このエントリーをはてなブックマークに追加

会社概要や商品情報など、固定コンテンツだけが並ぶ企業サイトは、なかなかアクセスを獲得できない。サイトを集客ツールに変えるためにブログが役立つ理由とは。

サイトの集客に必要な要素を即答できますか

SEOやサイト運営に日々頑張っておられる方々。これからサイトを立ち上げようという人に、もしくはサイト運営を統括する上司に「サイトの集客に必要なものを教えてください」と聞かれたら何と答えますか?

もしくは企業サイト立ち上げ直後の相手に「サイトが検索で出てこないんだけど……」と相談されたとしたら、どんなアドバイスをしてあげますか。
サイトに何が必要かは、サイトのジャンルや目的よって異なります。でも、それはそれとして「商品やサービス案内、会社概要をまとめたシンプルな企業サイトの立ち上げにあたって、検索エンジンから集客するために必要なものを教えてください」と具体的に質問されたとしても、簡潔に答えることは結構難しいんじゃないでしょうか。

SEOをふまえたサイトの作りができてるなら、あと必要なのは日々の更新、情報の充実。すなわちブログです。でも、それをサイト開設前の人や門外漢の上司に伝えるのはわりと難題ですよね。相手はブログに何を書くべきなのかや日々の運用が具体的にイメージできないかもしれません。そしてそこがわからないままでは「よし、ブログ頑張ろう!」「うむ。ブログにリソースを振り分け、今後注力していこう」とは思ってもらえないでしょう。

「なぜブログが必要なのか」を人に説明できるよう具体的に把握しておくことは、現在運営している自社サイトの育成を効果的に、モチベーション高く続けていくのに役立ちます。コンテンツマーケティングの実施を掲げ、ブログやオウンドメディアを長く運営していると、何のためにやっているか、何が大事なポイントなのかが希薄になってしまうこともあります。運営スタッフに目指すところが伝わっていない、というケースもあるでしょう。

企業サイトやブログの運営を成果につなげるため、企業サイトにブログが必要な理由を復習しておきましょう。

「集客に必要なものを教えて」へのアンサー

「集客に必要なものを教えてください」という質問に、質問と同じくらい簡潔に答えるなら、「ブログです」という回答になるでしょう。もう少し丁寧に答えるなら「ブログやオウンドメディアを通し、サイトに来てほしい人たちが必要とする情報を継続して提供することです」というような感じですね。

商品やサービス(あるいは自社)の宣伝のため、検索エンジンからの集客を目指すするなら、ターゲットが必要とする(検索する)キーワードで情報を提供することが大前提です。そして、多くの人たちは、自分の知りたいジャンルにおける「他では得られないオリジナルかつ新鮮な情報」を求めています。
 
「求められる情報を提供する」「常に新鮮な情報提供を行う(情報提供を継続する)」この2つを満たすのにもっとも適した手段がブログです。新しい情報を追加し続けることができれば、リピーターの獲得に役立つとともに、常に新しい訪問者をサイトに呼び込むことができます。

この項目のまとめ

質問「集客に必要なものを教えてください」
回答「ブログです」

理由

サイトに来てほしい人たちが求める情報を提供するため。
多くの人に必要とされる、独自かつ新鮮な情報を提供するため。

ブログに何を書くのか

では、ブログには具体的にどんなことを書けばよいのでしょうか。具体的なテーマは、サイトに来てほしい顧客候補の人たちは、どんな情報を必要としているのかを調査・分析することで見えてきます。顧客や見込み客の対話の中からも、多くのアイディアが見つかるでしょう。普段顧客や見込み客と何を話しているか、どんな質問を受けるか。相手はどのような話題に関心を示すかなど、ヒントを探してみてください。

なお企業サイトでは、専門知識を生かして多くの記事が作成できるでしょう。また、提供者である自分たちの人となりを伝える情報(専門知識と直接的な関係はない情報)を発信することで競合他社との差別化ができたり、親近感を持ってもらえるケースもあります。ぜひ検討してみてください。

ブログ記事が見つかる切り口

・その分野の専門家としての知識や新情報への見解
・商品やサービスの提供者として知り得た現場の知見
・ユーザー事例や生の声
・事業者の人となりがわかる情報

ちなみに、ブログ運営には「情報の重複」という落とし穴があります。検索エンジンは「検索ユーザーが求める情報のあるサイト」を歓迎し、検索結果に表示するわけですが、内容が重複した複数のページを持つサイトはユーザーに益がないとして評価しません。既存のテーマはすぐに確認できるように整理して、重複した記事、重複に近い記事が発生することのないよう管理しましょう。

