このエントリーをはてなブックマークに追加

CMS、と聞いて「こういうことが出来るこういう製品!」と思い浮かべるのはなかなか難しいのではないでしょうか?CMS製品のわかり易い特長では静的か動的などがありますが、今回はプラットフォーム型と言われる特徴について解説します。

詳細


「CMS嫌い!」というお話を耳にします。よく話を聞くとそれでは嫌いになってしまうのは無理もないかも知れません。せっかく導入したCMS。どうすれば「CMS嫌い!」にならないで済むでしょう?

詳細


サイトを運営していると、やっぱり気になるアクセスログ。シンプルに集計するだけはなく、「サイト上でこんな動きをしている人ってどれくらいいるんだろう?」という事も知るために「オーディエンスフィルター」という機能を追加しました。

詳細


CMSで重要と言われる承認フロー機能。しかし実際の運用ではコンテンツのプレビュー画面をキャプチャで取り、普通のメーラーで承認の確認を取ることも多いようです。そんなコンテンツ承認時の不便さ、負荷軽減のため、「確認用URL」という機能を追加しました。

詳細


協調フィルタリングのレコメンドエンジンとしてApache Mahoutを採用。writeWiredに組み込んでいます。実装の過程でわかった、他の方にも参考になりそうな方法をサンプルをご紹介しています。今回は「Mahoutがレコメンドした結果を変更するIDRescorerの実装」です。

詳細


協調フィルタリングのレコメンドエンジンとしてApache Mahoutを採用。writeWiredに組み込んでいます。実装の過程でわかった、他の方にも参考になりそうな方法をサンプルをご紹介しています。今回は「独自のアクセスログを学習用データとして使う、JDBCDataModelを実装する」です。

詳細


「サイト上でレコメンドしたい」という要望を多くいただくようになりました。簡単なレコメンドから機械学習ライブラリ Apache Mahout を使った協調フィルタリングの利用方法をご紹介します。

詳細


前回の記事でお知らせしましたが、今ご覧のこのサイトは Twitter Bootstrap を使ったレスポンシブ対応のデザインをCMS化しています。中でももっともすごいと思った「グリッドシステム」。今回はこのサイトでどんな風にCMS化したかご説明します。CMS化の例としてなかなか面白い対応ができたと思います。

詳細


こんにちは
先週このサイトをリニューアルしました。今っぽい、動きのあるサイトにしかったのと、マルチデバイスに対応したかったためです。ですが、弊社はWebデザイナー、という職種の人がいないためサイトのリニューアルは大事(おおごと)なんですよね。

今っぽいデザインのそれらしいjQueryのライブラリを寄せ集めたり、特にレスポンシブデザインだと、PC、スマホに対応したcssのデザイン作ったり、とか。一から自前で作ってもいいものが出来なさそうだし、かと言ってデザイン会社さんに高い料金は払えないし、何かいい方法は無いものか・・・。

詳細


IPアドレスと組織名と対応させたデータベースを作る。リピート訪問回数を表示することで、「この組織(企業)からユーザーが過去何度サイトにきて、今日は何アクセスあった」が一目でわかり、組織名がすぐに見えることになったことで、「この企業の人がこんなコンテンツに興味を持っている」ということがわかるようになります。

詳細


デジタルマーケティングに対する
実体調査アンケート実施中

是非、アンケートにぜひご協力ください。

 アンケートに回答する  ≫

無料eBookのダウンロード

【今からでも遅くない!】
初心者に贈る「インバウンドマーケティング」の始め方

 無料ダウンロードはこちら  ≫

人気の記事

タグ別