このエントリーをはてなブックマークに追加

連日話題になっているポケモンGO。世界中の人々の行動に大きな影響を与え、すでにビジネスでの活用事例も出始めている。ポケモンGOが持つマーケティングツールとしての可能性とはどのようなものか。

ポケモンGOが多くの人を動かした

すでに説明不要かもしれませんが、ポケモンGOは、プレイヤーの位置情報を利用し、まるで実在するかのようにあちこちで出現するポケモンを捕まえて遊ぶ、スマートフォンのゲームアプリです。プレイヤーはスマートフォンの画面上をスワイプしてボールを投げ、その場でポケモンを捕まえるというわけですね。海外での先行スタートの時点で大きな話題を呼び、2016年7月22日、鳴り物入りで日本でのリリースを迎えました。

ポケモンGOを起動して周囲を歩けば、さまざまなポケモンが飛び出します。スマートフォンのカメラと連動したAR機能を起動すれば、家や路上といった背景上に、ポケモンが実在するかのようなグラフィックを楽しむことができます。
また、駅や公園などの人の集まる場所には、アイテム補給やプレイヤー同士で対戦ができるスポットが用意されています。プレイヤーは、ポケモンを求めて外を歩き、アイテムやプレイヤー同士の対戦を求めて駅や公園に集まってしまうのです。

リリース直後から、駅や公園などのゲームスポットはプレイヤーで溢れていました。ゲームが人を歩かせ、行く先を決めるのですから、これはやはりすごいことですよね。

ポケモンGOが社会に与えた影響

ポケモンGOの影響の大きさは、日々のニュースからも見て取ることができます。リリースされてからというもの、ポケモンGOの楽しさや面白さを伝えるニュースだけでなく、プレイヤーが詰めかけ人気スポットとなった公共機関等が、ポケモンGOの運営母体に苦情を伝えたというニュースが連日報じられました。

突然スマホを手になにやら操作をしている多くの人が詰めかけるのですから、ポケモンGOをプレイしていない人や、突然多数の人が集まるゲームスポットになった場所の管理者・近隣の人々が不安になったり異様に感じたりしても、何らおかしくはありませんよね。
今後、ゲームができる場所が規制されるか、ゲームそのものがどう変わっていくかなど、現実との兼ね合いの中でどのような変化・影響があるかはまだまだ不明です。しかし、位置情報やAR技術を利用したゲームアプリが実際に多くの人々を行動させたことは確かです。

ポケモンGOから、GPSやAR技術の利用がさらに広まっていくことでしょう。

ポケモンGOを集客に利用する

アイテムがもらえたり、プレイヤー同士の対戦ができたりする場所は、アプリ上であらかじめ決められています。上記の通り、自分たちの敷地を遊び場としないよう申請をしている団体も確かにありますが、ゲームの遊び場所として多くの人が訪れることによって、大きな恩恵を受けている場所も少なくありません。ゲームの運営母体とは関わりなく、ポケモンGOと連動するイベントを開催した団体・自治体もすでに登場しています。

下記2件のイベントは、どちらも7月最後の週末に開催されたものです。この夏には、同様のイベントが急遽開催されたり、以前から予定されていたイベントにポケモンGOと絡めた企画が追加され、各地のイベントがより大きな成功を収めるといった光景が見られるかもしれませんね。
※千林商店街「千林商店街でモンスターゲットだぜ大作戦!!」
http://www.senbayashi.com/event/event_1608_e3.html

※WalkerPlus「鹿児島県内初!?伊佐市でポケモンGOイベント」
http://area.walkerplus.com/walker47/article/detail/ar1046201/le2228/20160729/2_201607290952181291/

ちなみに、上記のイベントは、ボールなどのアイテムがもらえるポケストップを利用して開催されています。

ポケストップでは、一定時間周囲にポケモンが出現しやすくなるアイテム(ルアーモジュール)を使うことができるのですが、1人のプレイヤーがルアーモジュールを使うと、その場にいる他のプレイヤーも恩恵を受けることができるのです。上記の商店街や観光協会では、イベント運営側がエリア内にあるポケストップでこのルアーモジュールを使居続けることで、集客効果を狙っているというわけですね。

