新できます。
特長3.

柔軟かつ生産性の高いテンプレート開発

一般的なプログラム開発言語であるJSPの知識があれば、CMS内にデータベース化されたコンテンツを最大限に活用できる、柔軟で生産性の高いCMSテンプレート開発が可能です。
特長4.

パーツ毎にワンソース・マルチユース

入力したコンテンツがサイトに表示されるだけではありません。データベース化されたコンテンツを利用できるからCMSならではの、ワンソース・マルチユースの効率的なコンテンツ管理を実現します。
特長5.

コンテンツをパーツ利用

サイトごとに適切に設計されたコンテンツを利用して自由にHTMLを出力するテンプレートを開発可能。他システムとの連携や、サイト独自の業務処理など、パッケージの機能の制約にとらわれることがありません。
特長6.

一般的なCMSとの違い

ページをコンテンツとして管理してしまうと、ページの中の情報を他のコンテンツから利用することが出来なくなります。コンテンツを項目、要素単位で管理し、トップページ用の画像、一覧表示用の画像、と登録しておくと、一度の登録でサイト全体で再利用して表示することができるようになり、コンテンツ管理の効率化が高まります。