ここは運営期間が長くなればなるほど苦しくなる部分ですが、業界や専門分野の発展など、新しい展開に目を光らせ、工夫を重ねていきたいものですね。

「集客に必要なものを教えて」へのもう一つのアンサー

企業サイトの立ち上げにあたり、商品やサービスの情報を原稿にまとめ、デザインに落とし込み、形にしていくのは大変な作業です。しかし、そのように大変な思いをしながら作り上げたサイトでも、それ単体で集客に役立ってくれるとは限りません。(非常に残念なことですが……)

特に、多くの人が検索する人気のあるキーワードからの集客を狙うのであれば、その傾向は顕著です。人気キーワード、すなわち上位表示すれば集客に大きな影響のあるキーワードは、皆が上位を狙います。その分、表示の競争率や難易度が跳ね上がります。サイトを作って終わり、では上位表示を獲得できず、日々新鮮な情報を更新し続けることが求められます。
この記事の冒頭で取り上げた「企業サイトの集客のために必要なものは何ですか?」という質問に戻りますが、集客ツールとしてサイトを活用したいと考えるなら、まず最初に「サイト運営は公開して終わりではない」ということを明確に伝えた方が良いでしょうね。

会社名や商品名で検索する見込み客や関係者を不安にさせたくない、というだけなら、サイトを作って置いておけば問題ありません。しかし、ライバルに打ち勝ち検索から流入を得たいなら、サイト完成後も更新し続けることを避けては通れません。

そして更新を続けるために必要なのは、上で述べたような切り口などから常に更新のヒントを探すこと、そして簡単にブログ更新ができる環境を整えることです。記事の更新ペースやアクセス数などの目標数値を設定し、常に成果や進捗が確認できるよう準備しておきましょう。ブログ運営には手間も時間もかかります。成果を出すのは簡単ではありません。しかしこのようなことは検索流入を求める人には伝えておくべきこと(検索流入を求めるならやっていくべきこと)です。

まとめ

質問「集客に必要なものを教えてください」
回答「ブログです。」→「ブログを更新し続けることです」

理由

サイトに来てほしい人たちが求める情報を提供するため。
独自かつ新鮮な情報を提供するため、検索エンジン上位表示のために、継続的な情報発信が必要。

すべきこと

ブログに何を書くのかを常に探す
手間をかけずにブログ更新できる環境を整える
目標数値を設定し、成果や進捗が確認できるよう準備する
BtoBの領域であっても、検索動向の現状を知り、スマートフォンへの対応を進めていくことが必要です。ソーシャルメディアが力を増しているとはいえ、検索流入の力はやはり絶大ですよね。情報端末やインターネット利用環境の変化にも、想像力を働かせるとともにデータでの調査を進め、対応を進めていきましょう。

このコンテンツは参考になりましたか?

送信する

デジタルマーケティングに対する
実体調査アンケート実施中

是非、アンケートにぜひご協力ください。

効率的なWebサイト管理にデジタルマーケティング機能を統合した
国産で唯一のCMS  - writeWired CMS Platform

コンテンツ管理

 

問合せ管理

 

顧客管理

 

メール送信

 

行動履歴分析

 

基幹システム連携

 

レコメンデーション

 

大手企業の導入事例多数、レコメンド、パーソナライズも対応可能。MA/CRMにもどうぞ。

無料eBookのダウンロード

【今からでも遅くない!】初心者に贈る「インバウンドマーケティング」の始め方

インバウンドマーケティングに注目する企業多数!
知っておきたい基本的な考え方と効果的な運用方法を詳しく解説します。

インバウンドマーケティングの利用を検討している方、最近導入を開始したばかりの企業にもおすすめの資料です。

無料ダウンロードはこちら  ≫

デジタルマーケティングに対する
実体調査アンケート実施中

是非、アンケートにぜひご協力ください。

 アンケートに回答する  ≫

無料eBookのダウンロード

【今からでも遅くない!】
初心者に贈る「インバウンドマーケティング」の始め方

 無料ダウンロードはこちら  ≫

人気の記事

タグ別