ポケモンGOがビジネスに与える影響

上記のように、エリア内にあるポケストップを利用したイベントが開催されれば、多くのプレイヤーがいる今の時点では、集客面で大きな成功が得られるでしょう。「郊外にはポケストップが少ないため、田舎ではポケモンGOは楽しく遊べない」という意見も目にしますが、だからこそ、ポケストップの集まる場所でイベントを開催することが特別な経験になりうる、という考え方もできます。

しかし、こうしたイベントが開催されるということは「ポケモンGOにより人の動線が変わっている」ということの証明でもあります。店舗を持つ人は、ポケモンGOをプレイするか否か、ビジネスへの活用に関心があるか否かに関わらず、状況を知っておくべきではないでしょうか。
たとえば、店内からポケストップにアクセスできる飲食店・店舗Aと、アクセスできない店舗Bが近くにあったとしましょう。ポケモンGOのプレイヤーは、どうしても店舗Aに足が向くでしょう。ポケモンGOがリリースされる以前には店舗Bのほうが人気店だった場合、店舗Aには逆転の大きなチャンスが降ってわいたということになります。

現時点では、ビジネスにポケモンGOを利用したいと考える人からも、ポケモンGOのプレイヤーの方からも「ここをポケストップやジムにしてください」と申請することはできません。また、スポットの新設の申し込みを受け付ける有料サービスなどもありません。

しかし、現在の反響を鑑みれば、自分の敷地にゲームスポットを新設したいと考えている人がたくさんいるのは明らかです。今後、そのような機能が実装される予定はまったくありませんが、ポケットモンスターシリーズは、生誕からおよそ20年がたった今も新作がリリースされ、継続している人気シリーズです。今の驚異的なプレイヤーの多さは、一時的なものかもしれませんが、店舗を持つ人は、自分の店の周辺の動線を変えうるポケモンGOや、ポケモンGOにおける周辺の状況については、最低限知っておく必要があると言えるでしょう。

多くの人が集まるイベントの問題解決事例になるか

上記の千林商店街では、歩きスマホ防止策として、ポケストップを印刷したマップを配布していました。また、イベント告知ページには「プレイヤーの皆さまへのお願い」として、歩きスマホ厳禁や徒歩での来場の誘導を呼びかけたり、ごみの持ち帰りや迷惑行為の防止など、マナーについての注意喚起が、かなり多くのスペースを割いて掲示されています。このような記載からは、たくさんの人が訪れる影響が良いものだけではないことがよくよく伝わってきますね。

しかし、考えてみれば、こうした問題は、ポケモンGOに限ったことではありません。花火大会やお祭りなど、多くの人が集まるイベントでのゴミのポイ捨ては、昔からの問題です。最近では、都市部でのハロウィンイベントが「迷惑行為だ」というニュアンスで報じられていました。
新しい取り組みであることや、多くの人が集まることそのものが周囲に大きな影響を与えるのは、その他のイベントとなんら変わりありません。ポケモンGOが現在の問題をどう解決していくかは、多くの人が参加するイベントを手がける人たちへのヒントにもなるかもしれません。一時的なブーム、すぐに熱狂は去ると言われることもあるポケモンGOですが、少なくとも今年いっぱいは、まだまだ気になる話題となりそうです。

このコンテンツは参考になりましたか?

送信する

デジタルマーケティングに対する
実体調査アンケート実施中

是非、アンケートにぜひご協力ください。

デジタルマーケティングに対する
実体調査アンケート実施中

是非、アンケートにぜひご協力ください。

 アンケートに回答する  ≫

無料eBookのダウンロード

【今からでも遅くない!】
初心者に贈る「インバウンドマーケティング」の始め方

 無料ダウンロードはこちら  ≫

人気の記事

タグ別